5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

■■奇子(あやこ)■■手塚治虫■■

1 :土蔵の底:03/12/29 13:49 ID:???
『奇子(あやこ)』手塚治虫著 コンビニ・ワンコイン本が出ました。

手塚版「横溝正史&松本清張」的世界を堪能されたい方は御一読お薦めします。
以前、大都社から単行本が出ていた『きりひと賛歌』『ばるぼら』『IL』『鳥人大系』等と同じ
大人のための手塚作品群のひとつです。

このスレが細々ながらも生き延びるのか、それとも奇子のようにその存在が抹殺されるのか・・・・・
誰にもわかりません。では語り愛ましょう。

2 :愛蔵版名無しさん:03/12/29 13:53 ID:???
天外一族の陰謀

3 :愛蔵版名無しさん:03/12/29 14:04 ID:???
私のATOK16に「奇子」の文字はありません。
「あやこ」とキーを叩いても「奇子」と一発変換できません。
まず「かいき」と打ち込み「怪奇」へ変換。「怪」を消去。「こ」を打ち込み「子」に変換。
めんどくさいので「きこ」で「奇子」に変換できるようにしときましょうね。 υ(#^.^#)


4 :愛蔵版名無しさん:03/12/29 14:56 ID:Pv7fWgTu
レッドパージ、下山事件、農地開放、政治オンチ

5 :愛蔵版名無しさん:03/12/29 15:10 ID:OBNzPKyq
23年間土蔵の底......

6 :愛蔵版名無しさん:03/12/29 15:49 ID:pGC6Dy+P
タブーありまくりの話だわな

7 :愛蔵版名無しさん:03/12/29 19:38 ID:???
昨日ぱらぱらっと立ち読みしたんだけど

…ユダ・ベンハーの母&妹みたく病気になってんじゃないか?

と思った

8 :1.土蔵の底:03/12/29 20:16 ID:LMZkuw8a
私はこの「奇子」を13歳の時読んだ。

手塚さんのはブラックジャックから本格的にハマッタ(当時8歳)
三つ目、リボン、ジャングル、トリトンなど子供向け作品はもちろん、
先に挙げた「きりひと賛歌」「ばるぼら」「IL」「人間昆虫記」「鳥人大系」
「空気の底」「MW」等の大人向け作品も10〜15歳の時楽しんだ。

大人である現在、よくもこんな作品そんな歳で読んでたなと呆れている。

9 :愛蔵版名無しさん:03/12/29 20:21 ID:???
「横溝正史&松本清張」つうより、ドストエフスキーだろな

10 :愛蔵版名無しさん:03/12/29 22:43 ID:???
コンビ二本の表紙の奇子はエロいな。

11 :1.土蔵の底:03/12/29 23:06 ID:???
>>9
確かに手塚自身がドストエフスキーの「カラマーゾフの兄弟」を
イメージだか下敷きだかにした、と書いていたのを見たような記憶がある。

12 :愛蔵版名無しさん:03/12/29 23:13 ID:???
>>1は万人向け紹介記事として書いてんので「横溝正史&松本清張」的世界でOK。
一般の人々の意識の中にはドストエフスキーはまず存在しない。
彼らの意識の中にあるのは横溝正史の「犬神家の一族」と松本清張の「日本の黒い霧」
「カラマーゾフの兄弟」≒「犬神家の一族」だが「カラマ〜」≠「日本の黒い霧」だ。

「カラマーゾフの兄弟」を下敷きにしてはいるが
出来上がった作品「奇子」はまさに「横溝正史&松本清張」的世界。

13 :愛蔵版名無しさん:03/12/29 23:20 ID:???
納得

14 :愛蔵版名無しさん:03/12/30 00:19 ID:???
なんで「一般の人々の意識の中に…」なのか知らないが、下山事件を扱ったら
清張ってのは短絡に過ぎないかな。差別や苛めの中で育った清張とおぼっちゃんの
手塚では歴史の受け止め方描き方は似ても似つかない(どっちが優れているという
ことではない)。清張作品の登場人物の屈折した心理は手塚作品には無縁だ。
また旧家が舞台といっても、扱い方は横溝のそれがやや時代から隔絶した世界
なのに対して、天外家は時代に翻弄される存在として描かれている。奇子の近親
相姦も旧家の古い血が醸し出す淫靡な空気とは無関係だ。横溝や清張が好ん
で扱った時代が作品の舞台になっていることは間違いないにしても、それで「横溝
正史&松本清張」的世界は言いすぎだと思うな。


15 :愛蔵版名無しさん:03/12/30 02:51 ID:WN/X9Iaj
あの作品と前後して、アメリカで実父によって、窓のない地下室にずーっと
監禁されて育った少女が話題になっていたことがあったが、たぶん手塚も
狼少年/少女からみで、そのような話題を捨てては置かなかったように思うが、
それとこれがまったく無縁だったかどうか、だれか検証してみたいとは思わない
かね?

16 :愛蔵版名無しさん:03/12/30 05:05 ID:???
>>14
ワシも「横溝正史&松本清張」的世界は決めつけすぎだと思うた。
せめて「横溝正史&松本清張」“のような”とか“みたいな”に抑えて表現すればね。

17 :愛蔵版名無しさん:03/12/30 05:16 ID:???
>>14
>>16
横溝や清張に関しては、本を読まない人でもその作品や作風をなんとなく知ってるという点で
紹介するための説明文に使いやすかったのかも。>>1が横溝や清張の作品をちゃんと読んでるか
どうかは知らんが。でも多くの人には理解されるんではないかとも思う。


18 :愛蔵版名無しさん:03/12/30 05:33 ID:???
おおっーーーーこんなスレが立っていたとは。でもなんかモメてるのか?

19 :愛蔵版名無しさん:03/12/30 05:49 ID:???
もめてるっつーより軌道修正のための確認作業でないの?

20 :1.土蔵の底:03/12/30 06:05 ID:???
>>1.土蔵の底です。

説明不足で申し訳ありませんでしてた。
横溝正史も松本清張も作品・作家ともに非常に有名で
「奇子」を未見の人達にイメージとして伝わりやすいと思って両氏の名前を使用させていただきました。

因習にとらわれた一族の愛憎と殺人、その時代を背景とした歴史的事件を謀略としてとらえている
ということで「横溝正史&松本清張」的世界としたわけです。

21 :GHQ:03/12/30 06:10 ID:vPPXSXVu
えらい大雑把な表現ですねぇ。ま、わかりやすいと言えばわかりやすいが…

22 :愛蔵版名無しさん:03/12/30 06:47 ID:WN/X9Iaj
それにしても、自分が昔みた単行本では、下山総裁と実名だったし、
民進党じゃなくて共産党という名前も使われていたのに。
それに青森の淀山だったかなぁ?

あと、ラストの結末は雑誌連載時とは違っていると云われているし、
手塚プロは書き直しがきついな。
#
金城呉成の正体はいったいなんだったんだろうね?

23 :愛蔵版名無しさん:03/12/30 08:47 ID:TpLG+SYW
田沼警部のモデルは志村喬だよね。

24 :愛蔵版名無しさん:03/12/30 09:10 ID:???
確定した歴史の事実に関しては固有名詞・実名を使えるがフィクション部分では無理。
三鷹事件や松川事件のくだりは共産党・国鉄・東芝と実名表記だ。

田沼警部は「このあたりの名士のかたはどなたも天外さんの一族」と言ってるし
伺朗も「兄妹姉弟夫婦いとこ血縁関係が(中略)小作人や他人の女まで子を産ませ」と言ってる。
つまり舞台となる村は全て近親相姦状態の鬼畜村になってしまうわけで
実名ないし実在する土地を連想させる地名は使えんかったんでしょうね。

25 :愛蔵版名無しさん:03/12/30 09:21 ID:???
恭謙!恭謙!

26 :愛蔵版名無しさん:03/12/30 12:01 ID:???
>>23
志村にも似ているが、下山事件の堀崎捜査課長にも似ている

27 :愛蔵版名無しさん:03/12/30 13:17 ID:???
天外市朗さんにはモンモウ病の発病中期にみられる初期顔面変形がみてとれる。(小山内桐人所見)

28 :愛蔵版名無しさん:03/12/30 14:06 ID:???
金城呉成、顔つきからして大陸系だな。
蒙古系の血が濃い。半島から渡ってきたか。名前からして沖縄を経由しているな。
しゃべってる言葉は中国人の下手な日本語みたいだし関西弁のようでもある。
極めて胡散臭い。正体がつかめない男。

29 :愛蔵版名無しさん:03/12/30 14:19 ID:???
公園で遊ぶ子供達を見てクスッと笑う奇子の顔
二代目引田天功の顔がオーバーラップしました。



30 :愛蔵版名無しさん:03/12/30 14:30 ID:???
そういえば天功さんも箱抜けマジックしてた。 最近の言動も奇子並にヤバくなってるし (^0^)/ギャハハ

31 :愛蔵版名無しさん:03/12/30 17:40 ID:???
     r―------―┐
    |            |
.    |_______|
    |________l
_,..-'''"_________~二=、
 ̄ ̄l||||| `tテ‐、 |=v-、:::;;-''´ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.    |~'|   ̄  |= らl'"  < 天外仁朗
    |,,し‐',,,,,,,   " -ヘ-、   \_____
     ヽ‐_--    / .〉 〉::\_
    ,.-ヘ___/ ./ /:::::::::|::~'''
  -''~:l::::::::|. ̄ ̄ ̄ /:::::::::::|::::::::::::
  ::::::l:::::::::|""""""/:::::::::::::|:::::::::::::::
 ::::::::::>::::::|   /:::::::::::<::::::::::::::::::


32 :愛蔵版名無しさん:03/12/30 17:41 ID:???
        r'⌒⌒⌒⌒⌒ヽ
        ゝヘ、_, -‐-、 |    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         |へ  /丶| |  < 下田警部(本名なんていうの?)
          |¬/ ¬  |ハ |    \__________
           | ∠  、  |6)┐
.         | ー―‐'  | フ 丶_
         |____//   |  `
        |__ | 囗  /  _|
        / .|/ \/   \
        \ |  /    /

33 :愛蔵版名無しさん:03/12/30 19:38 ID:WN/X9Iaj
しかし、手塚の漫画では実に「兄」と「妹」の近親相姦ネタが実に多い。
作者にも妹君が居たということを考え合わせるとなぁ。深層心理あるいは
ひょっとしてと思わせなくもない危なさだ。どうして近親相姦にああまで
拘りを持つのかと思いたくなる。少年少女漫画であればさすがに直接的には
描いてはいないが、きわどいものもあるし。
確かに、禁じられた愛というものは、文芸においてギリシャ演劇に於いても
そうだが、うそごとの世界で取り上げたくなるテーマだとしても、ああまで
「マンネリだ」と云われ兼ねない程、繰り返すのはなぜだろうか? 手塚は
マンネリだと指弾されることを極めて嫌った作家なのにだ。犯罪者は現場に
もどるというが。。。。
また、父親との関係を描く際には、父親を極端に畏怖される存在と描くか、
あるいは、凡ボンクラとして描くか、その両者同居として描くかのぶれは
あるが、中間というものがない。そうして偉大なる父親が死ぬという
パターンが散見される。
地下の暗闇の中で過去の経緯の復讐が行われるというテーマは、初期の
劇画作品「落磐」を思い出させるし。。
まあ、奇子は、手塚一流のトラウマコミックだといえるだろう。
あの作品が発表された当時の、日本映画のニューシネマっぽくもあるし。
この作品を映画化できたら、すごいぞ。

34 :愛蔵版名無しさん:03/12/30 20:07 ID:???
奇子=小池栄子
次朗=奥田瑛二
伺朗=堂本剛
長男=ガッツ石松
長女=小林聡美
金城=鶴瓶
下田=江口洋介

35 :愛蔵版名無しさん:03/12/30 20:21 ID:???
>>34 長男=ガッツ石松 ワロタ

 
自分的には
奇子=葉月りおな

36 :愛蔵版名無しさん:03/12/30 20:29 ID:qejW7NGS
あにきとやるシーンしかみてない!!
よってはなしについていけない!!

37 :愛蔵版名無しさん:03/12/30 20:37 ID:k4Xni9cY
雑誌掲載時のラストしってるひといます?

38 :愛蔵版名無しさん:03/12/30 20:47 ID:???
この物語の主人公は奇子なんだが、奇子の視点でストーリー展開している部分は極端に少ない。
むしろ奇子という存在を中心に多くの人物が見えざる力によって動き回るというカラクリ人形芝居のような。
奇子を土蔵に押し込め存在を抹殺した人達の葛藤が主軸なっている。

39 :愛蔵版名無しさん:03/12/30 20:47 ID:???
手塚治虫の女の全裸はあまり好きじゃないが
奇子のは良い!


40 :愛蔵版名無しさん:03/12/30 20:47 ID:49L/e1sf
国立美術館の時の目録に載ってる。

41 :愛蔵版名無しさん:03/12/30 21:01 ID:???
たしか大都社の単行本に
「編集部から「奇子」の読みを訊かれて(あやこ)と注釈をつけた。後で編集部の中に実際に奇子という奥さんがいると知って困った。」
というような作者のコメントが記されていたように記憶している。

42 :愛蔵版名無しさん:03/12/31 00:28 ID:yp3b2C1v
担当の編集者の奥さんの名前だが、文字は「奇子」ではない。
キコでももちろんなくて、あやこである。

43 :愛蔵版名無しさん:03/12/31 00:30 ID:yp3b2C1v
奇子とか人間昆虫記は,某アメリカSFマニアプロが,手塚の描く女性キャラはみんな人形みたいで
肉をもっていないみたいだのような評論をしたので,向きになってそれに抗して
青年マンガ雑誌の場で無理して描いてみたようなところがある.
手塚の赤本時代からの作品は,決して健全健康はつらつばかりではなくて,
影のある毒のある妖しさのある淫靡さを思わせるような描写があるもので,
世間の規範なり規制が無ければ,グロイものや身の毛のよだつような
作品方向へつっぱしって居たかもしれないと,本当に思う.
だが,1950年代,60年代前半に置いては,少年漫画に対する世間の壁は厚く
もしもそのような気配を濃厚に出した作品を世に問えば,魔女狩りのごとく
世間の糾弾を受けて廃業は止むなしの状況であった.大人漫画といえば
風刺(おもに政治と世相)のものと相場が決まっていて,少年漫画はPTA運動
が締めつけ激しかったのである.いちおうそういった抑圧の中で心血をそそ
いだ習練と試行錯誤があって,手塚は偉大な大衆漫画家の地位を得たので
あって,もしも今日のようにほとんど規制もタブーもない状況であったら
マニアックな方向に暴走して,それはそれですごいかもしれないが,大衆的
な人気を博する作家とはなり得なかったであろう.

44 :愛蔵版名無しさん:03/12/31 00:42 ID:6SSeu1v7
出だしは旧村社会+戦後のGHQ謀略で横溝アンド松本清長
あるいは山本薩夫+野村芳太郎のような展開を見せながら
結局、謎は解明されないままの竜頭蛇尾。
思うに手塚は多作すぎて一本の作品にそれほど全てを賭けない所がある。
これもラフ原案のままで留まっている感じ。
未完成作品、或いは駄作の部類。

45 :愛蔵版名無しさん:03/12/31 01:10 ID:???
冬厨カキコ頭悪杉

46 :愛蔵版名無しさん:03/12/31 01:41 ID:???
確かに前半〜中盤の面白さは一級だけど
後半がなぁ。かなりレベルが落ちた印象がぬぐえない。

47 :愛蔵版名無しさん:03/12/31 02:51 ID:AAFd4Cv9
まあ手塚さん自身がシュマリのあとがきの中で内地人である自身が
アイヌの主人公は描くことはできないと書いていてるが、
カムイ伝然り、橋の無い川然り、原体験無き者の創作に説得力が無いと云うのは短絡杉。綿密な取材の上で声無き者の声を代弁するのはクリエーターの務め。

48 :愛蔵版名無しさん:03/12/31 03:28 ID:ocQxa5nU
しかし、(一度否定(?)されてるけど、)
横溝正史の病院坂を何となく思い出した。あれも戦後の混乱から
うん十年かけて解決してるんだよね。

49 :愛蔵版名無しさん:03/12/31 05:18 ID:???
いや、コレ相当面白いと思うぞ。
最後とか感動したよ、マジで。
ただ主人公が誰だかよくわからんところが
ちとだめだな。

50 :愛蔵版名無しさん:03/12/31 09:50 ID:???
>>45
いや、この人はずっと前からずっといる人だよ。ただ、前にほとんど同じのを
読んだ気がするけど。コピペでないかな?

>>47
あなたの記憶違い。アイヌの問題はやっかいだから止しなさいとアドバイスされて
主人公をアイヌ混血から現主人公のキャラに変更したの


51 :愛蔵版名無しさん:03/12/31 14:13 ID:???
手塚治虫は長男・手塚真の子供の頃をモデルにした
ファミリー漫画「マコとルミとチイ」の中に
マコト(≒手塚真)が異常なほどグロテスクな物に興味を示し、
親が息子の将来に不安を持つというエピソードを描いた。
知ってのとおり手塚真は現在映像作家として活躍している。

(^0^)σワハハハ こいつら親子してグロテスク好きなのである。

52 :グロテスクへの招待:03/12/31 14:19 ID:???
【事実確認】手塚の大人向け漫画のほとんどはグロ作品だ〔例外もある〕。

53 :愛蔵版名無しさん:03/12/31 15:45 ID:???
まことちゃん監督の『妖怪天国』観たいなあ
手塚・楳図・水木…、バケモノおやぢ総進撃

54 :愛蔵版名無しさん:03/12/31 15:55 ID:???
↑ 三人ともある意味逝っちゃってるからなぁ・・・・・ σ(^^)クルクル 

55 :愛蔵版名無しさん:03/12/31 16:08 ID:???
24年間ヒッキーしてる知人の息子に「奇子」貸してみようかな....

56 :愛蔵版名無しさん:03/12/31 16:44 ID:???
>>27
ワロタ
>>35
奇子=葉月りおな(・∀・)イイ!!
それか、遠山きょうこ(景織子?)とか、「Kill Bill」に出てた栗山千明とかもいいな〜〜

57 :愛蔵版名無しさん:03/12/31 18:36 ID:???
奇子って10〜12歳ぐらいの時が一番まともでないかい。
なんとかして土蔵から脱出しようとしてたし、伺朗との会話も理知的さがうかがえる。
性に目覚めたあたりからどこか狂気が入ったような・・・
仁朗に囲われた時は精神退行しちゃっておまけに歪んでるし。

58 :愛蔵版名無しさん:03/12/31 19:15 ID:???
もう一度、奇子が土蔵に押し込められた部分を読んでみた。
すえに着替えと食事を持ってきてもらうシーン。
土蔵改造のシーン。正月前後のすえとのやりとりのシーン。

いずれも初めて読んだ13歳の時は軽く読み流した部分だ。
当時は謀略や親族会議・殺人・性描写の部分に関心が向いていて
同じ子供としての視点でしか奇子を見ておらず、たた「かわいそうだ」と思っただけだった。
どちらかというと伺朗の感覚だ。

今、前述の部分を読み返して・・・・泣いている・・・・・・・
奇子の寂しい表情が痛い。奇子がただただ気の毒で気の毒でしかたがない。
これはすえや志子の感覚だ。

59 :愛蔵版名無しさん:03/12/31 19:33 ID:???
>>58 は >>1.土蔵の底さん ですか?

60 :1.土蔵の底:03/12/31 19:40 ID:???
>>59
そのとおりです。すみませんネーム入れ忘れました。

61 :愛蔵版名無しさん:03/12/31 23:14 ID:???
自分も『奇子』を最初に読んだのは10歳の頃。
当時一番ショックだったのはお涼が殺される場面で
その他はわりと淡々と読んでいた記憶がある。
もっと大きくなってから読み返した時の方が色々と衝撃を受けた。

小さい頃はどうとも思わなかった場面だけど
伺朗が死ぬとき奇子が涙を流す所でなんかホッとした。

62 :愛蔵版名無しさん:04/01/01 07:33 ID:???
ねえちゃん・・・・・・・正月のべべ・・・・まだあ・・・・・・・

おなかすいたよう

もう・・・いくちゅねるとお正月・・・・・お正月には・・・・・・

ねえちゃん・・・・・・・・・・・・・・

63 :愛蔵版名無しさん:04/01/01 08:26 ID:Vw+axFHx
>>62
怖いから

64 :愛蔵版名無しさん:04/01/01 12:11 ID:BdSVYwB/
いや、この作品は矛盾に満ちている。
先ずご都合主義なのは、依頼に失敗したはずの金城と協力関係が成立して
詞郎の右腕として働いている事。
それまでのハードな謀略描写から言って今度は金城に命を狙われててもおかしくないのに。
これに何の説明も無い。
下山事件、松山事件、日本共産党の細胞、労働組合幹部の暗殺・・・と大きな風呂敷
を広げていながら結末が「関係者全員が生き埋めになって、それなりに断罪されて
生き残ったのは奇子だけ」ではなんとも力が抜ける。
自分としては打ち切り臭がプンプンしたが。
「やあ、そんな近くに外があったんですか。アハハ」
なんてブラックジャックの1エピソードかっちゅうねん。
手塚の売りはストーリーテリングの見事さだろ?
その点導入部は見事だ。まさしく横溝+清張の世界観を手塚流に見事にこなしている
(カラマーゾフだ)という意見もあるがそれじゃGHQ謀略にあれだけの描写を割いている
ことを全く見ていないだろ。
手塚はその時流行っている物を躊躇無く作品に取り入れるから横溝+清張をそのまま
冒頭に持ってきてもなんの不思議も無い。
問題点はその風呂敷が全然たためていない事だ。
奇子を含めた近親相姦の関係に引き込まれたという人も居るようだが、そういう話
専門に描いている作家に比べれば全然大した事無い。なにも手塚である必要を
感じないんだ。
例えば自分は「人間昆虫記」と比べてみた。こちらの方は見事だ。風呂敷を畳む必要が
無い話なので最後まで突っ走っている。つまり作品が完成されている訳だ。
今回「奇子」を全篇通して初めてよんだ。実は物凄く期待してたわけだが
がっかりした、明らかに決着を放棄しているではないか。
したがって自分の評価は44のようになった。別にコピペでもなんでも無い。
(それにしても”前から居る”だの”どっかで見た”だの2ちゃんの書き込みは
疑心暗鬼が激しいね、頭が悪いのも45の書き込みの方としか思えない。もっと何か他に
書いてみろや)

65 :愛蔵版名無しさん:04/01/01 12:47 ID:???
>>64
手塚関係のスレを見直してみな。>>43とほぼ同文が見つかるから
疑心暗鬼になってるのが誰かわかる w

66 :愛蔵版名無しさん:04/01/01 12:58 ID:???
>>64
新年だし、サービスしとこうか
ここの86あたりみてみな
http://comic.2ch.net/test/read.cgi/rcomic/1063477471/


67 :44:04/01/01 13:29 ID:BdSVYwB/
つまり俺へのレスではないって事ね。こりゃ失礼した。

68 :65:04/01/01 13:32 ID:???
>>67
いや、おれは>>45じゃないから、45がどういうつもりだったかは知らんけどね

69 :65:04/01/01 13:35 ID:???
ただ、あの句読点に「,.」を使うシトが書き込むと、>>45みたいな厨が必ず
あの手のレスをつけるんで、多分そうじゃないかなとは思うってことで…

70 :愛蔵版名無しさん:04/01/01 17:02 ID:???
何だかんだ言って手塚作品は、この作品や鳥人体系、人間昆虫記みたいな
異色作の方がじっくりねっぷり楽しめて面白い。
読みながら心の中で「グヘヘヘヘ……」という下卑た笑い声が止まりません。

71 :愛蔵版名無しさん:04/01/01 17:42 ID:???
じゃあ次は「人間昆虫記」だ!!

72 :愛蔵版名無しさん:04/01/01 18:20 ID:???
人間昆虫記のスレ立ててよ。

73 :1.土蔵の底:04/01/01 18:22 ID:???
【参加者の皆様へ】 マタ〜リの心得

手塚治虫に対する評価・作品の読み方はすでに出尽くしており
手塚関連スレを読めば読むほど脳内でパターン化されデジャブも激しくなります。
力んだ長文まじレスほど既出っぽく見えコピペを疑われます(長文書いてもいいけどね)

また、相手を疑ってどうこうカキコするよりも
(たとえ真正コピペとわかっていても、あえてそれを受けて)
マジレスして話を発展させる方がスレの健全性を保て、かつ参加者全員が得をします。

「既出だ、過去ログぐらい見れ」なんてカキコも殆ど無意味。(ちゃんと誘導するなら話は別ですが)
手塚関連スレはテンプレするのも面倒くさくなるほど数が多いです。いちいち全部見てられないです。
このスレに参加する人は全員が素人として仮定して見れば争いも少なくなるはず。
まぁ、少しぐらい激しい論争もあった方がスレとしては充実しますけどね。

「以上、あくまでスレ立てした者の理想なのでこのカキコは無視してもいいですよ・・・」


74 :1.土蔵の底:04/01/01 18:29 ID:???
>>1 土蔵の底さん
管理監督しっかりお願いします d(^-^)ネ!

75 :1.土蔵の底:04/01/01 18:44 ID:???
>>74
どぅあれですか私のふりして私を応援してるのは!!
もうなにがなんだか  どうでもいいや・・・σ(;´_`;)

76 :愛蔵版名無しさん:04/01/01 18:46 ID:???
↑ワロタ

77 :愛蔵版名無しさん:04/01/01 18:49 ID:???
自作自演!?(^0^)/ギャハハハハハハハハハハハハハハハ

78 :愛蔵版名無しさん:04/01/01 18:55 ID:???
「IL」のコンビニ版って、出てましたっけ?

79 :愛蔵版名無しさん:04/01/01 19:04 ID:???
出てないね。小学館文庫だっけ。

80 :愛蔵版名無しさん:04/01/01 19:06 ID:???
ILのスレはないな。

81 :愛蔵版名無しさん:04/01/01 19:22 ID:???
誰か、「手塚キャラでギャルゲーを作るスレ」っての立ててよ。

82 :愛蔵版名無しさん:04/01/01 19:45 ID:???
>>81
「人間昆虫記」の十村十枝子や「ばるぼら」のばるぼらを選ぶとバッドエンド(再起不能or死)
「火の鳥」の火の鳥の化身を選ぶと終了ボタン゛消失し自動的にループ(輪廻転生)状態に

そうだ、このスレの住人はみんな「奇子」選ぶだろうな・・・妹ゲーでつね (○`ε´○)

83 :愛蔵版名無しさん:04/01/01 23:21 ID:???
【性教育】マリア・アポロ・メルモ【三部作】

84 :愛蔵版名無しさん:04/01/02 01:33 ID:???
>>64
ご都合主義はなぁ…今更って感じだよ。
アドルフにしても火の鳥にしても
肉親・恋人関係→敵対関係とか大杉だし。
(まるでロミオとジュリエットみたいな)

今更突っ込むことじゃあない。
そこらへんはスルーしようぜ。
手塚作品は漫画の最高峰といわれてるわけで。
それは言い換えれば漫画の限界を提示しているとも言えるかも。
漫画レベルなら間違いなく最高峰でしょ。

あと手塚漫画は量が半端じゃないから。
その中で駄作も沢山あるのは仕方ない。
量自体を評価することも出来るが
当然素晴らしいものも多い。

85 :続き:04/01/02 01:40 ID:???
駄作が多いのはファンには周知の事実なわけで。
ド素人が駄作だけ取り上げて叩くのは簡単なこと。
まぁ中には全作品マンセーする信者もいるかもしれないが。
個人的に奇子は良作だと思う。

まあ例え話だがゴッホという人も
有名なのは向日葵とかごく一部だけど
生涯描いた作品の数は半端なかった。
天才とは努力の賜物であるわけですよ。

86 :愛蔵版名無しさん:04/01/02 02:56 ID:???
手塚は芸術家というよりは職人に近い
茶人が重用する業物を焼く陶芸家ではなく、市井の人々が日常生活で使う茶碗を焼く職人だ

アニメがやりたくて虫プロを設立。黎明期のアニメ制作は金食い虫。
プロダクション維持のために金が必要になり漫画で稼ぐしかなかった。
で執筆する漫画の本数を増やし、結果アシスタントの数が増え彼らを養うのに
さらに執筆本数を増やすという悪循環だ。
いかに手塚が天才でも限界がある。よって一定の水準=駄作が量産された。
笑っちゃうけど手塚の場合は駄作を量産していた時代の方が肉体的にも精神的にも絶好調で、
むしろスランプ期の方が本数も少なく味わい深い作品を残している。

87 :愛蔵版名無しさん:04/01/02 03:17 ID:???
手塚を知るためには全作品を読まなければならないが、そんなの時間と金の無駄遣いだ。
手塚を楽しむには、膨大な作品の山の中から力作・傑作を選び出す努力が必要。
一歩進んで、駄作も楽しめるようになれば一人前の手塚ファンだ。

子供の頃からコツコツ読んでいくか、大人になって一括大量読破するかのどちらかしかない。
しかしこりゃ食玩の世界と同じだな。子供はひとつひとつ買い、大人は箱買いするってやつ。

88 :愛蔵版名無しさん:04/01/02 03:30 ID:???
海図もなしに大海に乗り出し、駄作ばかり読んでしまうと手塚アンチになる。
海図に頼りすぎて凪いだ海しか知らないと、傑作しか読めず手塚マンセーになる。
子供の頃に冒険に出て、全作品読んじゃうと手塚しか知らん手塚バカになる。

89 :愛蔵版名無しさん:04/01/02 03:38 ID:???
天外一族の連中、名前一発変換で出てこん・・・・ムカ…(;-_-メ)>

90 :愛蔵版名無しさん:04/01/02 04:21 ID:???
>>89
天外作右衛門、ゐば、市朗、仁朗、すえ、志子、伺朗、奇子、お涼
フレッド・キノシタ、キャノン、ウィロビー、シャグノン
加東、霜川則之、皆川、江野正、田沼、下田、下田波奈夫
吾助、仲の谷の和尚、藤作、英造、久留和、山崎
マチコ、ブレーバー、金城呉成、章太郎
呉、井上、祐天寺富夫、森伝、井登畑、柳田、横田
でけたよ

91 :44:04/01/02 07:07 ID:E8EsQ8bm
>>64いやご都合主義という表現は間違っていた。
金城が二朗の腹心になっているのが話の筋からおかしいと言ってるの。
何の説明も無しでしょ。
そして二朗がGHQの謀略を暴くまでに至らないので作品が未完成だと思うわけ。
ああいう始まりをしてあの終わり方はあんまりだよ。
導入部は確かに良い出来、だから「良作の匂い」もする。
でも終わり方は打ち切りに近いな。
手塚の大人向けの作品(読みきりも含めて)に比べて奇子は出来の悪い方だと
判断しました。それとももっと酷いのも有るっていうの?
まぁ自分もいくつか酷い奴知ってるけど。
ともかく奇子は「未完成」の感じがびんびんしますよ。

92 :44:04/01/02 07:21 ID:E8EsQ8bm
で俺が完成されてると思う作品で知ってる奴は次の奴だな。
人間昆虫記、鳥人体系、アドルフに告ぐ、人間ども集まれ!、時計仕掛けのリンゴ(短編集)
鋼鉄の旋律(短編集)
話が終わってるけど面白くなかった奴は・・・
ばるぼら、地球を呑む、最近コンビニ本に載ってる短編(ニクソンとバーンスタインの話とか
アステカ帝国の末裔が毒蝶でスペイン人に復讐しようとする話とか)
そこで「奇子」ですよ。・・・・未完成作品だな。
一輝まんだら、陽だまりの樹、グリンゴは読んでないから知らない。


93 :愛蔵版名無しさん:04/01/02 07:32 ID:jn8u+sNw
>>84-88
ふーむ。なるほど。面白い。
俺は小学生の頃、ちょうど講談社の全集の刊行がはじまって
全部ではないがかなりの量を読みまくったよ。(立ち読みでだけど)
  (全集からもれてる作品もあるわけだけど、
     かなりの量 = 同世代の友人達と比べたら、って事ね。)
小学生だったけど大人向けの手塚作品もなんとか読み漁っていた。
読んでた当時は理解できない部分もありながらも。
大人になって読み返して、ようやくワケが分かった部分もあったりして。
あの全集の刊行とともに色々読めたのは、今となっては幸運だったと思うよ。

今の子供たちが手塚作品にふれる機会ってどの程度なのだろうか・・・?
アニメのアトムだけなのかなぁ。

94 :93 オマケ:04/01/02 07:36 ID:???
1のコテハンはナイスでいい

95 :44:04/01/02 07:37 ID:E8EsQ8bm
後なんか「どついたれ」って話あった?
第一話だけ読んだような記憶があるが。
俺は昭和40年代生まれだから、その頃から30年間分の手塚の作品は
読んだり、観たりしている。
これは子供の頃からコツコツなんて話じゃなくて漫画・アニメが手塚中心に
廻っていた時代だから、その時生まれた奴らにとっては自然な事だ。
べつに努力して読んだ訳でもなんでも無い。

96 :84だす。:04/01/02 08:20 ID:???
>>93
最近の子供が…

っていうのは余計なお世話なんじゃないのかな。
言いたいことは何となくわかるけど
結局俺も手塚作品もそれほど読んだわけじゃないし
ましてやもっと重要な純文学の名作にも触れてないわけで…。
最近はゲームとかも凄くなってるが
それもせずに最近のガキときたら
携帯で女呼んで遊んでるくらいなわけで。
それこそあなたに子供ができた時にでも
すすめてあげたら良いのではないでしょうか。
なんか自分でも何いってんだかわかんなくなってきたが、
ようは人それぞれ、やりたいこと好きなだけやれ、ってことです。

97 :愛蔵版名無しさん:04/01/02 16:42 ID:cDtk/86V
鳥人体系や鋼鉄の旋律というのは読んだことないな。

98 :愛蔵版名無しさん:04/01/02 18:07 ID:???
年明け早々に揚げ足取りいくない

99 :1.土蔵の底:04/01/02 18:43 ID:???
私は昭和40年(1965年)生まれ。初めて買った単行本がブラックジャックだった。
チャンピオンやサンデー、サンコミック等を読み終えた頃、全集が刊行。
全集第一期分で名作を読み、そのかたわら大都社などから出ている
一連の大人向け作品に片端から手をつけていった。手塚の大概の作品は読んだ。

18歳の時近所に貸本屋ができ、そこで手塚以外の漫画家の作品を一気に読み出した。
自分では買うのが恥ずかしい少女漫画なんかも躊躇なく借りれ読みまくった。
18歳までは手塚バカ。貸本屋のおかげでありとあらゆる漫画が読めたのは幸運だったな。

100 :憂国のオジサン:04/01/02 19:16 ID:???
>>1.土蔵の底さん

俺もアンタと同世代で貸本屋の世話になったくちだよ。
俺が高校生ん時、小学生達が書店で暴挙を振るいはじめた。
立ち読みの際の最低限のマナーを破りだしたんだよ。
通路をふさぎ座り読み・本の上に荷物置く・背表紙折曲げ読み
帯や注文紙は勝手に剥ぎ取り捨てる・本を所定の位置に戻さない等々。
中学生による万引きもこの頃から爆発的に増えたし。
彼らを管理監督しているはずの大人達がすでに子育て放置プレーを開始してたんだよ。
俺達、高校生(まだガキ)なのにあきれ果てたよ。
明らかに俺らの世代と違うのだと思い知らされた(俺らの世代のことは棚に上げとく)

そして書店側がとった対抗策が単行本のフィルムカバー化だ。
これにより未知の作品の絵柄・雰囲気の確認という書店内作業が出来なくなっちまって
いろんな作品に触れて新しい漫画世界を開拓するっちゅうことが事実上不可能になった。

当時どれだけガキ共(小中学生)を憎んだことか・・・
(書店でガキに蹴り入れたこともあった)
俺にとって貸本屋がどれだけ有り難いものだったかは
アンタならわかってくれるよね。

101 :愛蔵版名無しさん:04/01/02 19:22 ID:???
>>100
そんなにアンタの世代とその下の世代って違うのかヨ むかっ…(;-_-メ)>

102 :愛蔵版名無しさん:04/01/02 19:36 ID:???
まぁ、>>100の世代もカナーリあれだがな

103 :100:04/01/02 19:43 ID:???
>>101
文面からしてその世代の人なんだろうけど、今更ケンカする気はないよ。
現在の書店を見ればわかるだろ。コミックスはすべてカバーされてる。
これが結果だ。

当時君が俺と同じ高校生なら同じ事を感じたはずだ。
俺より上の世代は店の売りの物を物色する段階で破壊したり
他の客の迷惑になることをしたりはしなかった。
もちろん俺達が小学生だった時もだ。

1982〜1985あたりだよ急激に書店内マナーか悪くなったのは。
漫画本は誰が読む?小学生〜大学生だ。
俺達当時の高校生はガキの頃から最低限の立ち読みマナーは守ってた。
書店の親父さんとはみんな友達だったよ。雰囲気も良かった。
俺達は座り読みも荷物載せも背表紙折りも放り出しもしなかったよ。

104 :元書店の親父:04/01/02 19:48 ID:???
>>103
立ち読みはやっぱり困るよ

105 :愛蔵版名無しさん:04/01/02 19:57 ID:???
>>100
あなたの言い分もなんとなくわかるが
世代間で争うほど差はないと思う。

>>101
マナーの悪化が書店の経営を圧迫させたので
フィルムカバーが普及したのは周知の事実。

106 :愛蔵版名無しさん:04/01/02 20:00 ID:???
恭謙!恭謙!

107 :愛蔵版名無しさん:04/01/02 20:05 ID:???
結果的に美本が買えるようになったが、表紙絵だけしか能のない
作家も増えたな。

108 :愛蔵版名無しさん:04/01/02 20:17 ID:???
また騙されたよ、表紙の娘に・・・・・鬱 _| ̄|〇☆\(^0^) 恭謙!恭謙!

109 :愛蔵版名無しさん:04/01/02 20:32 ID:???
>>103
「昔はよかった」みたいなこというおっさんって
昔のそいつらがよかったんじゃなくて
昔の親がよかっただけなんだと思う。
それをあたかも自分たち自身が偉大みたいに言うんだから
くそうざい。
103みたいなおっさんが親になる時代になった今、
さらに子供たちのマナーは悪化しているわけだから
103みたいなおっさんたちの教育や手本が悪い。

その時代の子供たちのマナーが悪いのは
その子供たちの親の教育が悪いのでは。(103みたいやおっさんね。)

110 :愛蔵版名無しさん:04/01/02 21:06 ID:???
駄作世代だなw

111 :愛蔵版名無しさん:04/01/02 21:07 ID:???
昔はよかったよ。
俺はもう一度、ジャンプが一番面白かった80年代に戻りたいよ。

112 :愛蔵版名無しさん:04/01/02 21:11 ID:???
じゃあ俺はマガジンやチャンピオンの面白かった70年代に逝きたい

113 :愛蔵版名無しさん:04/01/02 21:19 ID:???
>>105
多分、差はあったと思うけれど、書店の棚も違ったと思う。コミックが
スペースの大きな部分を占めるということはあまりなかった。書店が
自ら子どもを呼び込んで、結果的に自滅したんだと思うね。板違い
だからこのくらいで。

114 :愛蔵版名無しさん:04/01/02 21:59 ID:???
憂国のおぢちゃんはもう来ないでね

115 :愛蔵版名無しさん:04/01/03 00:41 ID:???
みんな脳内タイムマシンに乗ってどっか逝っちゃったよ。戻ってこーい\(・o・)/

116 :愛蔵版名無しさん:04/01/03 00:46 ID:???
現在は西暦2004年1月3日午前0時47分

117 :愛蔵版名無しさん:04/01/03 01:01 ID:???
ところでここにカキコしてる人は当然「奇子」読んでるよね。
基本的な好き嫌い・肯定否定は別として
この作品で一番気に入っている箇所、肝だなと思う箇所はどんなとこ?

118 :愛蔵版名無しさん:04/01/03 01:23 ID:???
旧家の家の造りが細かく描き込まれていて点が妙に好き

119 :愛蔵版名無しさん:04/01/03 01:24 ID:???
すえさん関係
なんとも言えん…

120 :愛蔵版名無しさん:04/01/03 01:40 ID:???
【登場人物は殺す=手塚の常套手段】
奇子ハッピーエンドの頼みの綱・下田波奈夫までもが死んで
アンハッピーエンドで終わっているのが手塚らしい(この後、奇子の人生お先真っ暗)

先日出た少年漫画「未来人カオス」も未完を無理矢理完結させた作品。
「奇子」と同様、主人公と敵役が閉じこめられて、こちらはハッピーエンド。

少年誌掲載作品はハッピーエンド、青年誌掲載作品はバッドエンドが多い。

121 :愛蔵版名無しさん:04/01/03 01:53 ID:???
ゐばさん(お袋さん) 
一族の中で一番影薄いのに一族の要(かなめ)的存在。
旦那・子供全員死んでもチャッカリ最後まで生き残ってる。


122 :愛蔵版名無しさん:04/01/03 02:06 ID:???
俺今24歳だけど40近い人も2チャンやってるんだな…
ちょっとビックリ。
いやー、2ちゃんってスゲーな、
とつくづく思った。
一回りも年が離れている人と同じ話題で盛り上がり
時には説教もされる。
煽りじゃないよ。

123 :愛蔵版名無しさん:04/01/03 02:23 ID:???
スレ立てた>>1.土蔵の底は今38か39だな
「奇子」を掲載誌で読んだリアル世代はおるかな?

124 :84:04/01/03 05:49 ID:???
俺が好きなシーンは最後の生き埋めです。
土蔵に閉じこめられていた復讐のカタルシスっていうか。
この最後のための伏線だったのかーっ!みたいな。
陳腐だとか皆殺しで片付けたやっつけ仕事だとか
そういったツッコミはなしよ(^o^;。
俺は好きなんで。
ちなみにこれがバッドエンドだとは思わないし
火の鳥とかでも主人公が死んだり
悲惨な最後を遂げるのがバッドエンドだとは思わないな、俺は。
火の鳥の長い物語の1過程としか思わないし
スケールが壮大だから一人の死に何も感じなくなる。
ああ、コスモゾーンに入ったんだね、みたいな

125 :愛蔵版名無しさん:04/01/03 11:11 ID:???
>>121
自分もゐばさんは印象に残っている。
どんなことがあっても家を守るためにじっと我慢して、
というか我慢しているという素振りさえ見せずに最後まで生き残った。
ある意味最強かもしれない。

126 :愛蔵版名無しさん:04/01/03 12:40 ID:???
幼い奇子が、土蔵の窓から「おじちゃ〜ん」と助けを求めているのに、
黙って淡々と窓が塗り込められていくシーンが怖かった。

127 :愛蔵版名無しさん:04/01/03 15:49 ID:???
ありふれた怖さだな

128 :1.土蔵の底:04/01/03 16:16 ID:???
印象に残ったところ、怖いところ多々あれど一番好きなところは
土蔵に閉じこめられた奇子のもとに初めてすえが会いに来るシーンです。
着替えさせ、膝の上で抱き、子守歌を聴かせ寝かしつけるその姿は
紛れもなく母の姿です。

奇子が「家長と嫁の不義の子」であるのは家族全員周知の事実。
それでもすえは家の中でさえ母ではなく姉として接しざるをえない。
奇子が土蔵に閉じこめられることで初めて母として接することが出来る。
もちろん奇子に対して母の名乗りをあげることはできないが・・・・・。

129 :愛蔵版名無しさん:04/01/03 16:26 ID:???
>>128
その直後、奇子の頭上で嫁を抱く家長・作右衛門。

手塚は鬼畜だにょ。

130 :愛蔵版名無しさん:04/01/03 16:53 ID:???
再読して興味深いのは冒頭の仁朗の復員の部分。
作品全体では異常このうえないこの家族も
元はどこにでも存在する普通の家族であることを
この冒頭シーンは提示している。

この段階で異常なのは
@義父と嫁の不義
A仁朗がGHQの工作員
以上の二点がこの災い事の元凶ナリ。

131 :愛蔵版名無しさん:04/01/03 17:34 ID:???
この話この間立ち読みで一気に全部読んだなあ。

132 :愛蔵版名無しさん:04/01/03 20:48 ID:???
こんな変質漫画恥ずかしくて立ち読みできねっす。

133 :愛蔵版名無しさん:04/01/03 21:27 ID:731j+44p
使わない伏線引きすぎ

134 :愛蔵版名無しさん:04/01/03 22:03 ID:???
実際、このマンガでヌいたやつっている?
俺はなんか無理だった。

135 :愛蔵版名無しさん:04/01/03 22:18 ID:???
俺は使ったけど、無理だってのもわかる。
ようは好み。

136 :愛蔵版名無しさん:04/01/04 00:44 ID:BJosb7OV
この作品の終了時期って、ひょっとするとちょうど虫プロ商事が破綻して
それに伴って信用取り付けから虫プロも破綻した時期にあたるのじゃないかな?
詳しい日付をだれか教えて欲しいな。

137 :愛蔵版名無しさん:04/01/04 00:59 ID:DukjWbnA
橋本治も解説で書いてるとおり後半が最悪
レストランのシーンのリアリティーの無さなんか酷すぎる

時々この人は本当に天才なのかと怪しくなります
それはほかの天才作家が絶対やらない失敗をするからなんです
天才にも駄作があるのは当然ですが
奇子の後半は「天才の駄作」の「天才の」に疑問を感じるほどひどいと思うのです



138 :愛蔵版名無しさん:04/01/04 01:12 ID:NCPqJJXD
>>84はマンセー馬鹿、感性が通常じゃない。

139 :84:04/01/04 04:31 ID:???
確かにマンセー馬鹿かもしれませんね。
ただ逆に「漫画程度ならこれで最高峰だろう」
という諦めが潜在的にあるのかもしれません。
手塚以上の漫画家がいたら教えてもらいたい。
あんま古いのはわかりませんが。
感性が普通じゃない、っていうのは誉め言葉です。
(たぶん誉めてないんだろうけど)
手塚作品は普通の人が納得しない部分を
ついつい深読みしてしまうんですね。
まさにマンセー馬鹿かもしれませんが。

好きじゃないものを挙げるとすれば
ブラックジャックです。
どこが面白いのかよくわからん。

140 :愛蔵版名無しさん:04/01/04 07:06 ID:???
感性が普通じゃないからこそ「漫画の神様」なんだよな。
よく言えば人間の域を越えているとも言えるけど
言い方を替えれば人として道を踏み外してるとも言える。
自分で自分の鬼畜さを冷静に分析してもいただろうけど、そこがまた人間的でない。
よく漫画家が「キャラが勝手に動き出す」って言うのがあるけど
手塚にはなかった事だよね。
手塚キャラは神が作ったストーリーという盤の上の駒にしかすぎない。
生かすも殺すも神の造ったストーリーの都合次第。

もう散々語り尽くされた事だろうけど。

141 :愛蔵版名無しさん:04/01/04 13:14 ID:???
当時はSEXに対して規制があったのだと思うのだけど、あの描写で友達と大笑いしちゃったよ。悲しい話なのに…

142 :愛蔵版名無しさん:04/01/04 14:18 ID:???
志子がわりと好きだった。
最後の方で伺朗に責められた時は「そりゃないだろ」って思ったよ。

143 :愛蔵版名無しさん:04/01/04 14:41 ID:???
>>141
今みたく美少女コミックやレディースコミックもなかった時代だからね。
同人誌すら性描写で踏み外したものはなかった。(アングラでなら存在したが)
メジャー誌で書き手が第一線ならばあの描写が精一杯。
でもまあアレをあれ以上描いても意味ないけどな。

144 :愛蔵版名無しさん:04/01/04 14:47 ID:???
いま手塚が存命ならどんな性描写するのかな・・・・・

145 :愛蔵版名無しさん:04/01/04 14:51 ID:???
>>143 でもあの巨大岩ティンポは今見たらもうギャグだよ…

146 :愛蔵版名無しさん:04/01/04 15:02 ID:lc50p7bG
http://ja-f.tezuka.co.jp/news/special/index.html


147 :愛蔵版名無しさん:04/01/04 15:03 ID:lc50p7bG
★火の鳥未来編★僕のレビューを評価して下さい
http://comic.2ch.net/test/read.cgi/rcomic/1073194889/l50




148 :愛蔵版名無しさん:04/01/04 16:35 ID:BJosb7OV
いわゆる一流誌で堂々とリアリズムのあの絵をかけたのは
山上達彦の作品が最初ぐらいじゃないのかな?

149 :愛蔵版名無しさん:04/01/04 16:53 ID:???
>>145
トルコ共和国の観光地・カッパドキア(ギョレメ地方)にイパーイ勃起してるヨロシ。

150 :愛蔵版名無しさん:04/01/04 19:21 ID:???
殺し屋1で言うところの聖人だよな、奇子は。
一点突き抜けた異常さ故に矛盾を超越した存在。
こういうキャラクターを描けたってのは、
やっぱり作家冥利に尽きるんではないだろうか。

151 :愛蔵版名無しさん:04/01/05 00:30 ID:???
手塚の描く美女はマニュアル化されていて手塚自身がその法則に乗って描き、
各作品で描写を変える等の工夫をしなかったためワンパターンになっているきらいがある。
手塚の描く美女にイマイチ存在感がないのはそのためで、これも量産の弊害だろうか。

しかし炭の貯蔵穴に閉じこめられた時の奇子は(コンビニ版下巻336、337、338ページ)
強烈な存在感がある。しかも手塚全作品中三本の指に入るほどの美女。
この造形と表情は他の手塚作品には見られない唯一無二のもの。
「奇子」は前半(上巻)は力作、後半(下巻)は駄作というのは決定的だが、
上記3ページの奇子の描写のみ傑作。
他の手塚駄作読む暇があるならこの3ページのある「奇子」を読むべし。

152 :愛蔵版名無しさん:04/01/05 01:01 ID:???
前半の力のいれ具合で後半も描ききり
なおかつ拡げた風呂敷(伏線)も上手にまとめ上げ
奇子の描写もブレることなく>>151のいう
3ページ分の完成度で描いたら傑作になっただろうな。

153 :愛蔵版名無しさん:04/01/05 12:23 ID:AhfrkOQi
同時期に書いていた外の連載作品を列挙してみてくれ。

154 :愛蔵版名無しさん:04/01/05 14:02 ID:???
>>151
残りの2本をぜひとも教えていただきたい。

155 :愛蔵版名無しさん:04/01/05 14:11 ID:ccA6Zhfx
ホクロは遺伝しないだろーって思ったな。

156 :愛蔵版名無しさん:04/01/05 19:05 ID:???
コンビに版下巻336〜338ページって、文庫版でいうとどのあたりでしょうか?

157 :愛蔵版名無しさん:04/01/05 20:55 ID:7rrhPS+r
もみあげのところに大きいほくろのある
兄妹が中学の時にいたよ。

158 :151:04/01/05 21:43 ID:???
>>153
>>154
ちょっと待ってね。
古本屋に手塚本全部売っぱらって手塚バカやめてもう15年になるので
(手塚で読んでないのは全集後期出版の数作品、他は読んだ)
これより記憶の検索と調査に入る。

159 :愛蔵版名無しさん:04/01/06 00:32 ID:???
親にも私にも唇にほくろがあるのですが・・・

160 :151:04/01/06 00:48 ID:???
要請のカキコがあったのでちょっと調べました。
まず「奇子」の連載期間は1972年1月25日号〜1973年6月25日号

「奇子」連載期間と重なる作品は以下の通り
■鳥人大系■ライオンブックス■海のトリトン■サンダーマスク■ブッダ(初期)■
■ガラス城の記録■ゴッドファーザーの息子■ペーター・キュルテンの記録■
■ロロの旅路■ミクロイドS■火の鳥【乱世編】■他

「奇子」の前(1969〜1971)に発表された作品
■ザ・クレーター■空気の底■やけっぱちのマリア■IL■時計仕掛けのりんご■
■アポロの歌■人間昆虫記■フースケ■火の鳥【復活編】【羽衣編】■ワンサくん■
■ふしぎなメルモ■ガラスの脳■アラバスター■他

「奇子」の後(1973〜1975)に発表された作品
■ばるぼら■海の姉弟■ブラックジャック■シュマリ■鉄の旋律■三つ目がとおる■
■一輝まんだら■紙の砦■他

161 :151:04/01/06 01:58 ID:???
>>160 の【解説】
「奇子」を生み出した当時の手塚の状況を同時期の作品群から読み解こう
まず「奇子」連載の昭和47年は『浅間山荘事件』が
起こった年であることを念頭に置いてもらいたい。(←社会の雰囲気を読め)

「奇子」の連載前にすでにグロテスクへの指向が出来上がりつつあるのが読める。
■ザ・クレーター■空気の底■ガラスの脳■アラバスター■

手塚の人間に対する独特な視点(視線)「冷徹に突き放して観る=人間不信」が読める。
■空気の底■火の鳥■鳥人大系■サンダーマスク■ロロの旅路■ばるぼら■

「奇子」を描いてて戦前・戦時下・戦後直後を思い出し描いてしまったのが
■ゴッドファーザーの息子■紙の砦■

手塚はよく登場人物を殺す。医師免許持ってる割にあっさり死なせる。
そんな日常簡単大量虐殺者・手塚が珍しく推理小説家よろしく殺し方を勉強し描いたのが「奇子」だ。
「殺しの手段を考えながら作中人物を殺す」疑似快楽殺人に目覚めてつい描いてしまったのが
■ペーター・キュルテンの記録■

「奇子」での兄妹の危ない関係を引きずったのか
■海の姉弟■(←こんな姉貴がいたらなぁと読者を萌えさせること必至)

「奇子」で見せた「拡げた風呂敷をたたまない」という癖がまたででしまった
■一輝まんだら■

鬱屈した作品しか描けなくなった手塚は自分を救いたかったのか
『ブッダ』を描くことで悟りによる癒しを求め
『ブラックジャック』では疑似医療行為によって自信を回復しようとしている。
『ブラックジャック』連載開始は「奇子」終了の4ヶ月後であるのは興味深い。
第1話副題が手塚の心の叫び声に聞こえる「第1話・医者はどこだ!」
「奇子」の後、■ブラックジャック■三つ目がとおる■ブッダ■の時代が始まる。


162 :愛蔵版名無しさん:04/01/06 02:30 ID:???
>>160 の中で俺が薦める作品は
●ライオンブックス・シリーズ(←手塚の良質な作品。面白い!!)
●空気の底(← 鬱〇| ̄|_妙に重苦しい・・・)
●人間昆虫記(さげマン悪女)
●やけっぱちのマリア(←珍しく女の子が主人公。)
●ぺーター・キュルテンの記録(・・・・・・・)
●アポロの歌(聖母)
●海の姉弟(←萌え)
●紙の砦(手塚自身が主役)

163 :愛蔵版名無しさん:04/01/06 10:01 ID:???
■火の鳥【乱世編】
は念のため未完のCOM版ね。
後年、月刊マンガ少年誌上で仕切直すこととなる。

164 :愛蔵版名無しさん:04/01/06 10:18 ID:???
【隻眼】次朗、北一輝、キリコ【の系統】

165 :愛蔵版名無しさん:04/01/07 01:16 ID:1oL0C/3M
一輝まんだらは作者の弁明によると、打ち切られたということだと思うが。

まず「奇子」の連載期間は1972年1月25日号〜1973年6月25日号

う-ん、ドルショック、オイルショック、ウォ-タ-ゲ-ト事件発覚、
特に虫プロ父さんがたしかそのあたりだったんだけど、正確な年月日は
いつだったかなぁ。

166 :愛蔵版名無しさん:04/01/07 01:55 ID:CWYtadYD
>>124
最後の生き埋めのシーンは、
伏線と言うかムリヤリつなげただけのような・・・
奇子って打ち切りの臭いがするんだけど。

167 :愛蔵版名無しさん:04/01/07 02:33 ID:???
生き埋めENDは最初から用意していたオチだと思うんだけどな。

168 :愛蔵版名無しさん:04/01/07 03:01 ID:JtM0v1dO
明らかに打ち切りでしょ。
議論の余地無し!


169 :愛蔵版名無しさん:04/01/07 03:27 ID:MofSpS3Z
生き埋めENDのについて。
連載当時・雑誌の結末は違っていたそうです。
もっとも連載雑誌は、私もよんだことがありません。

かなり前の原画展示会でみたのですが、
連載当時では、あのような生き埋めENDではなかったと説明がありました。
その原画展示会では
『「にいさんは逮捕されてーーー」というようなことを、姉が言っている場面』
の一枚の原稿が、展示されていました。

連載当時の雑誌をよんでいた人、いませんか?


170 :愛蔵版名無しさん:04/01/07 06:15 ID:mkVz6i8H
「そして主人公は何処へともなく消えていった・・・」ってラスト
手塚のビッグコミック作品にありがちじゃない?
(ビッグコミック以外の手塚作品にもあるけど)

171 :愛蔵版名無しさん:04/01/07 15:45 ID:???
>>169 漏れも90年の手塚治虫展で掲載時の原画見たよ。
ラストは皆助かるんだよね。

172 :愛蔵版名無しさん:04/01/07 16:18 ID:???
そうなんだ、当初は全滅オチじゃなかったのか。
全滅だとあまりにも救いがなさすぎるから雑誌掲載では気を使ったのかな。
奇子のみが生き残って失踪ってオチは、
奇子のこの世ならざる者然とした感じと因果応報さが出ていて、
俺はこっちの方が好きなんだけど。

173 :愛蔵版名無しさん:04/01/08 00:58 ID:Di3w+F0S
当時の雑誌を持っているやつはおらんのかいのう?

174 :愛蔵版名無しさん:04/01/08 16:15 ID:???
>>160の同時期連載作品の数を見る限り、
漫画作品における連載抱え本数のギネスもやっぱり手塚氏なのかな。
黄金期の柳沢きみおでも正直及ばないな。

175 :愛蔵版名無しさん:04/01/08 22:03 ID:WRBTHT2K
169です。
171さん。そう、私が見たのも、1990年の手塚治虫展でした。
あの貴重な原稿が展示されたのは。
でもあの展示会、途中から『カタログ』が販売中止になってしまった。
『黒人差別』とクレームが入って・・・

展示会では『好評によって品切れ』とされていたけれど。
本当は、ジャングル大帝等が黒人差別として発売禁止だった。
(当時の週刊誌報道より)
友人が「カタログが買えなかった」と嘆いていたのを思い出した。
話がそれてスマソ。

176 :愛蔵版名無しさん:04/01/10 12:02 ID:???
>>8
びっくりした。自分も「奇子」を小学生の頃読んだ口
マンガを買ってもらえず、オヤジの本棚を必死であさって
見つけたのが「きりひと讃歌」「人間昆虫記」「奇子」だった(BJも)
「奇子」は下巻がなくってずっと上巻だけ読んでたなあ…

「ハイがハイの上に乗っかって、馬っ子みたい」だっけ
近親相姦のタブーみたいな恐怖は全然感じなかったけど
ほくろの位置が遺伝するものなのかどうかが不思議だった記憶が
上巻の巻末に下巻の奇子が医者に犯されてる絵がついてて、
あー下巻が読みてーなーと思っていた。
とにかく漢字が読めなくてまいった。

177 :愛蔵版名無しさん:04/01/11 01:55 ID:JS1RKKVX
奇子の話題でこんなに盛り上がってるなんて…。感動。手塚オタクなのですが周りには誰も同調してくれる人もなく…。寂しい思いをしておりました。
当時の奇子、我家にあったような…。173さん、チョット待っててください。時間のあるとき、探します。エンディングもはっきりすろことでしょう。

178 :愛蔵版名無しさん:04/01/11 07:42 ID:???
神期待

179 ::04/01/11 14:47 ID:viUQ7Bn3
何か?

180 :愛蔵版名無しさん:04/01/12 01:00 ID:E5bLLj0s
おどろおどろしい日本映画にしたいよな。北野たけしにでもこの漫画観てもらって
なんていうか聞きたいよな。

181 :愛蔵版名無しさん:04/01/12 05:51 ID:bWqK53sb
>>145
あの岩なんなの?

182 :愛蔵版名無しさん:04/01/12 19:40 ID:???
ねぇねば山からモコ来るァねー

の“モコ”って何ですか!?
ヽ(*゚∀゚*)ノ アヒャヒャ←こんなの?

183 :愛蔵版名無しさん:04/01/13 03:30 ID:Z2KNVGsH
なんだろう?

184 :愛蔵版名無しさん:04/01/14 01:00 ID:DEbAoDpj
もっこだね。
蒙古襲来の蒙古が訛ったものらしいよ。
寝ないと向こうの山から恐ろしい蒙古がくるぞ〜ってことかな?

185 :愛蔵版名無しさん:04/01/14 01:48 ID:???
もののけの類ではないのかな?
まあ俺はこれ↓だと信じてやまないが。


 ヽ(゚∀゚)ノ アヒャヒャ
  |モコ|へ 
  くω  

186 :愛蔵版名無しさん:04/01/15 00:02 ID:???
天外市朗さん、「ブラックジャック」だけでなく「アドルフに告ぐ」にも出てたんですね。
手塚センセに気に入られてたのかな?

187 :愛蔵版名無しさん:04/01/15 00:16 ID:0I8E2x6F
天外司朗とかいう名前の作家は実在する。

188 :愛蔵版名無しさん:04/01/15 00:19 ID:???
天外魔境

189 :愛蔵版名無しさん:04/01/15 00:25 ID:gSD34Apk
黄色魔境

190 :愛蔵版名無しさん:04/01/15 02:16 ID:+DownrCx
なまりすぎで何をいってるのか…わからん
お涼っていくつぐらいなんだろ?

191 :愛蔵版名無しさん:04/01/15 02:50 ID:oSN3iinP
モモーン山の嵐
もんもん山が泣いてるよ

関西の方言か?

192 :愛蔵版名無しさん:04/01/15 02:58 ID:???
ももんがのムサ

193 :愛蔵版名無しさん:04/01/15 07:47 ID:???
すえママン(;´Д`)ハァハァな俺は、異常なんだろう。

194 :愛蔵版名無しさん:04/01/15 14:34 ID:???
いや普通でしょう。すえさん一番色気があると思われ。

195 :愛蔵版名無しさん:04/01/15 19:21 ID:???
>>186
キャラは全部使い回しですが何か?

196 :愛蔵版名無しさん:04/01/15 19:25 ID:???
奇子四歳(;´Д`)ハァハァな俺も正常だよな!?
だっこしてなでなでしたい…
顔が異様にでかいから可愛いんだよなぁ…

197 :愛蔵版名無しさん:04/01/16 01:04 ID:oXuOvcAR
雑誌のラストを見ました。下田の息子が倒れる次のページにみんな生きて出てますね。
その次のページに全集で言う242ページの見開きが続いて、その次のページで「奇子によって天外家は新しい時代によみがえるだろう〜」と終わっています。見開きの文章は少し違っていて仁朗の裁判のことなどがかかれています。

198 :愛蔵版名無しさん:04/01/16 01:39 ID:/3bM7Okm
>>197
雑誌ラスト紹介サンクス!!
できればもう少し詳しく教えて頂けると、ありがたいのですが・・・


199 :愛蔵版名無しさん:04/01/16 02:45 ID:???
ちょっとうちのものだと文字が読みづらいのですが、セリフなどを書いてみます
下駄の息子が倒れる(雑誌だと並びが違い、倒れるページは右側にあります)
その左側のページ
仁朗「警部・・・・・・奇子はどうだ・・・」
下田「元気でせがれといるよ」
------
仁朗「あんたの息子は・・・・・・奇子にとっていい機会になるかな?」
下田「言うにゃおよばんよ」
------
志子「市朗にいちゃんは気が狂れ、仁朗にいちゃんは逮捕され、伺朗ちゃんは死に・・・・・・    これですっかりおしまいね」
   「あーあっ しかたがないことね・・・・・・・・・・・・・・・・・」
ばあさん「なにぬかす・・・・志子」
(*このコマに志子、奇子、下田息子、ばあさんの姿が確認される)
------
      「まだおめがいる」
      「それに奇子もおる!」
------
      「わだすとてまだ元気じゃ」
      「天外の×はつぶれ××・・・・・・」

少し読みにくいですが、コマごとに区切ってセリフをかいてみました。×はちょっと不鮮明で読み取れないところです。

200 :愛蔵版名無しさん:04/01/16 02:50 ID:???
その次の見開き

昭和四十八年六月三日
東京地裁において祐天寺仁朗の第一回
後半が行われ、
淀山事件の死体遺棄と
お涼殺害の罪に関しては
時効のこともあり不問に
ふされたが、
金城呉成しにまつわる
一連の暗殺事件については
国際問題にもなり、
かなり長期にわたっての
審議がつづくだろう。

市朗は精神病院に廃人同様の身をよこたえ
伺朗と山崎医師は
ひっそり密葬された
のである。

三百年の旧家で
ある天外の一族は
淀山の近代化と
都市化から
置き忘れられ
誰ひとり注意も
むけなくなっていた。



201 :愛蔵版名無しさん:04/01/16 02:57 ID:???
ラストページ

だが、
奇子によって
天外家は新しい時代に
蘇るだろう。
それは稿をあらためて
いつかまた紹介できるで
あろう。

(ここの絵は単行本には入ってないと思います。1ページの上半分を使って左がわに藁、右側に枯れ木。バックにかすんだ山の絵がかいてあります。下半分にはばるぼらの予告が入っています。単行本のラスト2ページは書き下ろしと思われます。)

蛇足ですが、陽だまりの樹も雑誌では最終回が少し違うんですね。

202 :愛蔵版名無しさん:04/01/16 03:06 ID:???
多レスしてすいませんが、下田の息子が倒れるページの下田のセリフが
「波奈夫かっ 生きていたのかっ」になっています。また、
>>199の仁朗のセリフの前に田舎道を車が走っている絵があります。救急車とパトカーでしょうか。

203 :愛蔵版名無しさん:04/01/16 09:32 ID:???
どなたか存じませんが、詳細な説明、多謝です

204 :愛蔵版名無しさん:04/01/16 14:09 ID:???
>>199-202
乙です。
ラストページの文章は何だか続編を期待させるような
雰囲気があるね。

205 :愛蔵版名無しさん:04/01/16 14:36 ID:???
続編を期待させる、雰囲気なのは
ここにある打ち切り説が正しいと仮定して
打ち切りにたいする、作者のせめてもの抵抗?

206 :愛蔵版名無しさん:04/01/16 15:43 ID:???
>>201
第一回公判

207 :愛蔵版名無しさん:04/01/16 19:02 ID:???
雑誌版の方が幸せそう……
下田の息子と奇子には幸せに暮らして欲しい……

208 :愛蔵版名無しさん:04/01/16 21:00 ID:R7znZxqm
なんでまたあんな救いのないラストに...




209 :愛蔵版名無しさん:04/01/16 21:15 ID:???
あの物語がハッピーエンドじゃあムシがよすぎだろ

210 :愛蔵版名無しさん:04/01/17 01:02 ID:Mgd8J1O7
奇子=火の鳥(現代編)

211 :愛蔵版名無しさん:04/01/17 01:23 ID:???
もう少し補足を・・・
雑誌では奇子は一週間で掘り出されたことになっています。
また、掘り出すところのクワの絵もすこし違っています。
発見されたところの絵は、単行本では仁朗は上向いちゃってますが、
雑誌では壁にもたれるようなかんじで顔が見えてます。


212 :愛蔵版名無しさん:04/01/17 01:23 ID:???
生き血を飲んだのはゐばさん。

213 :1.土蔵の底:04/01/17 02:21 ID:???
少し見んうちにえろう話ばはずんどっちゃねぇ〜。
ワシんとこのモニターば あぼーん したさかい、ここ2週間ほど留守にしとったばい。
雑誌掲載時の原稿について詳しく説明してくれちょって感心しました。感謝です。

214 :愛蔵版名無しさん:04/01/17 03:06 ID:???
雑誌のラストと違うという話は初めて知った。
詳しい情報ともども、多謝です。

続編もだけど、天外一族の存続についても、
雑誌の方が希望の持てるラストだったように思う。
単行本だと滅びゆく一族という感じだし、救いがないから。
作品としての完成度は単行本の方が高いのだろうけど、
読後感の悪さも格別だからな〜

215 :愛蔵版名無しさん:04/01/17 14:39 ID:???
>>91
>金城が二朗の腹心になっているのが話の筋からおかしいと言ってるの。
>何の説明も無しでしょ。
>そして二朗がGHQの謀略を暴くまでに至らないので作品が未完成だと思うわけ。

作品のテーマに関係ないとこは省くのが手塚
細かいとこまでダラダラ書いて間延びさせるのが現在の多くの漫画家


216 :愛蔵版名無しさん:04/01/17 18:53 ID:???
ガラスの城の記録=奇子 未来編

217 :愛蔵版名無しさん:04/01/17 19:58 ID:vKRBd8iv
読後感の悪さが最高
きもちいい

218 :愛蔵版名無しさん:04/01/17 21:15 ID:Mgd8J1O7
ガラスの城にも下田が出てくるね。部下=刑事もどき

219 :愛蔵版名無しさん:04/01/18 00:47 ID:eRzFZnEf
>>215えらく亀レスだな。
金城が腹心になってるのは「関係ないことまでダラダラ描く事」じゃねえよ!
朝鮮戦争にからんで米軍将校の爆殺を依頼したのが金城だろ!
それでその依頼を実行しなかった訳だろ?何故再登場で二郎の腹心になっている?
お前の頭の中では何の不整合性も感じずにも無く読み飛ばせる訳だな?
>そして二朗がGHQの謀略を暴くまでに至らないので作品が未完成だと思うわけ。
ここは「省略」じゃねーだろ伏線が生かされてない→未完だって言ってるんだよ。
手塚はこんな大事な事をほっといて平気な奴なのか?もっとストーリーを大事に
する作家だと思ってたよ。
まぁ>>215みたいなのが読者なら適当に書き散らしていれば良いんだから楽だよな。


220 :愛蔵版名無しさん:04/01/18 09:28 ID:8qVRASwF
この作品を呼んでから手塚が恐い
ショックを受けた。

221 :愛蔵版名無しさん:04/01/18 10:33 ID:A0WMRgH4
>>220
アニメ版鉄腕アトムみたいなお子様向けイメージを払拭できてよかったね

222 :愛蔵版名無しさん:04/01/18 12:07 ID:???
>>219
伏線厨はどこにでもいるのね

223 :愛蔵版名無しさん:04/01/18 12:39 ID:tLdf//K7
>>222手塚=神厨の方が馬鹿。手塚も迷惑に思ってるだろう。
反論出来ないんでしょ?w

224 :愛蔵版名無しさん:04/01/18 12:48 ID:???
>>223まあまあどんな作品にも愛着持つ人は居る訳だから、そんなに責めんでも・・・
漏れも「奇子」は糞だと思うが。

225 :愛蔵版名無しさん:04/01/18 13:11 ID:???
>>223馬鹿は何所にでも居る。相手にすんな。
奇子は前半力作、後半駄作、これファイナルアンサー。

226 :愛蔵版名無しさん:04/01/18 13:24 ID:???
215=222としてその主張を受け入れると手塚はえらい糞漫画家という事になるのだが。

227 :愛蔵版名無しさん:04/01/18 15:02 ID:B4L2/Od4
あの連載当時の手塚の精神状態は最悪だった。
虫プロ商事から発して虫プロも倒産し、手塚は終わりと言われて、
信用が壊滅してしまった。借金取りの他にはそれまですりよって来ていた
者も寄りつかなくなり、多くのアシスタントにも暇を出して
少ない連載でしのいでいた時期もある。

228 :愛蔵版名無しさん:04/01/18 15:13 ID:???
>>222こういうのを敗北宣言という。

229 :愛蔵版名無しさん:04/01/18 15:55 ID:???
奇子はアラバスターにも劣る。

230 :愛蔵版名無しさん:04/01/18 18:23 ID:???
>>219
いっそのこと米軍将校爆殺の件がなかったと思えば?
家を出た二郎は怪しいチョンと組んで一儲けした、と。
これでよくね?

231 :愛蔵版名無しさん:04/01/18 20:20 ID:???
>>230いや、おまいの中ではそれで良いのかもしれんが、だったらそのエピソード
削れよと。

232 :愛蔵版名無しさん:04/01/19 05:54 ID:???
>>231
脳内で。
まー、連載なんだし、
途中で設定が変わってしまうのは
仕方ないっすよ。

233 :愛蔵版名無しさん:04/01/19 15:23 ID:j22h8ms8
古本屋で買ったんだけど失敗か?

234 :愛蔵版名無しさん:04/01/19 15:30 ID:???
それがお前の人生

235 :愛蔵版名無しさん:04/01/19 15:46 ID:pqcq47b3
うーん、たぶん、連載修了間際では、まだ継続を書く気があったのかも
しれないが、何かで気が代わってあれで完結にして完成形にしてお払い箱
にしようと考えたのだろうか。。。。
手塚は、戦後の謀略事件にからんで裁判の支援などにも鼻をつっこんで
いた時期があり、これもその派生物の作品とでもいえるかな。しかし
赤旗に漫画を連載などするようになってから、それが関係したのかさだか
ではないが、彼の会社には左前の風が吹き込むようになった。テレビなる
ものは一番資本主義的なものであって、締め出しをその筋から指令されな
かったかどうかは、分からない。田中角栄を揶揄する漫画も多かったしな。

236 :愛蔵版名無しさん:04/01/19 19:13 ID:???
既出かもしれんが陰陽座ってバンドがまんま「奇子」ってタイトルの曲やってる。リーダーが手塚好きらしいけど、9分の大作。相当好きなんだろうね。
ちなみにファンはヴィジュアル系よばわりされるのを嫌うのでヘヴィーメタルと言ってあげてください。(逆に陰陽座をメタル扱いしてると真性メタヲタがあんなもんメタルじゃねえとキレるから注意。)
よーするに上手く使い分けろってことですな。すれティガイすまそ。

237 :愛蔵版名無しさん:04/01/19 20:19 ID:???
全集のあとがきに、続きを描きたいって言ってなかったっけ。
いま手元にないから分からないんだけれど。

238 :愛蔵版名無しさん:04/01/19 20:25 ID:???
>>237
大都社のまえがきには書いてある

239 :愛蔵版名無しさん:04/01/19 23:58 ID:pqcq47b3
大都社ってどうなったの?

240 :愛蔵版名無しさん:04/01/20 01:19 ID:???
気付いた語句修正

キチガイ→狂ってる
白痴→知恵遅れ
部落→村

241 :愛蔵版名無しさん:04/01/20 02:37 ID:JAuRgpVX
上しかもってないけど下巻も買うべき?
続きが気になるけど。。

242 :愛蔵版名無しさん:04/01/20 11:20 ID:???
たかが数百円のことで他人に相談するなよ。明日の昼飯抜いて買え

243 :241:04/01/21 00:45 ID:???
だって読むと鬱になる気がするんだもん

244 :愛蔵版名無しさん:04/01/21 01:09 ID:kiTfnDxP
>読むと鬱になる気がする
それをよんで思い出したこと。

数年前、私が怪我をして入院したときの体験。
見舞いに来た知り合いが、
「自分もよんだことないけど、手塚漫画だから」といって、
見舞いとして持ってきた漫画本が、よりによって『奇子』だった。

その内容を知っている私は、
「入院している相手への見舞いの品物は、もう少し考えたら?」
と思ったけど黙っていた。
ただ心配だったのは、その知り合いの職業が『小学校教師』であること。
小学生にどんな教育をしているのかが、心配になった。
変な話でスマソ。

245 :愛蔵版名無しさん:04/01/21 01:14 ID:0c+4udFU
入院している患者に、BJの全巻を見舞に持ってくるのもあまり良くないな。
他にも、ボンバとか、アラバスターとかも、ふさわしくないように思う。
手塚の真髄は、インテリ的に象徴されるような、陰鬱な暗さを背景として
それからのわずかな希望の光を対比させる作話法である。もっともこれは
大衆受けしないので、大衆受けようには自分の本領をオブラートで包んで
隠しているんだよ。

246 :愛蔵版名無しさん:04/01/21 01:23 ID:???
入院していること事態
欝なことだから、気がめいるくらい話は読みたくない。
手塚先生の漫画で明るい話ってあまりないからさ。
でも健康体で心が欝の時は黒手塚に寄りかかりたいときもある。
入院してるとき読むなら「ブッタ」ならいいんじゃない?

たしかビートたけしもあの入院の時、ベットの上で読破したらしいし
俳優の寺崎も解説で落ち込んでいたとき読んだ「ブッタ」には励まされた
といっていた。



247 :愛蔵版名無しさん:04/01/21 03:12 ID:0c+4udFU
ビートたけしが読んでいたとは、面白い、はじめて聞いたよ、その話。
それなら話が速いな。たけしにあやことか、アラバスターを
作って貰いたいよ。

248 :愛蔵版名無しさん:04/01/21 07:38 ID:???
続きが気になるけど。。            → じゃあ、読め!
だって読むと鬱になる気がするんだもん → じゃあ、読むな!
続きが気になるけど。。            → じゃあ、読め!
だって読むと鬱になる気がするんだもん → じゃあ、読むな!
続きが気になるけど。。            → じゃあ、読め!
だって読むと鬱になる気がするんだもん → じゃあ、読むな!
続きが気になるけど。。            → じゃあ、読め!
だって読むと鬱になる気がするんだもん → じゃあ、読むな!


249 :愛蔵版名無しさん:04/01/21 21:44 ID:LhbySIAM
>>248
キモいよヴォケ。懐漫板から即刻退場しな。

250 :愛蔵版名無しさん:04/01/21 22:14 ID:???
でも248に同意。自分で決めろやヴォケ。

251 :248:04/01/21 23:17 ID:???
>>249
ヤダ!

252 :愛蔵版名無しさん:04/01/22 00:14 ID:7fDXteWI
↑藻前は萬画を読む資格無し。退場。

253 :愛蔵版名無しさん:04/01/22 00:17 ID:???
玉藻前は退散

254 :愛蔵版名無しさん:04/01/22 00:53 ID:???
玉藻前(;´Д`)ハァハァ

255 :愛蔵版名無しさん:04/01/22 01:25 ID:???
>>244
あなたのために手塚を選んでくれたんだよ…

256 :愛蔵版名無しさん:04/01/22 02:34 ID:6MUqOUKu
やってはいけないこと:
胃ガンの患者(特に公務員の場合なら一層)に、
黒澤明の「生きる」のビデオを贈ること。

257 :愛蔵版名無しさん:04/01/22 03:23 ID:???
いやあ、オレの通ってる精神病院なんか「奇子」が置いてあるからなー。
「アトム」ぐらいしか知らない若者達が何気なく読んでへこんでたな。
オレは以前「MW」を読んでたからさほど衝撃を受けなかったけど。
何のために置いてあるのか、なぜ誰も処分しないのかいまだに謎だ。

258 :愛蔵版名無しさん:04/01/22 06:30 ID:???
俺の通っている精神病院には漂流教室とナウシカがある。
開くと「ギャッ!!!!!!」とか描いてあるんですけど。

259 :248:04/01/22 07:24 ID:???
>>252
読む!

260 :愛蔵版名無しさん:04/01/22 12:03 ID:???
黒手塚w
「奇子」「人間昆虫記」「桐人讃歌」「火の鳥」「BJ」から入ったので
「MW」も普通に読んでた。高校生のとき友人が「MW」が気持ち悪い
って言って本をくれた。

261 :愛蔵版名無しさん:04/01/23 13:42 ID:???
「火の鳥」「BJ」は好き

262 :愛蔵版名無しさん:04/01/24 15:48 ID:???
天下伺朗ってアイボつくったソニーの人のペンネームって聞いた事ある。
真偽はわからんが。
ビートたけしは手塚治虫に国民栄誉賞送られるべきって本でいってたな。
晩年の作品は好きじゃなかったようだけど。
漫画大好きの麻生太郎も手塚の国民栄誉賞を働きかけたが理解が得られなかったって

263 :愛蔵版名無しさん:04/01/24 17:40 ID:M7o+mTgc
手塚は生前,国からの勲章を固辞していた.
漫画家などの芸術家が国家権力の道具として利用される危険を唱えていた.
死後に勲章を貰っているのは,彼の遺志を考えず
年金と名誉欲しさのアホな遺族の愚行.

ジャングル大帝のテレビ放送で,総理大臣賞を貰ったりしている
ではないかという批判もあろうが,作品に対する賞と個人に対する
勲章は違う.

264 :愛蔵版名無しさん:04/01/24 20:59 ID:???
当時の虫プロスタッフの励みになったことだろう。

265 :愛蔵版名無しさん:04/01/25 04:30 ID:???
お札にはなってほしい
勲章はいいからさ

266 :愛蔵版名無しさん:04/01/25 09:10 ID:???
鼻の点々の数がびみょーに違う偽札が出回ったりして

267 :愛蔵版名無しさん:04/01/25 11:34 ID:???
二千円札対策に使われそうだw

268 :愛蔵版名無しさん:04/01/25 13:07 ID:???
国民栄誉賞もらってないんだよな。

269 :愛蔵版名無しさん:04/01/25 17:47 ID:wx/DvTPQ
透かしにアトムか。。 裏には鳳凰か。

270 :愛蔵版名無しさん:04/01/25 18:28 ID:???
小説を読んだけど最後の「復讐している」の奇子の顔が怖かった。
途中から山崎からのレイプされそうになったシーンもあったよね。


271 :愛蔵版名無しさん:04/01/25 18:48 ID:???
奇子はレイプされて出来た子供。
怖いシーン
最後のシーン
殺害シーン
レイプシーン
姉が追われているとこ。
好きなシーン
父親と祭りに行くシーン。
奇子の寝顔を見る母と姉。

272 :愛蔵版名無しさん:04/01/25 18:52 ID:???
色んなショッキングドロドロなシーンが多いけどこの家には絆が深かったんだと思
う。
この人達にとって奇子はかけがえのない子だったんだと思う。
>>196
同意。
あんな可愛い子を閉じ込めるなんて出来ないだろう。

273 :愛蔵版名無しさん:04/01/25 19:11 ID:???
リア厨のとき、手塚治虫全集の二巻(奇子が東京へ向かうところで切れる)まで読んで
続きが気になって気になってたまらなかった。
ずいぶんあちこち探し回ったあげく、友人からの情報で数カ月後にやっと三巻をゲット。
ヤター!と思ったけど・・・・・正直そこからはつまんなかった。

274 :愛蔵版名無しさん:04/01/26 22:18 ID:???
後半から(土倉を出てから)は面白くなくなってしまうけど、
やはり描かれている姿勢は手塚の色がよく出ている
それだけに最後のヘタクソな終わり方は残念だった
(だけど、手塚でもこんな終わり方をするんだと喜んだのも事実)

余談だけど、陰陽座の奇子という曲はこの作品をベースにしているが、
さらに濁濁としていて「奇子」感が深まっていく作品

275 :愛蔵版名無しさん:04/01/26 23:00 ID:???
残酷で怖いなと思った

276 :愛蔵版名無しさん:04/01/26 23:02 ID:???
「きみょう」バックスペース「こ」で入力する

277 :愛蔵版名無しさん:04/01/26 23:06 ID:???
キミも辞書登録して、知り合いのアヤコさんをうっかり奇子と呼んでしまおう。

278 :愛蔵版名無しさん:04/01/27 01:06 ID:???
ゐばさんって、旦那の不倫相手のすえや、その結果生まれた奇子を
どちらもわが娘同様に可愛がるぐらい出来た人だけど、
奇子が土蔵にいる間一度も会わなかったってことは
やっぱりいろいろと複雑な感情があったのかなあ。

279 :愛蔵版名無しさん:04/01/27 02:49 ID:???
>>278
っつか、逆に全て家長の意志のままというか
「娘として扱え」とされればかわいがるし
「いないものとして」とされれば無視できるといったような
唯々諾々として自らの意志を捨てる生き方を選んでしまった女…
という解釈をしてますた。

280 :愛蔵版名無しさん:04/01/27 13:42 ID:???
奇子の続き、どうして描かなかったんだろ?

281 :愛蔵版名無しさん:04/01/28 00:45 ID:dSeJ5UKq
今からでもいいから描いて欲しい。

282 :愛蔵版名無しさん:04/01/28 00:50 ID:5mhUC0XR
>>280
全集のあとがきによると、展開も決まっていて描く用意はあったらしいですね。


283 :愛蔵版名無しさん:04/01/28 00:53 ID:5mhUC0XR
>>274
まーあれは無理矢理終わらせた感じもあるけど。とりあえずの『第1部・完』
ってことだとは思うけど。それで言うと『一輝まんだら』はどうなるの???

284 :愛蔵版名無しさん:04/01/28 18:13 ID:???
281が無茶言ってます。

285 :愛蔵版名無しさん:04/01/29 01:09 ID:???
いーや今からでもいい。描いてほしい。

286 :愛蔵版名無しさん:04/01/29 01:14 ID:???
石ノ森プロとかは新作出し続けてるよね。

287 :愛蔵版名無しさん:04/01/29 01:22 ID:7bjWZI0O
老骨に鞭打ってでも描き続けて欲しいぞ。漫画の王様改め漫画の神様などという
世間からの安住を誘う声に屈すること無く、まだまだ引退じゃなくて現役として
死ぬ気で何度でもチャレンジして欲しい。定期連載を持てたら人気が急上昇する
もんだし、大当たりすれば手塚ランドも夢じゃない。

288 :愛蔵版名無しさん:04/01/29 01:53 ID:???
あんまり言うと悲しくなるよ。
手塚治虫だって死にたくて死んだわけじゃないだろうに。

289 :愛蔵版名無しさん:04/01/29 01:55 ID:???
既に人気とか事業的成功とかとは縁のない世界にお住まいのことと思われますが
ここ、突っ込むところですか。

290 :愛蔵版名無しさん:04/01/29 02:08 ID:???
>>281だけなら突っ込むところだが
>>287と続いた以上

釣りの段階をこえて
ネタトークの域とみるべきです

291 :愛蔵版名無しさん:04/01/29 05:51 ID:7bjWZI0O
手塚治虫はロシア文豪の「白痴」という小説/芝居に観せられていた。
それで少女まんがとしてはそよかぜさん/ひまわりさんという作品を描いている
がそれの大人漫画バージョンでは純粋培養された無垢の女性という
(箱入り娘の極端な例として)奇子を構想して描いた。人形のような娘は、
あるいみ手塚の理想であり、中身がなくて誰かに振付けをしてもらうことで
人生なりキャラクターを演じているというようないかにも漫画やアニメ的な
存在が無意識の理想形として存在するような気がする。(スターシステムも
それに合致する)本当は人間には自我はなくて、だれかが遠くから操って
いるだけの存在が自分なのではないかという疑念/妄想はある程度知性が
高い人間なら誰でもいだくが、手塚の場合はかなり強迫観念的に漫画で
そのような思考を展開する。それをもろに描いた小作品もあるし、
なんといっても彼の描く漫画においては登場人物は、原稿用紙の外から
それを眺め、運命を理不尽に操ってドラマスティックにすることで愉悦を
感じ、原稿料を稼いでいる作者が現に存在するという構造を日夜現実と
して作業を行っているのが他ならぬ手塚治虫だったのであるから。
物語の人物の人生とか運命は、誰か第三者の気まぐれでどうにでもされて
しまう。気まぐれで殺されたり、死んだりする。

292 :愛蔵版名無しさん:04/01/29 13:51 ID:???
>>291
へー。
そういえば「人間昆虫記」や「ばるぼら」もテーマ的に似た部分があるね

293 :愛蔵版名無しさん:04/01/29 18:03 ID:???
291はどっかからのコピペなのか???
ちょと冗長な文だが意見としては同意する。

294 :愛蔵版名無しさん:04/01/30 02:27 ID:NRHmxtbQ
この漫画に観せられて、幼女を監禁したり純粋培養しようとしないこと。
仮にしでかして逮捕されても、決して奇子のことは口に出さないように。
秘密を守れ。約束だぞ。いいね。

295 :愛蔵版名無しさん:04/01/30 16:18 ID:???
・・・と>>294は己に言い聞かせるのでした。

296 :愛蔵版名無しさん:04/01/30 20:50 ID:bQaPirW4
うちの近所の図書館は漫画も置いてあって
奇子全3巻があったので読み直すために借りてきました。
小学生が読んだらどう思うんだろうな、これ。

297 :愛蔵版名無しさん:04/01/30 21:35 ID:???
>>296
厨1の子に感想聞いたら、
「奇子がかわいそうだ。悪いのは仁朗なんだから仁朗を閉じ込めればよかったのに」
とのことですた。

298 :愛蔵版名無しさん:04/01/31 13:35 ID:DdqUQjLF
手塚先生に生きて奇子第2部描いて欲しかった。
火の鳥もアトムが出るまで描いてほしかったよ。
しかし、すでに並のマンガ家30人分に匹敵する
作品を遺していた手塚先生に、
天はそれを赦さなかったのか…。

299 :愛蔵版名無しさん:04/01/31 13:54 ID:R8Vwly57
>並のマンガ家30人分

並の??

300 :愛蔵版名無しさん:04/01/31 15:36 ID:???
才能に対して倍率ってのはアレだけどな。300。

301 :愛蔵版名無しさん:04/01/31 20:43 ID:???
はらさんに全部

302 :愛蔵版名無しさん:04/02/01 03:34 ID:???
奇子は俺の親父と同い年だ・・・
だから何だって?と言われても困るけど・・・

303 :愛蔵版名無しさん:04/02/03 02:28 ID:???
これって名作かな?漏れは話があまりに重たくダークすぎて
ちょっと受け付けない。
手塚先生の大人向けは、殆ど黒手塚なんだけど
黒手塚好きの漏れでもあやこは苦手。
mw・きりひと・人間昆虫記は好きだ。



304 :愛蔵版名無しさん:04/02/03 02:30 ID:???
あやこは最後が悲惨すぎて救いが無い。
文庫版を読みましたが、もう一つあるエンディングを読んでみたい。
こっちのほうがもっと悲惨だとかw


305 :愛蔵版名無しさん:04/02/03 10:48 ID:???
ダークさなら、ボンバ!よりは数千倍マシ。

306 :愛蔵版名無しさん:04/02/03 14:01 ID:KtpPCZ3C
主人公・奇子の置かれた状況はあきらに虐待の一種だが、
土蔵に閉じこめられてからは肉体的にも精神的にも苦痛は与えられていない。

ちゃんとトイレ付き天窓付きの地下室なんだな。食事の世話も受けてたし勉強もでけた。
純粋な監禁だ。大家族なるが故・・・・・・今時のバラバラ核家族では無理だな。
トイレにも行かせてもらえず食事もさせてもらえない。ネグレクトってやつですわ。

307 :愛蔵版名無しさん:04/02/03 18:48 ID:???
>>262
斎藤貴男の「カルト資本主義」で「奇子」からペンネームを
取ったことを見てみていたよ>土井さん

308 :愛蔵版名無しさん:04/02/03 18:48 ID:???
× 見てみていたよ
○ 認めていたよ

309 :愛蔵版名無しさん:04/02/03 20:05 ID:???
>>306
ああ、そうだね指摘されてみるとそうですわ。
最近の事件、15歳少年の虐待より数倍まし、あの15歳少年は食事も水も与えらあれず
トイレすら外でやらされていたんだよな。
あやこにはあの母親がいたからか無事だったのか??



310 :愛蔵版名無しさん:04/02/03 22:52 ID:???
>>306
そのへんが却って無気味だったというか…。
子供の世話も教育もちゃんとするという、決してDQNではない家族が
ああいう狂気じみた行動に走るってのが怖い。

311 :愛蔵版名無しさん:04/02/04 01:26 ID:???
>310
セックスの問題じゃないかな
性のタブーが色濃く残っていた時代で、特に田舎は・・・・酷かったんじゃないの。
手塚先生の目的はそういった恥部を描きたかったんじゃない?



312 :愛蔵版名無しさん:04/02/04 01:30 ID:???
310だけど、補足。
つまり奇子の出生が性のタブーで、それを隠そうと奇子を監禁したことが
人間の恥部。
奇子が、戸籍上の母と父から生まれていれば監禁なんかしなかったし
大切に育てられたはず。


313 :愛蔵版名無しさん:04/02/04 01:38 ID:HasUKB8D
轢断事件の犯人を家から出したくない為に、なにか重要な手がかりを
握っているかもしれない奇子を封印したのでは?
低能の女を殺したように奇子も殺そうとしたのに、後に奇子を支えようと
しためがんちの男もわけわからん。大体彼はなぜ米軍のいいなりになって
殺害の犯行の片棒を担がなければならなかったんだろうか?

314 :愛蔵版名無しさん:04/02/04 02:00 ID:???
>>313
戦中戦後に捕虜生活を強いられた。
いろいろあったことは彼・天外仁朗の言動にしばしば現れる。

あの頃の日本人は皆が不信と再生転換の時代で、アメリカ管理のもとの
収容所暮らしをしていた者にとっては牙と骨を抜かれた小市民になるか
米国に激しい憎悪を持つ右翼or左翼になるか、米国の手先になるかの
限られた選択肢しかなかった。

仁朗は知性が勝つ性格から洗脳されることなく、一時的に手先になったというところか・・・・
身の置き所をなくした彼にとっては居心地よかったのかも。

315 :愛蔵版名無しさん:04/02/04 02:24 ID:kq/z9Ht2
>314
貴方のレスを読んで、猛烈にあやこを読みたくなりました。
あやこって奥が深い話なんですね。
近親相姦・監禁がうりのゲテモノ漫画だとおもっていました。
もう読んだのが、10年前でだいぶ忘れてるw。
角川文庫で読みましたが、売ってしまった。
読んだ当時は、ただ陰惨で救いの無い結末だーとしか思わなかったので。
あの頃より大人になったので今度は全集版で読んでみよう。あっ
廉価版が出てるんじゃンw
再読してみます。



316 :愛蔵版名無しさん:04/02/04 21:28 ID:???
>>312
310は漏れなんだが…。
>>313さんも言ってるけど、奇子が戸籍上の母から生まれていたとしても
血のついたシャツを洗っている仁朗を目撃して警察にマークされた時点で
結局同じ運命だったのでは。
自分が無気味に思ったのは、奇子のことを心から可愛がっていた専制君主の親父さんさえ
「家」を守るためなら幼い娘を犠牲にできたってこと。

あと、性のタブーについてはむしろ逆だったと思うよ。
親父さんは、息子の嫁や小作人の女房(お涼の母)に手をつけることぐらい
なんとも思わなかっただろうし、天外家が四百年間やってきたことは
寺の過去帳にもちゃんと記載されてる。
もちろんおおっぴらにすることじゃなかっただろうけど、
タブーみたいなものがあったといってもせいぜいがその程度。
どっちかっていうとそういうことを批判しているのは仁朗や伺朗みたいな、
近代的な考え方になじんでる人間の方だったんじゃないかな。

317 :愛蔵版名無しさん:04/02/04 22:21 ID:???
しかし奇子の出生の秘密を隠すなら市朗夫妻の子とするのが一番自然なのに
父は作右衛門、母はゐばさんもしくは不明という形にしたのは何故なんだろ。


318 :愛蔵版名無しさん:04/02/05 01:09 ID:SU78VLEE
手塚の漫画の一部の作品には、閉所恐怖症が背後にある。
想像するに、狭いところに閉じ込められることに対して
のフォビアがある手塚は、幼少期に、折檻として押入とか
倉に閉じ込められた経験があるのではないだろうか?
死人にくちなしだし。それとこの作品についていえば、
家長制での強権親父に対する反発感というものが感じとられ、
やはり彼が幼時に過ごした家庭環境の影響があるようにも見える。

319 :愛蔵版名無しさん:04/02/05 01:22 ID:0K9EWsj5
高橋留美子の一部の作品には、閉所恐怖症の暗所恐怖症が背後にある。

320 :愛蔵版名無しさん:04/02/05 01:39 ID:???
>>317
作中人物がなぜそうしたのかはわからないけど、
そんな強引なことすら通すことができるという
天外家のすごさを読者に感じさせるって効果はあるな。

321 :面堂終太郎:04/02/05 18:04 ID:???
暗いよー狭いよー怖いよー!!

322 :愛蔵版名無しさん:04/02/08 00:35 ID:UbfqVvzl
八墓村みたいな感じで、映画にして欲しいネ。
ただし、主役の奇子は物語のなかで連続的に成長するので、
配役が極めて難しい。3人姉妹でてきとうに歳が離れていて
顔形が似ているのをスカウトしてこないと。。

323 :愛蔵版名無しさん:04/02/08 14:05 ID:???
>>322
子役をひとりだけスカウトしてきて、成長にあわせて15年ぐらいかけて撮影する。

324 :愛蔵版名無しさん:04/02/08 14:47 ID:???
「北の国から」かよ!

325 :愛蔵版名無しさん:04/02/08 15:05 ID:???
伺郎=えなりかずき

326 :愛蔵版名無しさん:04/02/08 18:32 ID:???
>>323
子役はたいがい太るよ。

327 :愛蔵版名無しさん:04/02/08 21:43 ID:???
暗いよー狭いよー原稿まだだよー!

328 :愛蔵版名無しさん:04/02/08 21:58 ID:???
皆さんもうお買いになられましたか?
手塚治虫ワールドのダークサイド作品群より秀作・奇作の数々を選り抜き集めたコンビニ本。

『手塚治虫恐怖短編集・悪魔の迷宮編』講談社 定価600円

先に発売された『同・妄想の恐怖編』もなかなかの出来でしたが
今回の『悪魔の迷宮編』も逝っちゃってます。
手塚の明るい少年漫画から入り『奇子』を読んで手塚嫌いになった貴方も
『奇子』を読んで手塚の変態性マンセー \(^o^)/ にハマッてしまった貴方も

一読の価値ありありです。コンビニ本で600円とは少し値が張りますが
その分ページ数が500ページ・作品数も13作品もありますので読みごたえ充分です。
黄色っぽい表紙・背表紙をしているので、それを目印にお求めください。
一店舗・ワンコーナーに一冊しか陳列されていません。見かけたら即買いです!!

329 :愛蔵版名無しさん:04/02/09 00:07 ID:???
>>322
別にそっくりさんにする必要はないんじゃないの?
昔大河ドラマでは少女時代が後藤久美子で大人
なったら桜田淳子という配役をしたことあるし。

330 :愛蔵版名無しさん:04/02/09 00:15 ID:???
そもそも原作の奇子も、思春期あたりで容貌が変わるな。
丸いパッチリ目だったのが色っぽいタレ目になったりしてるし。

331 :愛蔵版名無しさん:04/02/09 00:26 ID:???
いっそCGでつくれ。

332 :愛蔵版名無しさん:04/02/09 07:43 ID:???
ふと思ったが

奇子って椅子に似てるな

333 :愛蔵版名無しさん:04/02/09 11:35 ID:tmtPPTbm
                         ,、ァ
                         ,、 '";ィ'   
________              /::::::/l:l
─- 、::::;;;;;;;;;`゙゙''‐ 、    __,,,,......,,,,_/:::::::::/: !|
  . : : : : : : `゙'ヽ、:::゙ヾ´::::::::::::::::::::::`゙゙゙'''‐'、. l|
、、 . : : : : : : : : r'":::::::::::::::::::::::::,r':ぃ::::ヽ::::::::ヽ!                 ,、- 、
.ヽ:゙ヽ; : : : : : :ノ:::::::::::::::::::::;;、-、、゙:::     rー-:'、                /   }¬、
. \::゙、: : : :./::::::::::::::;、-''"::::::::::   ,...,:::,::., :::':、            _,,/,,  ,、.,/   }
   ヽ:ヽ、 /:::::::::::::::::::::::::     _  `゙''‐''"  __,,',,,,___       /~   ヾ::::ツ,、-/
     `ヽ、:::::::::;;;、、--‐‐'''''',,iニ-    _|  、-l、,},,   ̄""'''¬-, '  ''‐-、 .,ノ'゙,i';;;;ツ
   _,,,、-‐l'''"´:::::::'  ,、-'" ,.X,_,,、-v'"''゙''yr-ヽ / ゙゙'ヽ、,    ,.'      j゙,,, ´ 7  >>332
,、-''"    .l:::::::::::;、-''"  ,.-'  ゙、""ヾ'r-;;:l  冫、     ヽ、 /    __,,.ノ:::::ヽ. /  ハハハ、面白い事をおっしゃる。
       l;、-'゙:   ,/      ゞ=‐'"~゙゙') ./. \    /  '''"/::::;:::;r-''‐ヽ
     ,、‐゙ ヽ:::::..,.r'゙         ,,. ,r/ ./    ヽ.   ,'     '、ノ''"   ノ 
   ,、‐'゙     ン;"::::::.       "´ '゙ ´ /      ゙、 ,'            /
  '     //:::::::::            {.        V           /

334 :愛蔵版名無しさん:04/02/09 14:02 ID:???
『椅子(いす)』

戦後、工業団地内で起こった労働争議により地下倉庫に保管される家具・椅子を
軸に繰り広げられるカタログ模様を描いた漫画家・手塚治蟲の傑作。
24年間死蔵されその存在を忘れられていた家具・椅子は傷一つ無い状態で発見され
ネットオークションに出品されるが・・・

335 :愛蔵版名無しさん:04/02/09 15:55 ID:GjOCZcBB
ドラマ化はアニメにこだわっている虫プロが許さないはず

336 :愛蔵版名無しさん:04/02/09 16:00 ID:ujIhFIRM
あるセクスシーンで女性がチンポ型の岩に乗って感じているシーンは
衝撃的でしたね。

337 :愛蔵版名無しさん:04/02/09 22:22 ID:???
確かに衝撃的でした。

338 :愛蔵版名無しさん:04/02/09 22:57 ID:FiBbvXyx
二郎様もエー

339 :愛蔵版名無しさん:04/02/11 00:08 ID:3zGxmslg
虫プロは関係ないよ、無視してよい。
手塚プロと無視プロを混同してはいけないな。
無視プロは東映動画から入って来た組合の活動家が、会社の
破綻後に自主再建した会社で、手塚も「倒産後に労働組合の人が
やっている会社です」と何かに書いていたと思う。

340 :愛蔵版名無しさん:04/02/11 00:43 ID:VTsgnkjv
CSで大島渚のATG映画「儀式」を見たら
設定とか「奇子」に(が?)かなり似てるのよさ

341 :愛蔵版名無しさん:04/02/12 02:11 ID:z5s4e2Ds
さては、大島渚、ぱくったな。

342 :愛蔵版名無しさん:04/02/15 18:13 ID:???
本当のお兄の子供だったら幸せだったのにね。

343 :愛蔵版名無しさん:04/02/15 19:10 ID:???
市朗似の奇子・・・・・・・

344 :愛蔵版名無しさん:04/02/19 01:08 ID:CJLq+4yY
どうして、奇子はにいちゃんの子供を身ごもらなかったんだろうか?
普通、あれぐらい頻繁に致していれば、1年程度で妊娠するものなんだが。

345 :愛蔵版名無しさん:04/02/19 05:05 ID:???
近親相姦の血統で、染色体異常かなんかで
運悪く伺郎は子供が出来ない体だった!!

ここにも天外一族の悲劇が

346 :愛蔵版名無しさん:04/02/19 13:07 ID:???
天外の男どもは古来より家庭内性愛だけでなく近隣在郷の素人玄人の区別なくやりまくってるので
血が濃いんだか薄いんだかもうわけわがんねぇだよ・・・・

347 :愛蔵版名無しさん:04/02/19 13:11 ID:???
にいちゃんは

寸止めの天才だって

すえ姉さんが言っでだけど

こうやって

お腹の上に出すのが

「寸止め外だし」って技け・・・・・

348 :愛蔵版名無しさん:04/02/19 21:01 ID:???
そういや、普通に結婚した市朗にも志子にも子供が出来た形跡がないな。
地下での大量死が起きなくても結局滅びてた?

349 :愛蔵版名無しさん:04/02/21 14:03 ID:???
天外んとこの連中はエンストしたフォーミュラーワンだわな。

350 :愛蔵版名無しさん:04/02/21 14:04 ID:???
なんじゃそりゃ(-_-)

351 :愛蔵版名無しさん:04/02/22 01:11 ID:oKNQ8Qjf
まあ、この作品はあれでいちおう打ち切りになっていて、
男のゆくへはやうとして知れない
という、後味の悪いパタ-ンになっているが、もしもあの先があったと
想像すれば、奇子はその美貌から、大物財界人あるいは政治家に
気に入られて、正妻あるいは妾になる。そうして政財界の裏模様が
描かれてってなぐあいになっていったかもしれない。

ところで、奇子という名前は、編集者の奥さんの名前と音が同じで
あることを知らずに付けたが、嫌がられたという話を作者は披露
していたと思う。

奇子の顔や身体つきは、手塚の近しい人の容貌と人体クロッキ-なのでは
ないかと思うが、そのあたりどうなんだろうか?

352 :愛蔵版名無しさん:04/02/22 08:14 ID:???
ゐばさん=お母さん
すえさん=奥さん
奇子=アシスタント???

353 :愛蔵版名無しさん:04/02/22 08:31 ID:oKNQ8Qjf
奇子って、東京で子供達と遊んで1万円札をあげるっていって配ったり
してたとき既に30近かったと思うので、若かった時の奥さんに似てたりしない?

354 :愛蔵版名無しさん:04/02/22 08:42 ID:oKNQ8Qjf
さらに幼時/少女時代の奇子の姿形は、愛する妹だったりしないのかな?

355 :愛蔵版名無しさん:04/02/22 19:25 ID:???
抑圧された性欲の持ち主は時として傑作を世に残します

356 :愛蔵版名無しさん:04/02/23 18:36 ID:Cpp10AuO
この本にキャッチフレーズをつけるとしたらどんなのがいいと思う?

357 :愛蔵版名無しさん:04/02/23 19:36 ID:???
今明かされる下山事件の真実!

358 :愛蔵版名無しさん:04/02/23 20:53 ID:???
めくるめく禁断の官能!

359 :愛蔵版名無しさん:04/02/24 00:33 ID:g1aYOhGa
旧家の封印された数奇の運命、少女奇子。
兄と妹との秘められた愛欲と束の間の自由。


360 :愛蔵版名無しさん:04/02/24 00:35 ID:g1aYOhGa
手塚治虫の妹ぎみに、聞いてみたいことがあるけど、あの手の質問は
やはりとても切り出せるものではない。

361 :土蔵の底:04/02/25 12:53 ID:???
土蔵の底から見える世界はお空の雲・・・・・それと父ちゃんと姉さんの裸だけです。

362 :愛蔵版名無しさん:04/02/26 00:12 ID:ATgMI+sr
手塚治虫の大人向けのこの路線、
「奇子」「ばるぼら」「きりひと賛歌」「IL」「MW」「鳥人体系」・・・
なんかみんな異常性欲が出てきて、読み終わるとひどく鬱になるというか後味悪し。

363 :愛蔵版名無しさん:04/02/26 00:22 ID:ATgMI+sr
「奇子」・・・近親相姦
「ばるぼら」・・・フェチ
「きりひと賛歌」・・・獣の顔をした修道女を犯す
「IL」・・・コスプレ
「MW」・・・ホモ
「鳥人体系」・・・獣姦
「アラバスター」・・・ロリ、グロ
「人間ども集まれ」・・・無性人間、近親相姦



などなど

364 :愛蔵版名無しさん:04/02/26 02:36 ID:???
変態作品番付を行ったら、
どの作品がトップになるだろうか?

365 :愛蔵版名無しさん:04/02/26 03:10 ID:???
手塚作品って少年向けでも変態性があるよね
例えば、
鉄腕アトム、ケン一、ロックもの→ショタ
バンパイア→人獣ネタ
リボンの騎士→男装女装
火の鳥(特にムーピーが出てくるやつ)→女の姿になった怪生物と脳内トリップ
三つ目が通る、ブラックジャック→マザコン
とかいろいろありますね。

      


366 :愛蔵版名無しさん:04/02/26 05:10 ID:???
あと、
どろろ→実は女の子・ロリ、グロ
てのもありますね

367 :愛蔵版名無しさん:04/02/26 12:30 ID:ATgMI+sr
手塚作品から変態性をとったら何も残らないと思う

368 :愛蔵版名無しさん:04/02/26 14:52 ID:???
>>364
アラバスターだろう。
いや、WMもいいとこいってるか

>>367
まあ、そうだよな。
変態性があってこその手塚!

369 :愛蔵版名無しさん:04/02/26 15:52 ID:???
WMって何だよ俺…… _| ̄|○

そういや、「暗い窓の女」もいいとこついてるな。


370 :愛蔵版名無しさん:04/02/26 18:07 ID:l3SANBiy
そういえばアラバスタ-はコンビニに出てこないね。
関西の一家ことクレ-ム魔に屈したか、手塚プロ。

371 :愛蔵版名無しさん:04/02/26 21:24 ID:zzrCtgul
そうだ、ロリコンになろう。
ロリコンになって、ロリな女の子だけを信じて生きよう。
ロリの可愛さ、ロリの純粋さ、そういうものに自分の人生を捧げたい。
ああ、かわいいよ、ロリよ、その美しさだけが、この世の真実だと思う。
そうか、俺はロリコンになるために産まれてきたのか、


372 :愛蔵版名無しさん:04/02/28 01:26 ID:R8rk9Y/n
やっぱりウランちゃん1/2がとっても危なくて子供心に興奮したな。小学2年
だったけど.


373 :愛蔵版名無しさん:04/02/28 09:39 ID:???
昨日この漫画を立ち読み読破したのよ(しかも徹夜明けで)
そしたら始めて読む作品のクセに、ティムコ岩周辺のやり取りにデジャヴを感じたんよ
まあ酷い精神状態だったから気のせいだと思ったんだがね、このスレを見ていたら
たったいま思い出した。俺幼稚園前〜小学生時に、家でやってた店に暇潰し用に置いてあった本で『奇子』読んでいた
そうだ、俺少しだけ漢字読めたのに、たしか『奇子』って字が読めなかった(普通の読みじゃないし)
ああ・・・そうか。そうか。だとしたら当時の俺が、なんであんな理解不能な事を知ってたのか、そしてしたのかが分かった
はは、俺は手塚の手の平で踊らされてたって訳か。ハハハ・・・

374 :愛蔵版名無しさん:04/03/02 20:52 ID:xmWrYV55
手塚治虫の変態作品の専門スレはここでいいよね。

375 :愛蔵版名無しさん:04/03/02 20:54 ID:xmWrYV55
手塚治虫の変態作品の専門スレはここでいいよね。

376 :愛蔵版名無しさん:04/03/02 20:55 ID:xmWrYV55
手塚の変態作品の専用スレはここでつか?

377 :愛蔵版名無しさん:04/03/02 21:02 ID:???
ここもケモホモか(w

378 :愛蔵版名無しさん:04/03/11 04:23 ID:???
お涼が可愛い

379 :愛蔵版名無しさん:04/03/12 03:38 ID:???
お涼はいいよね
「奇子」じゃなかったら良いポジションもらって活躍できたはずなのに・・・・

「どろろ」だとか「三つ目」だとか「ブラックジャック」にでていればいい味だしたかもね。
ただ手塚はキャラクター死なせる悪い癖があったからお涼には死の匂いがつきまとう。

380 :愛蔵版名無しさん:04/03/12 03:46 ID:haS1n++9
死ぬのが早かったのが残念

381 :愛蔵版名無しさん:04/03/14 13:09 ID:???
「魚っこの柄があい好きだ、ウフフ…」 (*´Д`)モエ-

382 :愛蔵版名無しさん:04/03/15 00:01 ID:???
お涼が身近に居たら正直ムラムラ来てしまうと思う

383 :愛蔵版名無しさん:04/03/15 00:55 ID:???
最初流し読みしてて、お涼は本当に仁朗とやったのかと思ってしまった。

384 :愛蔵版名無しさん:04/03/15 15:32 ID:1/fasXtV
仁朗の
「ものの半時間でしたか……お涼は…処女だとわかったのです」
の後、誰かお涼と肉体関係を持っていた人物がこの嘘を暴く
展開を期待していた俺。

385 :愛蔵版名無しさん:04/03/16 02:43 ID:faGqm0dn
最初主人公は天外司朗だと思う。だけども、途中から司朗は当分の間
でてこなくなりますね。

ああ、本作品が、実写で、そっくりなキャラクター勢ぞろいで、リアルな
セットと背景で、ドラマとして映画館の大スクリーンで観られたら良いのにね。
もちろん奇子の地下室も再現される。そうして、、、、

386 :愛蔵版名無しさん:04/03/16 05:29 ID:???
伺朗が奇子とFUCKしてしまったのが残念でならない
ストーリー無視した勝手な感想スマソ

387 :愛蔵版名無しさん:04/03/16 11:03 ID:faGqm0dn
>386
手塚の深層意識としては、兄と妹の禁断の愛、
それこそがまさに描きたくて、本作品を描いたの
だから、それを省略したら欲求が満たされないよ。

手塚の作品には、仲の良い兄と妹(けっして姉と弟には
ならない)が相思相愛になるが世間の目を気にして、、、
というものがある。

海のトリトンであっても、表面上はトリトンとピピは
最後に生き残ったトリトン族の男と女だが、仮想的には
兄と妹と見なすことができる。ピピのあかちゃんだった
頃から身の回りに居たわけだし。

鉄腕アトムでは、妹のウランを長期連載と読者サービス
の為に導入したことになっているが、真意は違ったのでは
ないか? アトムの一家は、手塚の一家と家族構成がまったく
同じになっている。コバルトを殺したりしてしまうところに、
兄と弟の葛藤が秘められているといえるのではないか?
(後に、コバルトは死ななかったことに改められているが。)

388 :愛蔵版名無しさん:04/03/16 22:48 ID:???
考えすぎだ

389 :愛蔵版名無しさん:04/03/16 23:14 ID:???
>>387
いやいや、自分としては「なるほど……」と目からウロコが2・3枚。
こういう精神分析的批評ってあんまり濫発されると「どうよ?」って感じがあるんだけど、
言われてみれば、確かに手塚作品においては「兄と妹」というモチーフが頻出してるよね。
……何かをかんぐってしまいたくなるくらいにw
ちょっと違う感じなのは「和登さん&写楽」コンビくらいなのだろうか?

漫画界における一つの潮流として、手塚→石森→永井っていう系譜があると思うんだけど、
石森・永井作品って、手塚とは対照的に「姉と弟」というモチーフが頻出してるよね?
その辺、387はどう捉えているのか聞いてみたいような……あ、スレ違いか。スマソ。

390 :お涼:04/03/16 23:17 ID:???
三点リーダーちゃんと使う>>389があい好きだ ウフフフ……

391 :愛蔵版名無しさん:04/03/17 01:23 ID:???
えーと沖縄の海を舞台にした作品あったよね
オニヒトデとか埋め立て開発とかの話
あれって姉と弟の話だぁね(一線は越えてないけど・・・)

392 :愛蔵版名無しさん:04/03/17 02:26 ID:???
>>389
手塚の作品構築法は思索型。しかも冷めたモノの見方してるし。
平和だとかヒューマニズムを前面に押し出してる割に他人を突き放す話が多い。
基本的に人間嫌いなのね手塚は。作品みてると解る。
人間不信が強いからこそ自らの作品でそれを問う形になる。
「俺(主人公=手塚)はこんなに人間として(理性的に)頑張っているのにこの世の中(周囲)ときたら・・・」
だから手塚の主人公キャラって理知的なのが多い
結果として相手役は反理知的、つまり馬鹿か精神的に幼いか本当に幼いかのどれかになる
例:アトムとウラン、BJとピノコ、茜丸とブチ、きりひとと麗華、トリトンとピピ
まぁ漫才でいうところのボケとツッコミやね
相手役に妹(癒し役)をもってくるのは人情として理解できる。

対して豪ちゃんと章ちゃんは突き放したモノの見方してない。
基本的に人間を信じている、人間好きなのね二人とも。
人間(他人)に対して暖かいまなざし(気持ち)を持ってる。
人間を信じてるからこそ、コントロールできない力に翻弄され
野獣のように突っ走っしる人間を安心して描ける。
だから主人公キャラは暴走タイプ(やんちゃ坊主)が多い
相手役は止め役、つまり世話焼きタイプ・姉(擬似的母親)になる。
→そういえば、手塚作品でも暴走タイプの写楽には世話焼きの和登さんだな。

永井豪と石の森章太郎は母親の愛情をちゃんと受けワガママも言えて育ったんだろうな。
とすると、もしかしたら手塚は母親と確執があるのかもしれないね・・・・・・
良い子でなければならなかったから今ひとつ人間を信じ切れない。
手塚作品全体を通して見ると、そんな気がしてならない。

393 :愛蔵版名無しさん:04/03/17 02:35 ID:???
手塚マンガには母親タイプのキャラっていないね

394 :愛蔵版名無しさん:04/03/17 02:42 ID:???
「アポロの歌」の渡ひろみ

395 :愛蔵版名無しさん:04/03/17 03:02 ID:???
受け入れる受け入れないともめて破局を迎える
近石昭吾はひろみ=母的存在に受け入れられたと思った矢先
ひろみは死体になってたもんね。
母親を描こうとして苦悩しながら結局は描き切れてない不完全燃焼。

396 :愛蔵版名無しさん:04/03/18 00:35 ID:???
>>392
なるほど。
主人公キャラと対照的なキャラにすると必然的に……というコトですね。
構造的な分析、すごく分かり易いです。
ただ「手塚=不信」「石森・永井=信頼」って構図は言えるのかなあ?
両氏の作品見てると、人間に対してかなり絶望したり突き放したり
あるいは嘲笑ったりしてるようなw。
まあ、作家の育った環境が作品に反映されていると考え方に立つと、
石森・永井ともにまず「お姉ちゃんコ」だったのでは……
というコトも単純に言えるのかもw
リビドー(?)の作品への現われ方が、この手塚→石森→永井というラインでは
なぜ、兄/妹、姉/弟と、兄弟姉妹を対象にした形をとりがちなんでしょうね?
同じ倒錯した近親愛でも父/娘、母/息子というパターンもあるのに。
……トキワ荘派の伝統なのかなあ?w

あ、手塚の「人間不信」というコトについては、その家庭環境よりも、
多感な時期に「終戦」によるドンデン返しがあったことの方が
要因としては大きいように思えます。たびたび作品内でも語られてますし……
それがホントかどうかはアレだけどw。このヘン作家論の難しいトコかと。

397 :愛蔵版名無しさん:04/03/18 16:47 ID:UUChWUJ9
手塚の父は、戦争に行って死んでしまっただろうと思っていたら、
ひょっこり返って来た。父が戦争に出かけて居ない、あるいは
死んだと思われた時から母は急にしっかりし出して、そのため、
父が戻って来てからも、父の心理的存在感が薄くなってしまった。

その外にも、父に対して反感を覚えていたと思われる傾向があり、
父親が死んで。。。という話が特に初期の作品には印象的だ。

398 :愛蔵版名無しさん:04/03/18 19:27 ID:???
藤子不二夫Aの「まんが道」の続編で読んだんだけど
石森はよき理解者だったお姉さんを若くして亡くしてるよね。
このことが作品に影響しているのかな。

399 :愛蔵版名無しさん:04/03/18 23:26 ID:???
>>393
和登さん

400 :愛蔵版名無しさん:04/03/18 23:27 ID:???
>398
テレビでやってた話だと、003の外観はお姉さんがモデルらしい。
お姉さんの写真も画面に出てきたんだけど、頬がふっくらしてて、
眼の綺麗なところがよく似てた。
赤塚さん曰く「石森はジャガイモみたいな顔してるけど、
お姉さんは凄い美人だった」とか。

401 :愛蔵版名無しさん:04/03/19 01:29 ID:???
石森さんの描く姉像は
和服美人もイケイケでサディスティックな姉貴も至極イキイキしてる。
それに対して妹的キャラは存在感うすいですよね。

402 :愛蔵版名無しさん:04/03/20 21:47 ID:RLA63Ei/
不思議なあの子だかは、有名な映画、ジェニーの肖像画、のほぼパクりとも
言えるオマージュだからな。ちなみに
きみたちも漫画許りみて居ないで、名作の映画で手塚石森藤子が感動した
であろう作品を機会をとらえてみたらよい。1950年代は、ハリウッドの
戦前の物も含めて、名作映画が、日本にどんどん上映公開された時期に
あたる。ハリウッドの黄金期は1930年代なのだが、40年代に入っても
戦争中でも映画はどんどん作られていた。

手塚の作品も、かなりのものがアメリカなどの白黒時代も含めた
映画から多大な影響、模倣がみられる。藤子たちは、映画の内容の
ダイジェストのようなものを描いていたりもしている。


403 :愛蔵版名無しさん:04/03/21 15:58 ID:???
>>402
ここにカキコしてる香具師の大半は30代〜50代
それも一般からは外れてる価値観な連中ばかりだ
壱千九百参拾年あたりの映画は観てる香具師も結構いる

そしてその映画を観て映画板へ逝くとそこでは
「君たちも大衆娯楽である映画ばかり観てないで、それらの母体となった文学・小説を読んでみたまえ」
となり、紹介された小説を読み小説板に逝くとそこでは
「君たちも嘘八百を羅列した絵空事の小説ばかり読んでいないで、それらを生み出した背景である歴史を勉強したまえ」
となり、歴史を勉強して歴史板へ逝くとそこでは
「君たちも勉強ばかりしてないでマンガでも読みたまえ、少しは人間性を回復させることが出来るよ」
となり、マンガを読んでこのスレに辿り着いた人は>>402を読んで・・・・・・・・・・・・

404 :愛蔵版名無しさん:04/03/21 16:02 ID:???
>>402 は自らの人間性を「セッシュ」していまツ

405 :愛蔵版名無しさん:04/03/21 16:39 ID:???
子供のころ「ちっちのかわりに、ちぃでた〜」の意味がわかんなかったな〜。
あの格好を見ると、親には聞けない感じだったし。

406 :愛蔵版名無しさん:04/03/21 21:22 ID:???
>>402
どうでもいいけど、「Portrait of Jennie」の邦題って
普通「ジェニーの肖像」というのでは。

407 :愛蔵版名無しさん:04/03/22 19:20 ID:???
奇子タンが土蔵に閉じ込められたその日に
階段で我慢できずにちっちしてしまうところ
かわいそうすぎてしかたない。

408 :愛蔵版名無しさん:04/04/01 12:29 ID:???
中折れ帽被って髭を生やした仁朗兄ちゃん、カッコ(・∀・)イイ

409 :愛蔵版名無しさん:04/04/02 20:22 ID:???
このスレも土蔵の中の奇子と同様に忘却の彼方に・・・・・・・・・

410 :愛蔵版名無しさん:04/04/02 20:44 ID:svntBAVh
なんで土蔵に閉じこめられたんだっけ?
昔読んだけど忘れちゃった。
誰か簡単に教えて。

411 :愛蔵版名無しさん:04/04/02 23:52 ID:???
殺人事件に関わった兄貴が血染めのシャツを洗っているところを
目撃してしまったからその口封じのため・・・だったはず

412 :愛蔵版名無しさん:04/04/03 00:04 ID:???
奇子タンって土蔵に閉じこめられた頃は結構しっかりした女の子だったのに
だんだん幼児退行しちゃうんだよね。
なんかその辺、ピノコに似ている。

413 :愛蔵版名無しさん:04/04/04 00:46 ID:FlJlh8s4
恭謙!恭謙!

414 :愛蔵版名無しさん:04/04/04 07:50 ID:zcjPRnUB
近所のコンビニには置いてないんだけれど『KADOKAWA絶品コミック』ってのは紙質は少年誌みたいな感じなんですか?
多少保存の利く紙質なら探し回るんだけれどヽ(´ー`)ノ通常コミック買ったほうがいいのかな?!

415 :愛蔵版名無しさん:04/04/04 10:21 ID:???
>>412
いくらしっかりしてるとは言っても4歳ではなあ
ピノコは姿は幼児だけど中身は赤ん坊だから仕方ない

416 :愛蔵版名無しさん:04/04/05 01:34 ID:???
ここが手塚変態作品総合スレッドと聞いて来ました。
小生、ショタなのですがお勧めの作品ありますか?
奇子は萌えませんでした。MWってどうなの?ショタ的に萌えます?

417 :愛蔵版名無しさん:04/04/05 03:39 ID:???
ありゃあショタとは無縁だろう
写楽君じゃダメか?ブッダはどうよ?

418 :愛蔵版名無しさん:04/04/07 00:06 ID:???
ルードウィヒ・B だろう

419 :愛蔵版名無しさん:04/04/07 02:45 ID:???
ブッキラは?

420 :愛蔵版名無しさん:04/04/08 06:49 ID:???
今の若手漫画家&編集部はロリやショタやヤオイの受けを当て込んで
ハッキリした路線展開を示すから表紙絵を見ただけで判断できるよね。
でも手塚は大昔の作家だからなかなか判別しづらいよな。

アトムやケン一や「ふしぎな少年」なんかはショタ臭プンプンなんだが
いかんせん古すぎて今のショタコンにはピンとこないだろうし・・・

421 :愛蔵版名無しさん:04/04/08 13:54 ID:???
しかし本当に正太郎くんに萌えるショタコンなんて
今いるのかなぁ…。

422 :愛蔵版名無しさん:04/04/08 22:22 ID:???
「アポロの歌」を最近買って、主人公に萌えてしまいました

423 :愛蔵版名無しさん:04/04/08 23:09 ID:???
「鉄人28号」カラー版新作が先日テレビ放映された。
白黒・旧作の作風を大切にした最新作です。
縛られた正太郎くんが床に転がされたシーンで
短パンからのびた脚に萌えてしまいました・・・・・・
私はショタではないのに、おかしいなぁー???

424 :愛蔵版名無しさん:04/04/14 22:12 ID:WGNuxdFf
アリャリャ

425 :愛蔵版名無しさん:04/04/15 12:14 ID:???
横山さんが火事で全身大ヤケドで重体・・・・
頑張れ!! 生きろ!!

426 :愛蔵版名無しさん:04/04/15 18:30 ID:???
お涼萌え。でも最初の方で殺されたのが萎え。

427 :愛蔵版名無しさん:04/04/17 00:14 ID:???
ショタコンの正太郎くんって
やはり原作漫画の方をさすの?
アニメの太陽鉄人の正太郎君だと思ってたけど。


428 :愛蔵版名無しさん:04/04/17 02:48 ID:1lUGdFm/
アポロの歌は、小学校高学年〜中学生向きです。太宰マニアあたりにも
受けるかも知れません。あれを是非ともアニメ化して欲しかった。

429 :愛蔵版名無しさん:04/04/18 01:10 ID:???
横山光輝が死んじゃったよ・・・・・
ロボット物・魔法少女物・忍者物・超能力物各ジャンルの先駆的作品の生みの親が

合掌

430 :愛蔵版名無しさん:04/04/18 01:12 ID:???
もう手塚や横山と同期で生き残ってるのはゲゲゲの水木しげるだけだな

431 :愛蔵版名無しさん:04/04/18 02:14 ID:???
手塚に「先輩に向かってその口の聞き方はなんだ」とのたまった加藤芳郎も生きてるけど
漫画描いてないしな。

432 :愛蔵版名無しさん:04/04/18 02:48 ID:KcsdMTVO
横山正太郎君は、どうみても手塚の初期のケン一君ですね。

433 :愛蔵版名無しさん:04/04/24 22:34 ID:???
>>431
そいつに「神様に向かってその口の聞き方はなんだ」・・・ってのは言いすぎか

434 :愛蔵版名無しさん:04/04/25 02:16 ID:87c3Yr5q
いかに、それまでの大人漫画のやつらが、徒党を組み、狭い世界の中で
階層を作って先輩後輩を設けて、日本画壇同様の家元制度もどきを形成
していたかが伺えるね。子供漫画よりも大人漫画の方が高級だとか、
一流新聞誌に載っている漫画が子供雑誌のものよりも上で、しかも
4コマ漫画よりも一コマ漫画、それも政治風刺の漫画が最上であるという
価値の系列化、そういうものに毒されたもの。。。。。。。

手塚のポリシーは、結局、大衆に人気が出なければ、如何に高尚な
理念を唱えても、ダメだ。もしもそういうことをしたいのなら、
漫画意外のメディア(文字による書籍など)がある。という割り切りかた。
先輩後輩もなく、結局その時点での人気が全てという厳しい真剣勝負の
世界だという認識。だから、手塚はかなり長持ちしたのだ。

435 :愛蔵版名無しさん:04/04/25 23:16 ID:???
>>431
白組キャプテンね。

436 :愛蔵版名無しさん:04/04/25 23:30 ID:???
>>435
壇ふみさんとか市毛良枝さんとか思い出すな。

関係ないんだけどなぜか竹下景子さんはらたいらさんまで浮かんだ。

111 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)