5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【徹底】この間、新宿のバージンで【討論】

1 :囚人番号弐番 ◆qStv8nRzQo :04/01/07 09:15
この間新宿のヴァージンレコードで閉店セールスやってたから行った。
アニメのサントラはJ−POPの後ろな訳だが、背後から声がする。
「なんだよヲタかよ」と思って後ろを向くと親子連れがいた。
んで、娘が親の持ってきたCDを見て「僕はさ〜〜」なんて言ってた。
女の一人称が『僕』って言うのは非常におかしい。つーか寒気した。
なんか昔、パーティー会場にもそんな香具師いた・・・
一人称が『僕』っていう女はキモイ!

2 :おたく、名無しさん?:04/01/07 10:12
あんたがそう思う事と
いちいちスレを立てることに
何のつながりが?

3 :おたく、名無しさん?:04/01/07 10:21
ヘタレバツイチ男は、今日も仕事で疲れきって、遅くなって家に帰ってきた。
すると、彼の5歳になる息子がドアのところで待っていたのである。彼は驚いて言った。
「まだ起きていたのか。もう遅いから早く寝なさい」
「パパ、寝る前に聞きたいことがあるんだけど」
「なんだ?」
「パパは、1時間にいくらお金をかせぐの?」
「お前には関係ないことだ」ヘタレなリーマンである父親はイライラして言った。
「なんだって、そんなこと聞くんだ?」
「どうしても知りたいだけなの。1時間にいくらなの?」男の子は嘆願した。
「あまり給料は良くないさ…20ドルくらいだな。ただし残業代はタダだ」
「わぁ」男の子は言った。「ねえ、パパ。ボクに10ドル貸してくれない?」
「なんだって!」疲れていた父親は激昂した。
「お前が何不自由なく暮らせるためにオレは働いているんだ。それが金が欲しいだなんて。
だめだ! 早く部屋に行って寝なさい!」
男の子は、黙って自分の部屋に行った。
しばらくして、父親は後悔し始めた。少し厳しく叱りすぎたかもしれない…。
たぶん、息子はどうしても買わなくちゃならないものがあったのだろう。
それに、今まで息子はそんなに何かをねだるってことはしなかった…。
男は、息子の部屋に行くと、そっとドアを開けた。
「もう、寝ちゃったかい?」彼は小さな声で言った。
「ううん。パパ」男の子の声がした。少し泣いているようだ。
「今日は長いこと働いていたし、ちょっとイライラしてたんだ…ほら。お前の10ドルだよ」
男の子は、ベッドから起きあがって、顔を輝かせた。
「ありがとう。パパ!」
そして、小さな手を枕の下に入れると、数枚の硬貨を取り出した。
父親はちょっとびっくりして言った。「おいおい、もういくらか持ってるじゃないか」
「だって足りなかったんだもん。でももう足りたよ」男の子は答えた。
そして、10ドル札と硬貨を父親に差しのべて言った。
「パパ。ボク、20ドル持ってるの。これでパパの1時間を買えるよね?」

4 :囚人番号弐番 ◆qStv8nRzQo :04/01/07 12:38
>>2
そう思ってる人がいるかとオモタので。
スマソ・・・・

5 :惡代官 ◆Qe60PGas62 :04/01/07 23:10
はて、僕女はむしろ萌え萌えな部類に入るが…。

6 :ボランティア:04/01/11 14:33
萌えますね。

7 :長州力:04/01/12 17:46
恥ずかしい店名だな

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)