5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

長門かよこは陽の当たらない所から(・∀・)デルナ!!

1 :秋冬厨:04/01/19 23:42 ID:???
こんなに辛いのに
生きることはこんなに辛いのに
オレたちを差し置いて
かよこが幸せになるなんて許さない

かよこには幸せなんて似合わない
かよこには友達なんて似合わない
かよこには笑顔なんて似合わない
かよこには太陽の光なんて似合わない

泣いている、曇っている、むくれている、恥ずかしがっている
キミの姿は美しい
さあ、キミをもっともっと美しくてあげるよ
かよこ
永遠の暗黒の少女よ

503 :メロン名無しさん:04/02/15 10:33 ID:???
実はキュアブラックはキモオタどもに蹂躙されまくる毎日に嫌気のさしたかよこが、
引っ越して改名したうえにスポーツ万能少女にイメチェンした姿なんだよ!

504 :メロン名無しさん:04/02/15 11:03 ID:???
そしてキュアホワイトは女装した漏れ。

505 :メロン名無しさん:04/02/15 16:49 ID:???
        .、、丶1: 、、、: : .:          
      : : .:、":    : : ..: : `.-'、、:        
     丶:    : : : : : .  : : : : : : `:        
    :     : : :.,,,_,、丶:`-  .,,,,,,_、、      
    :   ,,r‐'': : : {,wぇ=|‐!,,rs,,`,,、    ロリコンとか変態と呼ばれるのは一向に構わないし、 
    .‐,,、'"、    `-,,,、,,┘  ゙ ̄`,,,_     
    .と: ヒ :       .イ'ニハiiぃ ̄  ゙l   むしろ誇らしいぐらいだが、  
    .″: レ'        .,,,',ニ,、、    |     
    'L:        ゙'''",“゙゚“'゙'・・   l    萌えオタと呼ばれるのは、なぜか非常に違和感を感じる。
    .″         ゙゚"``゜ : 、  .,!  
    .‐       .ェ       .`:  .7   理由はよく分からないが・・・・   
     丶         ~'...ri、,,,,,,xl": : : ,i´     
     `、       : ``````: : : :_,i″     
     .、: 丶    : : : : : : : : : : .,,rl″      
    : :    :         : 、"`"






506 :メロン名無しさん:04/02/15 17:25 ID:???
★犯罪状況:少年の性被害、過去最悪の7376件 03年

・警察庁は5日、少年をめぐる昨年の犯罪状況をまとめ、発表した。
 性犯罪被害(強姦(ごうかん)、強制わいせつ)は前年比7%増の7376件に
 上り、統計が残る72年以降で最低だった90年の3倍に達して過去最高と
 なった。一方、刑法犯で検挙された少年は14万4404人で、対象世代
 1000人当たり17.5人となり、戦後最悪だった82、83年(18.8人)に
 迫る勢いだ。

 強制わいせつは6233件で性犯罪被害の8割以上を占めた。強姦も7年
 連続増えて1143件。連れ去りなど略取誘拐(217件)も6%増えた。

 強制わいせつの被害者は、高校生2381人▽小学生1789人▽中学生
 889人の順。小1の女児(6)が路上で会社員に口を手でふさがれ、
 「静かにしろ」と脅されて駐車場に連れ込まれた強制わいせつ事件
 (昨年5月、東京)▽自転車の女子高校生(16)が少年に土手から
 突き落とされ、暴行された婦女暴行傷害事件(同7月、秋田)などがあった。
 (一部略)
 http://www.mainichi.co.jp/news/flash/shakai/20040206k0000e040001000c.html

507 :メロン名無しさん:04/02/15 20:58 ID:???
ロリコン 変態 ロリコン 変態 ロリコン 変態 ロリコン 変態 ロリコン 変態 ロリコン 変態
ロリコン 変態 ロリコン 変態 ロリコン 変態 ロリコン 変態 ロリコン 変態 ロリコン 変態
ロリコン 変態 ロリコン 変態 ロリコン 変態 ロリコン 変態 ロリコン 変態 ロリコン 変態
ロリコン 変態 ロリコン 変態 ロリコン 変態 ロリコン 変態 ロリコン 変態 ロリコン 変態
ロリコン 変態 ロリコン 変態 ロリコン 変態 ロリコン 変態 ロリコン 変態 ロリコン 変態
ロリコン 変態 ロリコン 変態 ロリコン 変態 ロリコン 変態 ロリコン 変態 ロリコン 変態
ロリコン 変態 ロリコン 変態 ロリコン 変態 ロリコン 変態 ロリコン 変態 ロリコン 変態
ロリコン 変態 ロリコン 変態 ロリコン 変態 ロリコン 変態 ロリコン 変態 ロリコン 変態
ロリコン 変態 ロリコン 変態 ロリコン 変態 ロリコン 変態 ロリコン 変態 ロリコン 変態
ロリコン 変態 ロリコン 変態 ロリコン 変態 ロリコン 変態 ロリコン 変態 ロリコン 変態
ロリコン 変態 ロリコン 変態 ロリコン 変態 ロリコン 変態 ロリコン 変態 ロリコン 変態
ロリコン 変態 ロリコン 変態 ロリコン 変態 ロリコン 変態 ロリコン 変態 ロリコン 変態

ってコレだけ言われるより、

       萌えオタ

これだけの方がイヤなんか・・・・・


やっぱりここのヲタはよくわからん(藁

508 :メロン名無しさん:04/02/15 21:14 ID:???
502 :メロン名無しさん :04/02/15 08:55 ID:???
↓ プリキュアを見終わったロリヲタ


503 :メロン名無しさん :04/02/15 10:33 ID:???
実はキュアブラックはキモオタどもに蹂躙されまくる毎日に嫌気のさしたかよこが、
引っ越して改名したうえにスポーツ万能少女にイメチェンした姿なんだよ!



ワラタ
ていうか荒ら氏もプリキュアちゃんとチェックしてんのなw

509 :メロン名無しさん:04/02/16 01:40 ID:???
まあ、わざわざこんな板まで来るぐらいだから、荒らし本人もアニオタなんろう。

510 :メロン名無しさん:04/02/16 01:41 ID:???
何浪って何だ漏れ

511 :メロン名無しさん:04/02/16 03:39 ID:???
アナル(あなる) 男同士のセックスで使用される器官。当サイトの象徴にしてホモ小説の原点。 和名:肛門
イク(いく) 射精すること。漢字では「達く」と書いたりする。英語では「come」らしい。
いや イヤよイヤよもイイのうち。受がセックス中にこの単語を発したときは、必ずしも文字どおりの意味とは限らないが、
一歩まちがえると犯罪になってしまう。
一人称(いちにんしょう) 本人をさす場合とその所有物をさす場合とがある。 類義語:彼、人名
1.○○はおれの前にひざまずくと、ちょうど目の前にあるズボンのジッパーをゆっくりとおろしはじめた。→本人
2.なかから取りだしたおれを捧げもつと、先端の部分だけを口にくわえる。→所有物
受(うけ) セックスにおける挿入される側。
生まれたときから死ぬまで受であり続ける「真性受タイプ」と、子供のころは受でも大人になると攻に転向する
「仮性受タイプ」の2種に大別できるが、圧倒的に前者が多いようだ。
一般に「小柄」「華奢」「色白」「大きな目」「長いまつげ」「薄い体毛」「色素がうすい」などの身体的特徴をもつ。 対義語:攻
〜受(〜うけ) 受を分類するために使われる単語。その用法は、
1.行動から名付けられるもの 例:誘い受(自分から誘いをかける受)
2.外見から名付けられるもの 例:おやじ受、メガネ受
3.職業・役職・立場から名付けられるもの 例:先生受、上司受
の3種類に分類ことができる。
典型的な受というよりは、希少価値の高いものに名づけられることが多いようだ。
SM(えすえむ) ホモ小説においては攻がS、受がMの役をすることが多い。といっても本格的なものは少なく、
せいぜい縛ったりバイブを使ったりするのが殆どである。
幼なじみ(おさななじみ) 相手もそう思っているとは限らない。 類義語:親友



512 :メロン名無しさん:04/02/16 03:41 ID:???
私立校(しりつこう) 公立校に比べるとホモ含有率が高いようだ。
進学校(しんがくこう) 学園ものに多用されるオプション。美形は頭もいいに越したことはない。
スーツ(すーつ) 男の戦闘服。ネクタイは必需品。(詳しくはネクタイの項を参照のこと)
スカトロ(すかとろ) 糞尿を使用することによって楽しむ大人の遊戯。近年ではリサイクルの観点からも注目され直している――わけはない。
生徒会長
(せいとかいちょう) 学園ものに君臨するカリスマ。
美貌と頭脳と運動神経をすべて備えた、一見パーフェクトな人物であることが多いが、性格は必ずしもよいとは限らない。むしろ一癖ある性格の持ち主がほとんどで、セックスにも反映されている。
実家が金持ちであることも多く、全生徒のあこがれ的存在。その性質上からか、攻率がとても高い。
セックス(せっくす) 愛の交換作業。人間これがなければはじまらない。ズボンにとっての社会の窓のような存在である。
ホモ小説においては、膣のかわりに受の肛門へペニスを挿入することで成立する。
攻(せめ) セックスにおける挿入する側。一般に受と比べて、大柄で男らしい容姿・体格をしていることが多い。
ナニも大きく力強いものを所持し、「疲れているから勃たない」などという言い訳は通用しない厳しい世界である。
一度のセックスにおける射精回数は受に比べると少なく、かわりに持久力が要求される。 対義語:受
攻もどき(せめもどき) はたからはどう見ても受であるにもかかわらず、自分のことを攻だと思いこんでいる者。


513 :メロン名無しさん:04/02/16 03:43 ID:???
体毛(たいもう) 頭髪以外は描写されることが少ない。わき毛、胸毛、すね毛はもちろんのこと、たとえセックスのとき
「成人かつ性別=攻、これで生えてないなんてことは絶対にありえない」といったキャラであっても、その描写は
しないで済ませたほうが無難のようだ。一般に陰部の描写は、陰茎(ペニス)>陰嚢(フクロ)>陰毛の順で好まれている。
ただし受の場合、「薄い」「あまり生えていない」「まだ生えていない」という設定は、清楚感や未成熟感をあおるため大
いに推奨される傾向がある。 男子校(だんしこう) ホモの巣窟。ここに入ると、次第に同性が可愛く見えるようになってくる。
男子寮(だんしりょう) 男たちが群れ集って寝食をともにしている空間。男密度が極限にまで高まっているため衛生状態
が悪いのか、ホモの空気感染が起こるらしい。ひとたびカップルが発生すると、友人・隣室をつたってあっという間に
寮中へ広まる可能性がある。 (だんしといれ) 個室には大抵ふたりで入る。すでに個室ではない。
乳首(ちくび) ホモ小説中ではもっぱら受が感じるとされる性感帯。大抵の受はここを弄られると感じてしまため、
「ここをつまんでみれば受か攻かの区別がつく」といわれるほどに受のみが独自の進化を遂げた器官で
ある。ごくまれにまったく感じない受もいるが、徐々に開発してゆくのもまた、男同士ならではの楽しみである。
 別名:「果実」「胸の飾り」 つぼみ 肛門の雅語。この言葉は決して攻の肛門に対して使ってはいけない。
(使ったら犯されると思ったほうがよい)ピンクやサーモン色の瑞々しくも愛らしい肛門のみこの称号を受ける資格をもつ、



514 :メロン名無しさん:04/02/16 03:51 ID:???
俺は今、病院で入院生活を送っている。病気ではない。怪我のためである。
そもそも俺が救急車で病院に運び込まれたのは、1週間ほど前のことであった。
なぜそんなハメになったかというと、仲間のリーダー格の増田が目を付けていた女を、そうとは知らず睡眠薬を飲ませて
強姦してしまい、それが仲間にばれてしまったことがもともとの原因である。
そして俺は仲間に呼び出され、10人がかりでリンチを受けたのだ。
仲間達は、オヤジ狩りはもちろん、恐喝や強盗など、悪いことが大好きであったため、俺は本気で殺されると思った。
ところが、命は助かった。俺がされたのは、リンチはリンチでもレイプであったからだ。取り囲まれて裸にされ、
肛門に大きな男自身を突っ込まれた俺は、すぐに痛みで気を失った。ところが、
次の瞬間にはまた痛みで意識が戻る、その繰り返しだった。
10人は何度も何度も俺の中へ侵入し、やっと満足すると、その場に俺を放置して帰っていった。


515 :メロン名無しさん:04/02/16 03:51 ID:???
その頃には、俺の肛門は脱肛および裂傷状態で、かなりの痛みと出血を伴っていた。俺は意識が朦朧として、
立ち上がることさえできなかった。
やがて通行人に発見された俺は、救急車で病院に運ばれた。
医師や看護婦さんの会話から、俺の肛門はばっくり開いて、業界用語で言うカリフラワー状態だったことがわかった。
しばらくして病院に駆けつけてきた両親は、息子がリンチを受けたらしいと聞いて顔面蒼白だったが、
俺の怪我が肛門だけだと知るとほっとした表情をして帰っていった。
そして、その日から俺の入院生活が始まった。
毎日、きれいな看護婦さんが来て、1日2回俺の肛門に塗り薬を塗ってくれた。最初は、えっ!こんなきれいな女性の
白魚のような手で、俺の肛門なんか触っていいのか!と心配していたが、
塗り薬はチューブ式で、肛門にぷすっと刺してチューブを押し、それで薬を内部に入れる仕組みだった。
俺の元へ看護婦さんが来る度、隣のベッドの老人が、
「いいのう、いいのう。」
と羨ましがった。看護婦さんがいつも俺に、「さあ、今日もお尻にお薬塗りましょうね。」と言って、ベッドのまわりのカーテンを
閉めるので、きっと手でお尻に薬を塗ってもらってると思っているようだが、
は大きな勘違いであった。
 そしてその日も俺の元へ看護婦さんがやって来て、いつものように薬を塗ってくれた。俺は看護婦さんに肛門を見せなければ
ならないのが非常に苦痛で、薬を塗布する際はいつも無口になっていた。


516 :メロン名無しさん:04/02/16 03:52 ID:???
「遠藤くん、もうだいぶよくなってきたわよ。」
 看護婦さんは俺の肛門をじっと見つめると言った。
「はあ、そうですか。」
「遠藤くんの傷は完治するからまだいいわよ。」
「そうですね。」
 今日の看護婦さんは美人で結構好きなタイプだったので、会話の内容の情けなさにますます俺の気分は暗くなっていった。
「この前、入院してた患者さんは大変だったのよ。」
「そうなんですか?」
「無理矢理お尻の穴にいろんなもの入れられちゃって、それが取れなくなっちゃって、放置してたら直腸が壊死して結局人口肛門よ。」
「そんなことってあるんですか?」
「そう、最初お腹が痛いって来たときは、熱が出て、お腹がパンパンに膨れた状態だったのね。でも原因がわかんなくてレントゲン撮ったら、お
腹の中にいろんな影があるからみんなびっくりしちゃったわよ。」
「何が入ってたんですか?」
「もういろいろ。石とか、サインペンとか、ヘアスプレーの缶とか。」
「それは怖いですね。」
「そうよ、だから遠藤くんもオナニーするときは、ちゃんと入れたものの先が外に出るようにしとかないとダメよ。」
「自分じゃ出せない場合があるから。」
「はあ。」
「冗談じゃなくてこれはまじめな話。ほんと気をつけてね。」
「はあ、わかりました。」
 そんなオナニーのやり方があったのかと俺は初めて知った。みんなそんなことしてるんだろうか?
れから何日かして、俺もやっと退院できることになった。もちろん完全に治ったわけではないので、処方された塗り薬を自宅で塗り続けなければならない。
迎えに来る予定だった母親は、急に予定が入り来られなくなったため、代わりに友達が俺を迎えに来るということだった。友達と聞いて、俺は隣に住
む幼馴染の顔を思い出した。最近は顔を合わせることもないが、何が原因で怪我をしたのか深く追求されたら嫌だなあと思っていた。
そして退院当日、退院のために荷物をまとめていると、部屋に大勢人が入ってきた。その人物達の顔を見た俺は、衝撃で動くこともできなくなった。
なんとそこには、俺をリンチした当人達が全員揃っていたからだ。
「遠藤くん、今日退院だってね。お母さんから聞いてると思うけど、迎えに来たよ。」
 

517 :メロン名無しさん:04/02/16 04:39 ID:???
>>509の何気ないひと言に痛い所を突かれたらしい>>511-516

518 :メロン名無しさん:04/02/16 07:06 ID:???
\\ヽ               i / /     ´//
            ,,,,,,,、:::::::::、,,,,,,       ̄,フ
         、〃 ゝ−、'''''、;;;;ヾ 7>、     ノ
       / し ´/⌒>     レヘ>、    |\
       /:::::〈  〃⌒_   )   _ )            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      /::::: |    ヘ//|⌒ ̄ヽヘノヘ     |\   < さよか、それはよかったのぉ!
      |:::: 〃       |     |   |         ‖ \____________
       /⌒ヽ/        (`     ´) /|      |−<
     | |ヽ |=     / ^− −^ `| |        ヽ−
     ヽ  〉|≡\  /   ;;;;;;;;;;;;;;;   |  ヽヽ        ̄フ   ||
      ゝ_|   |∠−'''~       ̄ヽ〉  |−<       |−<
       /  |  `−   '''` ̄ ̄`''   /     ヽ         ヽ −
       |   `ヽ、           ∠,,       −        ̄ノ
 _,,、‐( ̄`'−、,_ ̄`'−、, _ ;;;;;;;/\  ̄`'−、,_ _ ̄ノ
     \      ̄`''−、,   /    \      \ `'−、,_    ∧_∧   ∧_∧
       \        ><       ヽ       ヽ     \ ((( ´∀`))) ( ´,_ゝ`)

519 :メロン名無しさん:04/02/16 07:22 ID:???
レアルの糞がまた買収しやがって、朝から気分が悪いので
仕事前にかよたんに膣出し

ああーーークソがッ!!!!
おまえか?おまえが審判をそそのかしたんだろう
ええかよこッ!!

520 :メロン名無しさん:04/02/16 07:43 ID:???
\\ヽ               i / /     ´//
            ,,,,,,,、:::::::::、,,,,,,       ̄,フ
         、〃 ゝ−、'''''、;;;;ヾ 7>、     ノ
       / し ´/⌒>     レヘ>、    |\
       /:::::〈  〃⌒_   )   _ )            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      /::::: |    ヘ//|⌒ ̄ヽヘノヘ     |\   < さよか、それはよかったのぉ!
      |:::: 〃       |     |   |         ‖ \____________
       /⌒ヽ/        (`     ´) /|      |−<
     | |ヽ |=     / ^− −^ `| |        ヽ−
     ヽ  〉|≡\  /   ;;;;;;;;;;;;;;;   |  ヽヽ        ̄フ   ||
      ゝ_|   |∠−'''~       ̄ヽ〉  |−<       |−<
       /  |  `−   '''` ̄ ̄`''   /     ヽ         ヽ −
       |   `ヽ、           ∠,,       −        ̄ノ
 _,,、‐( ̄`'−、,_ ̄`'−、, _ ;;;;;;;/\  ̄`'−、,_ _ ̄ノ
     \      ̄`''−、,   /    \      \ `'−、,_    ∧_∧   ∧_∧
       \        ><       ヽ       ヽ     \ ((( ´∀`))) ( ´,_ゝ`)

521 :メロン名無しさん:04/02/16 10:40 ID:???
かよたん、今日は月曜日だよ? こんな時間なのに家で何してるの?
おっとオナ2−中でしたか失礼! つらい浮世を忘れたかったんだね…。

522 :メロン名無しさん:04/02/16 16:32 ID:???
おまえらもう意地になってるね。
本当はどうでもいいんだろう?

523 :かよこ:04/02/16 21:09 ID:???
どうしてわたしの部屋は
チャイムが聞こえてくるんだろう

昔、学校に行けないでいる時
美空小のチャイムが聞こえてくるのが嫌で嫌でしかたなかった

そしたら、美空中のチャイムも聞こえてくるなんて
同じ事で、また悩む日が来るなんて
思いもよらなかった



やめて!やめて!
わたし、なんにも聞かないから!

524 :メロン名無しさん:04/02/16 21:52 ID:???
 ┌───────────────────┐
 │┌─────────────────┐│
 ||     , -‐‐-‐、._.                 ||
 ||   .,.'   .|ヽ  `、                ||
 ||   /  培 ヽア l              ||
 ||  .l   ,.-ー\/、 _ l    ∩___∩.  ||
 ||  |  /.__';__..ン、   /        ヽ. ||
 ||  / /<二> ,.、<二>!゙、 ./  ●    ● ヽ. ||
 || .//--──.' ヽ`‐‐┘\!    (_●_)  .ミ||
 ||<-'(6  .,.,、  "!)  | , 彡  ;:;:;ヽ_|.| 、.  ||
 || `‐、_''ヽ;:;:;:;:;)ニ┃;:;ノ ' / ___;:;ノ_ノ ./´>||
 |│___l二 ` ー_'_ニl__.(___)    |(__ ||
 ||―――'   | |   .l二二二二二l   |  ..||
 |└─────────────────┘│
 |  Jan 10, 2004                     |
 |                                |
 |           親 友 と               |
 |                                |
 |                      冬の表にて   |
 └───────────────────┘

525 :メロン名無しさん:04/02/16 21:55 ID:???
>523
マジレスすると、かよたん、それは幻聴だから精神科にみてもらったほうがいいよ。

526 :メロン名無しさん:04/02/16 21:56 ID:???
 ∧__∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
(●´Д゚●) < そんなことより聞いてくれ荒ら氏よ
         \_____________________

         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ∧__∧   | この前 ウンコがしたくなりコンビニに行ったんだ  
(●´∀゚●) < で、便器に座ってふと横を見たら
          | 「トイレットペーパー以外の物は詰まりの原因になりますので流さないでください」
         | と書いてあった
         | だから俺はウンコは便器の横でして、尻を拭いたペーパーだけを流してしまった
          \_____________________

        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ∧_, ._∧  |  そしたら店員が来て、大きなピンセットみたいな物でウンコを一粒一粒拾いながら
(●´Д゚●)<  「おまえわざとか?」と言ってきた
        |  俺は悪くないのにイヤミ言われてアタッマきた 
        \_____________________

527 :メロン名無しさん:04/02/17 01:51 ID:ULe2TgiH
かよちゃんを瓶詰めしたい

528 :メロン名無しさん:04/02/17 02:27 ID:???
かよたんを樽に詰めて、ナイアガラの滝に放り込む。

529 :メロン名無しさん:04/02/17 02:38 ID:???
そして俺も飛び込む。
一緒に無間地獄へ行けるだろう。(決定事項)

530 :メロン名無しさん:04/02/17 02:41 ID:???
瓶詰めの作り方

・材料を火にかける。
・煮た物をすり潰す。
・瓶に詰める。
・コルクで蓋をし蝋で固める。

531 :メロン名無しさん:04/02/17 03:02 ID:???
                                   |
     ∩─ー、    そんなエサで俺様がクマー!    |
   / ● 、_ `ヽ                        |
  /  ( ●  ● |つ                    ε=(  :::::)=3 
  |  /(入__ノ ミ              (⌒ ⌒ヽ      ̄ ̄
   、 (_/   ノ             (´⌒  ⌒  ⌒ヾ
   \___ノ゙           ('⌒ ; ⌒   ::⌒  )
    ( ̄ ̄ ̄ ̄┴-      (´     )     ::: )   _____
     |  (    *≡≡≡≡≡三(´⌒;:    ::⌒`) :;  ) |____  \□ □
    /  /   ∧   \    (⌒::   ::     ::⌒ )        / /   _____
    / /   / U\   \   (    ゝ  ヾ 丶  ソ      / /   |_____|
   / / ( ̄)  | |\  ( ̄)   ヽ  ヾ  ノノ  ノ       / /
  / ( ノ  (   | |  \ ノ (                       ̄
⊂- ┘(    ) └--┘ (    )
     UUUU      UUUU

532 :メロン名無しさん:04/02/17 03:05 ID:???
一般  あにめ   萌え   ロリ   かよこ
 ┝━━━┿━━━┿━━━┿━━━┥
              ∩___∩   /)
              | ノ      ヽ  ( i )))
             /  ●   ● | / /
             |    ( _●_)  |ノ /
            彡、   |∪|    ,/
            /    ヽノ   /´

533 :メロン名無しさん:04/02/17 03:07 ID:???
         ,r ───── 、
      /       ”   \
     /       _”     \
    /       /  ”" \   ヽ
    .|     /        \  l
    |    /___         _\ |
    |   /    _ ̄ヽ   /_  | |
    |   i  <((●)ヽ   /(●) フ ヽヽ
   /^ヽ、!     ̄ ̄     ̄ ̄   | l
   | i り        (   ヽ     / ノ
   |ヽー l         `、,´     / |   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   |   ヽ    ' ー=ニニニ=- '  /  |  |  おまえらウゼーンダヨ!
   ノ     | \    ̄ ̄  /   | <   童貞は私の乳見て
  /     |   `  ̄ ̄ ̄ ´ |     |  |  ブッコいてりゃいいだよ!キモヲタ!
 /      ノ            人     |  \_________

534 :メロン名無しさん:04/02/17 03:11 ID:???
長門かよこは不幸の権化。

こいつが生まれた日は新月で、皆既日食で皆既月食。
太陽活動が並外れて低かったために太陽黒点が一個も無く、
冷夏&大型ハリケーン&大寒波&爆弾低気圧の四重奏。
例年に無く寒かった年。まさに氷河期寸前レベル。
加えて閏年の如月二十九日、仏滅・さんりんぼう・不成就日。
全人類のみならず地球上の全ての生きとし生けるものにとって
「不幸」のランクが一つ繰り下がった最悪の日。まさに悲劇。
宇宙史の汚点。


535 :メロン名無しさん:04/02/17 05:31 ID:???


    _ □□    _      ___、、、              
  //_   [][]//   ,,-―''':::::::::::::::ヽヾヽ':::::/、  誰  某 ヲ  こ
//  \\  //  /::::::::::::::::::::::::::::::i l | l i:::::::ミ  だ  ス タ   の
 ̄      ̄   ̄/ /:::::::::,,,-‐,/i/`''' ̄ ̄ ̄ `i::;|  あ  レ  ク   糞
―`―--^--、__   /:::::::::=ソ   / ヽ、 /   ,,|/   っ  で  板   ス
/f ),fヽ,-、     ノ  | 三 i <ニ`-, ノ /、-ニニ' 」') !! 晒  に   レ
  i'/ /^~i f-iノ   |三 彡 t ̄ 。` ソ ハ_゙'、 ̄。,フ | ) (笑) す  あ   を 
,,,     l'ノ j    ノ::i⌒ヽ;;|   ̄ ̄ / _ヽ、 ̄  ゙i )    の  る
  ` '' -  /    ノ::| ヽミ   `_,(_  i\_  `i ヽ、 ∧ ∧ ∧ ∧
     ///  |:::| ( ミ   / __ニ'__`i |  Y  Y Y Y Y
   ,-"        ,|:::ヽ  ミ   /-───―-`l  |  //     |    
   |  //    l::::::::l\    ||||||||||||||||||||||/  |     // |   
  /     ____.|:::::::|    、  `ー-―――┴ /    __,,..-'| 
 /゙ー、,-―'''XXXX `''l::,/|    ー- 、__ ̄_,,-"、_,-''XXXXX |
/XX/ XXXXXXXXXX| |         _,  /ノXXXXXXXXXX|

536 :メロン名無しさん:04/02/17 06:57 ID:???
      __,,,,_
    /´      ̄`ヽ,
    / 〃  _,ァ---‐一ヘヽ
   i  /´       リ}   ウヘウヘ
   |   〉.   -‐   '''ー {! 
   |   |   ‐ー  くー |  __,,,,_
   ヤヽリ ´゚  ,r "_,,>、 ゚'/´    ̄`ヽ,
   ヽ_」     ト‐=‐ァ'/ 〃       ヽ
    ゝ i、   ` `二 /     リ i    }
    /⌒  - - ,i    _,-=‐'`―'=ー、;!
  / /|  。   i    リ ーー'  、ー‐'i |
  \ \|    亠|   リ゜ ´  (. .〉  } !
    \⊇  /干|ii!   |    ー=-' !   
      |     |     ヽ、_   ̄,/  ワタクシも三十路・・・
     ( /⌒v⌒| i ii !!_ノ   ̄ ̄|   熟女で御座いますわ!
  パンパン|     丶/⌒ - - \     ハァハァ
      / \    |  |     / |
      /  ノ\__|  |__三_ノ|  |
     /  /パンパン|  |      |  |
    /__/     |  |      |  |
            ⊆ |     | ⊇
     皇太子殿下と紀宮様が性交の最中の様です。

537 :メロン名無しさん:04/02/17 06:58 ID:???
        , -ー'''""""''‐- 、     
      /          ヽ    
     /             \  
     /              i   
    /-、ー_;'ニ=-ヽ       |           ヽヽ
    .( l;l'~   i,6 |       |       ──┐ |  |
    ヽ'      ,ノ       |          /  |  |
     ( 、;,  /         /          ノ    ノ  ┐
     l;;,,,.,,,.|         /              ヽヽ   ┴
       |        /            ──┐ |  |
     ヽニ'`` ;;::"    /                 /  |  |
       .i;:;:;;:;"(⌒ー- 、ー⌒i     ・〜       ノ     ノ  ┐
          /  ( ⌒ `' ⌒)              ヽヽ     ┴
        /  / 、  ノ*ヽ  ∬  〜∞      ──┐ |  |  |  |
        / /   /''i,;(`;、\  \            / . |  |  |  |
       / / ( ̄) ;;゙、;;;';)\  ( ̄)        ノ    ノ    ノ
      / (_ノ  ( .;!':;'.ノ ∫\ノ (
     ⊂-‐┘(    ),;:(;,:;( ∬- (    )
          uuuUU ,;";:・':;'゙`ヾ  UUuuu
              ゙;"''∵ ' :"‘ 

538 :かよこ:04/02/17 18:23 ID:???
お母さんが、ご飯以外の時間に
わたしの部屋をノックしてきた
なにかと思ったら、フリースクールのチラシを持ってきた

いや!わたしそんなのに行かない!
かよちゃんでもこことってもいい学校だって自然の中でお野菜を育てて
そんなのいや!行きたくない!
でもかよちゃんいつまでもこのままじゃそれだったらいっそねっ一回見学だけでも
うるさいなもうわたしに構わないでもう出てって

バタン





539 :メロン名無しさん:04/02/17 21:57 ID:???
非力な漏れでも
片手で首をつかんで持ち上げられそうだ、かよたん

ギリギリギリ・・・
おや、お漏らしかい?w

540 :メロン名無しさん:04/02/17 22:20 ID:???
かよたんは傷ついた小鳥を優しく手当てしたいました。
ところがそれをクラスメートに見られるとあわてて握り殺して、
「あんたらもいつかこうしてやる!」と地面に投げ捨てました。
かよたんの心の闇は深い…。

541 :メロン名無しさん:04/02/17 22:51 ID:???
>>540 お前の心の闇の方が深い…。 死ね。きちがい。

542 :メロン名無しさん:04/02/17 23:39 ID:???
>>540の喉深くかよたんのゲロを流し込んでやる
そして器官に詰まらせてやる

さぞかし本望だろうよ

543 :メロン名無しさん:04/02/18 00:03 ID:???

         /│          /│
        / │______/_│       
       / ̄ ̄ /;;;;;/       丶
      / ̄ ̄\/;;;;;/ / ̄ ̄ ̄   丶
     /  ̄ ̄丶;;;;;/// ̄ ̄ ̄     丶
    │ ̄丶_/_;;;;/      / ̄ ̄ ̄ ̄│
    │  (__)        /       │
    │   _______   /        │
      \  /   │  │ │        /
      \/_│ │   ││       /
        ‖ ̄ ̄    │_____/
        ‖  /\/ ̄/      │
         \/ /  ノ       │ 
        /  ̄ ̄ ̄丶       │   
      /        丶      / /
    _丿          丶__/ /    
    │\       / ̄ ̄丶   /  
    │  \__/│   │ ̄ ̄ __/
    │        │   │   /
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      ̄ ̄


544 :メロン名無しさん:04/02/18 00:04 ID:???

         /│          /│
        / │______/_│       
       / ̄ ̄ /;;;;;/       丶
      / ̄ ̄\/;;;;;/ / ̄ ̄ ̄   丶
     /  ̄ ̄丶;;;;;/// ̄ ̄ ̄     丶
    │  ̄丶_/_;;;;/      / ̄ ̄ ̄ ̄│
    │  (__)        /       │
    │   _______   /        │
     \  /   │  │ │        /
      \/_│ │   ││       /
        ‖ ̄ ̄    │_____/
        ‖  /\/ ̄/      │
         \/ /  ノ       │ 
        /  ̄ ̄ ̄丶       │   
      /        丶      / /
    _丿          丶__/ /    
    │\       / ̄ ̄丶   /  
    │  \__/│   │ ̄ ̄ __/
    │        │   │   /
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      ̄ ̄


545 :メロン名無しさん:04/02/18 00:05 ID:???

          /│          /│
        / │______/_│       
       / ̄ ̄ /;;;;;/       丶
      / ̄ ̄\/;;;;;/ / ̄ ̄ ̄   丶
     /  ̄ ̄丶;;;;;/// ̄ ̄ ̄     丶
    │  ̄丶_/_;;;;/      / ̄ ̄ ̄ ̄│
    │  (__)        /       │
    │   _______   /        │
     \  /   │  │ │        /
      \/_│ │   ││       /
        ‖ ̄ ̄    │_____/
        ‖  /\/ ̄/      │
         \/ /  ノ       │ 
        /  ̄ ̄ ̄丶       │   
      /        丶      / /
    _丿          丶__/ /    
    │\       / ̄ ̄丶   /  
    │  \__/│   │ ̄ ̄ __/
    │        │   │   /
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      ̄ ̄

546 :メロン名無しさん:04/02/18 00:06 ID:???

         /│          /│
        / │______/_│       
       / ̄ ̄ /;;;;;/       丶
      / ̄ ̄\/;;;;;/ / ̄ ̄ ̄   丶
     /  ̄ ̄丶;;;;;/// ̄ ̄ ̄     丶
    │  ̄丶_/_;;;;/      / ̄ ̄ ̄ ̄│
    │  (__)        /       │
    │   _______   /        │
     \  /   │  │ │        /
      \/_│ │   ││       /
        ‖ ̄ ̄    │_____/
        ‖  /\/ ̄/      │
         \/ /  ノ       │ 
        /  ̄ ̄ ̄丶       │   
      /        丶      / /
    _丿          丶__/ /    
    │\       / ̄ ̄丶   /  
    │  \__/│   │ ̄ ̄ __/
    │        │   │   /
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      ̄ ̄
こんなもんでどうだ?

547 :メロン名無しさん:04/02/18 00:07 ID:???

         /│          /│
        / │______/_│       
       / ̄ ̄ /;;;;;/       丶
      / ̄ ̄\/;;;;;/ / ̄ ̄ ̄   丶
     /  ̄ ̄丶;;;;;/// ̄ ̄ ̄     丶
      ̄丶_/_;;;;/      / ̄ ̄ ̄ ̄│
    │  (__)        /       │
    │   _______   /        │
     \  /   │  │ │        /
      \/_│ │   ││       /
        ‖ ̄ ̄    │_____/
        ‖  /\/ ̄/      │
         \/ /  ノ       │ 
        /  ̄ ̄ ̄丶       │   
      /        丶      / /
    _丿          丶__/ /    
    │\       / ̄ ̄丶   /  
    │  \__/│   │ ̄ ̄ __/
    │        │   │   /
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      ̄ ̄
こうだな

548 :メロン名無しさん:04/02/18 00:18 ID:???
AA荒らし君は馬鹿の権化。

こいつが生まれた日は満月で、金冠日食。
太陽活動が並外れて活発だったために黒点だらけのダルメシアン。
水不足&火山噴火&暖冬の三重奏。例年に無く暑かった年。
南極の氷の半分が融け、オセアニアの島々が一斉に沈む。
加えてミレニアムの師走二十四日、大安吉日・一粒万倍日。
全人類のみならず地球上の全ての生きとし生けるものにとって
「知能」のランクが一つ繰り上がった極楽の日。まさに喜劇。
宇宙史の笑点。

549 :メロン名無しさん:04/02/18 03:26 ID:???
      /::::::::::::::::::)(:::)(:::::::::::)(::::::^:::::\
      (::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::::::::::\
    /::::::::::/ノ::::::::ノ::::::::ヽ:人::::::::::ヽ::::::::::::::::::)
    (::::::::::::::::/  ):::ノ::::ノ ) ソ ヾ::::::::::::丶::::ヽ
   (::::::::::::/ 彡  ノ   ノ  :: 彡:/)) ::::::::::)   
   (::::::::::/彡彡彡彡彡   ミミミミミミミ :::::::::::)
   ( :::::::// ̄ ̄ ̄ ̄ヽ===/ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ |:::::::::)
     | =ロ -=・=-   ‖ ‖   -=・=- ロ===
     |:/ ‖      /ノ ヽ\       ‖ ヽ|ヽ       
     |/  ヽ`======/  .⌒ ` ========ノ. ..| |   
    (         (●  ●)         )
   (        /  l l   \        )     
    (      // ̄ ̄ ̄ ̄\:\      )
    (     )::::|. ⊂ニニ⊃  | ::::(:     )   <ロリコンがやめられません……
     (:::: o ::::::::::\____/  :::::::::   ) 
      (ヽ  ヽ:::: _- ::::: ⌒:: :::::::::: -_   ノ
       \丶\_::_:::::_:::: :::::_/:::: /
        | \ \ ::::::::::: :::::::::: ::: ::__/ |
    ̄ ̄\ 丶  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    / ̄ ̄



550 :メロン名無しさん:04/02/18 03:34 ID:???
 僕は太郎といいます。都内の企業に勤める、24才のごくごく平凡なサラリーマンです。
でも、僕には秘密があります。それは、男の人しか好きになれないということです。
さらに恥ずかしいのですが、僕はSMプレイが大好きなのです。20歳頃に初めてつきあった、長門さんという男の人がきっかけでした。
 知り合ってまだ間もないある日の夕方、長門さんの部屋へ遊びに行った時のことです。
彼はまだ仕事から帰っていなかったので、僕は渡されていた合鍵で中に入りました。
忙しい社会人のせいか、彼の部屋は散らかっていて、布団も敷きっぱなしでした。
僕は、彼を喜ばせようと思って、部屋を片づけていきました。
 ふと、枕もとを見ると、ゲイ雑誌が目に入りました。筋肉質な男の人のイラストと、
『SM特集号』という文字が目に入りました。それまでに、僕はSMという言葉は聞いたことがあっても、
実際にどんなものかはまだ、はっきりと知りませんでした。
 エッチな好奇心がわいてきて、その雑誌をめくった瞬間、僕はショックを受けました。
そこには、縄で全身をきつく縛られ、足をMの形に固定されている全裸の男の人の写真が載っていたのです。
股間には、何か太い棒のようなものが入れられ、両方の乳首にはなぜか、洗濯ばさみがはさんでありました。
 さらに僕を驚かせたのは、その男の人が、なんとも言えない快楽の表情を浮かべているように見えたことでした。
(こ、これがSMなんだ…。気持ちいいのかなぁ?)
 僕は余りの衝撃で、しばらくそこに立ちつくしてしまいました。
 そのうち、彼が仕事から帰って来ました。
「おう、来てたんだ。部屋かたづけてたの?ありがとな」
 長門さんにお礼を言われました。
そこで、僕はおそるおそる、さっきの雑誌のことをたずねて見ました。
「あぁ、それか。マニアな友達にもらったんだ。気持ち良さそうだろ?」
「気持ちいいって…?あんなことされて…、気持ちいいんですか?」
僕はとまどって、そう聞き返しました。
「えぇっ?太郎、SM知らないのか?」
 長門さんは、まるで常識のない人を見るような表情で、僕の顔を眺めたのです。

551 :メロン名無しさん:04/02/18 03:37 ID:???
その夜、僕は、初めて長門さんの部屋に泊まることになりました。二人で晩ご飯を作って食べ、
そのあと、どきどきしながら、一緒にお風呂に入りました。そして、長門さんと身体を洗い合ったり、
お互いのペニスを軽く触ったりしました。
お風呂から上がるとパジャマを着て、二人でワインを飲みました。
それから、長門さんは僕の着ているものを脱がせて、裸にしてしまいました。
「太郎って、ぴちぴちでエッチな身体してるんだな」
長門さんは、僕の全身をいやらしく撫で回しながら、耳もとでそうささやきました。
「はあぁん」
僕は、エッチなため息を漏らしました。おちんちんは、すでに大きくなり始めていました。
「もう、勃起してきちゃった…」
僕は、自分の身体の恥ずかしい反応を、長門さんに伝えていました。すると長門さんは、
「鏡置いてやるから、自分で良く見てみろ」
と言って、僕の前に大きな鏡を置きました。そして、僕を座らせて後ろに回ると、
僕の両足をぐいっと開いてしまったのです。鏡には、もうびんびんに勃起したおちんちんが、
はっきりと映っていました。
「恥ずかしい…」
 「太郎って、こんなに恥ずかしくされるのが好きなんだな」
長門さんにそんなふうに言われて、僕の頭の中は、ぼうっとなっていました。
ワインの酔いが回ってきたせいなのか、だんだん自分が淫乱な男の子に変わっていくのがわかります。
大股開きをしたまま、僕が自分のいやらしいおちんちんを眺めて興奮していると、
長門さんがどこからか、赤いロープを持って来たのです。
「太郎も、あの本の写真みたいに縛ってやるよ」
 う言いながら、長門さんは、僕の右手と右足、左手と左足をそれぞれ一緒に縛っていきました。
「実は、ずっと太郎の事、縛っていじめてみたかった。でもいやがるといけないから
なかなか言い出せなくて…。太郎、こんなことされても平気か?」
心配そうに長門さんにたずねられました。でも僕は、縛られることで、ますます興奮していたのです
あの写真を見たせいかもしれません。もう、おちんちんどころか、乳首さえ勃起していました。
「うん、すごい恥ずかしいけど…、いいよ…」
そんな言葉を口にすると、僕はどきどきする心臓の鼓動を感じていたのです。

552 :メロン名無しさん:04/02/18 03:39 ID:???
「あの雑誌も、太郎の目につくようにわざと置いて行ったんだ」と、
長門さんに打ち明けられました。
「太郎もあんな風に、いっぱいエッチなこと、されたいんだよな」
 そう言われて、僕は縛られたまま、長門さんにキスされました。
それから、長門さんは僕の耳たぶを舐め、首筋を舐め、乳首を舐めてゆきました。
ぞくぞくする気持ちよさで僕の身体は震え、おちんちんの先からは透明な汁が流れ出すのがわかりました。
「ほら、自分で見てみろ。太郎のいやらしい格好」
そう言いながら、長門さんは僕のおちんちんをしごきはじめました。
「あぁん、はあーん…」
自分のイかされている姿を鏡で見るなんて、僕には初めてのことでした。
しかも、今は縛られているのです。縛られた僕の身体は、鏡の中でいやらしくもてあそばれ、
長門さんの指が、僕のおちんちんをぐちょぐちょとしごいているのが、はっきりと見えました。
「い、いぃ…。イっちゃうぅ…」
自分のいやらしすぎる姿を見ながら、そのあまりの気持ち良さに、僕はすぐにイッてしまったのです。
おちんちんの先からは、ドクドクと白く濁った汁がほとばしりました。
イッてしまっても、長門さんはまだ縄をほどいてくれません。そのまま寝かされ、
僕はまるで、仰向けにされたカエルのように、みじめな格好になってしまいました。
長門さんは、僕の両足のヒザをがばっと開き、恥ずかしい部分をさらけだすと、
ぐちゃぐちゃになったおちんちんを舐め始めました。
イッたばかりなのに、また気持ちよくさせられていきます。おしっこする穴の中にまで舌を入れられ、
亀頭までぺろぺろと、念入りに舐められました。
「太郎、マッサ−ジ器、当ててやるよ」
急にブーンという音が聞こえたかと思うと、僕のおちんちんには、肩こりをほぐすための、
大きなマッサージ器が当てられました。
「うぅーん」
感じている僕の顔を見ながら、長門さんは、マッサ−ジ器を亀頭の周囲に沿ってゆっくりと動かしていきます。
僕は首を左右に振って、またイきそうになる程の快感に、必死で耐えていました。すると、長門さんは僕の乳首をつまみ、
そこに洗濯バサミをはさんでしまったのです

553 :メロン名無しさん:04/02/18 03:41 ID:???
「痛いっ…」
じーんとする痛みに襲われ、僕は思わず口走りました。
「ふふっ。写真の男の子もこんなふうにいじめられてただろ?もう一つ、つけてやるよ」
そう言うと、長門さんは、僕のもう片方の乳首にも洗濯ばさみをつけてしまったのです。
「あぁっ」
ものすごい痛みで、僕は気が遠くなりそうでした。長門さんは、
「マゾの快感をよく味わうんだな」
と言いながら、僕のおちんちんに当てられたマッサージ器を、ぐりぐりと前後に動かします。
マッサージ器のぶーんという振動が僕のおちんちんを快感で満たすと、その快感はなぜか乳首の
痛みと混ぜ合わされていくようでした。痛さが溶けていき、気持ちよさに変わっていく気がしたのです。
長門さんは、僕のいやらしい汁を、お尻の穴に塗りつけていきます。痛みと快楽でごちゃまぜに
なっていた僕は、長門さんのなすがままにされていました。すると長門さんは、僕のお尻の穴に
指を入れて来たのです。
その時、僕はまだお尻の方は未経験でした。
(恥ずかしい…)
そう思いましたが、言葉になりません。長門さんの指は、じわじわと、僕のお尻の穴に入って来ました。
「太郎、痛くないか?」
そう聞かれて、僕は首を左右に振りました。長門さんの指は、僕のお尻の中でゆっくりと動いています。
「あはぁ…」
お尻の穴をいじられるのが、あんなに気持ちいいとは知りませんでした。ウンチが漏れそうで、
腰ががくがくと震えました。おちんちんに当たっているマッサージ器と、お尻の穴の中の指を
同時に動かされると、もう天国に行くような気分でした。いつの間にか、乳首の洗濯ばさみの
痛さも感じなくなっていました。わずかな感覚がありましたが、それすらも快感になっていたのです。
「太郎、キモチいいか?」
長門さんは、僕のおちんちんに当たっているマッサージ器と、お尻の穴に差し込んだ指とを同時
にいやらしく動かしながら、そんな言葉をかけてきました。
「ああん、ああっ…」
僕は、ただずっとあえぎ声をあげるばかりでした。そのうち、頭の中が真っ白になったと思うと、
僕はまたイッてしまったのです。全身の筋肉が緩み、知らない間に失禁していました。

554 :メロン名無しさん:04/02/18 03:43 ID:???
        /     , _,,...、 -‐‐‐- 、 _         `、
       ,:'   .,   / ´          ``丶、  、  ゙、
       ,'   :,'    ,'      __        `ヽ ', . ',
      ,'   :;'   l_...、 ‐ ' ' ´     ` `丶、     ! ;. l
      ,'   :;'   .|  ー.,              ヽ 、 .|  ;: |
     ,'   :;'    |';,,,;;:;';:;:;.`ヽ、_ い  ,,、;;;''´⌒ `:l!  ;:: !
     ,'   :;'     | /;:;:;;;::':;:;:;;'     ~,ノ:●`:、 ,'::!   ;:: ! 
     ,'   :;'      | |:;;;;;;;;:::;:;::;:;;:    ;'ヽ;,,;,,;ノ}/::l   ;:: !  このスレの変態さんたちのために
    ,'    ;     ! ;;';:;';;';';;;:',:       {:     :'/j:::!   ;:: |   一生懸命書いたにょ〜。
   ,'       .;   |  ;:;; ̄ ;;;:;  丶  ゝ;:;:;:;:;,.:,' ノ::|    ;:  !  感想がききたいにょ〜。
   ,', -‐‐ 、 ::;   |`、;;;  ,.:'|'''';'`'丶,,.__  ';;'  }´::::!    ;:  |
  /     ゙;:::;    |::::ヽ、 レ´ :::::::  'i、 }  ';; ノ::::::|      !
  {      |::;   |:::::::::`i゙、/⌒`ヽ,,,,,,ノ...、 イ::::::::::|    ;.   !
  {      !:; _........|,..-ァイ ┃`' 一 '┃    ``ヽ、::!    ;:  !

555 :メロン名無しさん:04/02/18 05:14 ID:???
素晴らしいですね。
糞神以上の出来に萌え〜。次回を期待してます。



556 :メロン名無しさん:04/02/18 08:50 ID:???
未だに太郎の元ネタがわかってないであろう
荒らしさん萌え

荒らしの好きなマンガはきっとナルトだな

557 :メロン名無しさん:04/02/18 18:31 ID:???
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

558 :メロン名無しさん:04/02/18 18:32 ID:???
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

559 :メロン名無しさん:04/02/18 18:33 ID:???
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

560 :メロン名無しさん:04/02/18 22:54 ID:???
日本代表がオマーンに勝ったので
おまえのオマーンコにシュートをぶち込んでやるよ、かよこ

561 :メロン名無しさん:04/02/18 23:39 ID:???
僕はオナニーということをまったくしない。
いわゆる夢精のプロだ。
今回は僕が夢精のプロとして、いかに夢精が良いものであるかをレクチャーしたいと思う。

まず夢精というのはとにかく気持ちいい。せくーすより気持ちいいんじゃないかと思うこともあるくらいだ。
これからその科学的根拠を示したいと思う。

人間の感覚神経から流れる情報というのは、多ければ多いほど分散する傾向にある。
ケガをした時などに患部に手を当てると痛みが和らぐ気がするのは、痛みの情報に手を当てている情報を加えて、伝達内容を分散させているからだ。
普段のせくーすをみんなは感覚をフル回転させて行っているのだろう。オナニーにしても脳内の妄想や視覚情報、手のスクロールなど非常に情報が多いもとで行っているはずだ。
しかし夢精は違う。与えられる情報は夢だけのため、神経回路を集中して使うことができる。
つまり快楽の情報を何にも邪魔されることなくほぼ100パーセントの純度で伝えることが可能なのだ。

つまり何が言いたいのかというと、諸君はもっと夢精すべきだということだ。

562 :メロン名無しさん:04/02/19 07:27 ID:???
      .,,--'"`               ,,,―'''''''>          |    
     ,,i´                 ,/゛ ._,,-‐'゙‐'''''''i、        |    
    .,i´              ,,-‐''''''┴          ッ-、  、  .|    
   / .,iir‐───!t‐'"                  ,レ,,,,_.l゙    
   .l゙ │ `''ー―''''"゙゙゙゙゛                  リ   │  ゙ヽ    
   | l゙, (−=≡・≡        (−=≡・≡=−)  .|   l゙    )   
   | レ                           |  .│    ゙l   
   ゙l、||          ___             |  l゙     │  
   ゙l/゙|       ,,,r,, ̄,,iiiii,, `,ヽ、. 、、            ゙l、l゙     ,,ノ   
     |||||||||||   .,l゙"●●!!!!!゙ ,レ` .\,、        ""'i、 .,,/    
     ||||||||||  .|\,,゙゙゙゙゛._,,,,r='「    `゙''-、,、       'ト''"`     
     |||||||||  .|iiii `゚'"゚゚゙'" _,,,,-―'''''''"'''''-、`'',!      |       
     |iiiiiiiiiiiiiiiiiil゙iii  .,,-‐''"`_,,,,,,,,,--r‐‐yr'゙~'i,ノ      |        
      ゙liiiiiiiiiiiiiiil゙iii ,/彡‐jリ゙゙゙`ノ{,,,,-r|,-ri|r!  .゙l      /        
      ゙iiiiiiiiiiiiiii/iiii.,/゙lレ'|||||||||||||||||||||||| ,フ  .|     .,/        
       `ヽiiiiiiiiii.|  レ''''i、/'ー,./^゙'i,}_,,,< ノ   .i、_/         
        .iiiiiiiiii゙l、 `゙'''┴ー'┴'''''~`   ,,/   ,|―-、,,,_       
            ヽiiiiiii`ヽ_______,/′   ノ.゙l、   .゙l      
          `',iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii'iiiiiiiiiiiiii   ,/ ._,/`
              ゚)iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii,,-'" _,/  
            `iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiフ"'''''''"` .,/`  


563 :メロン名無しさん:04/02/19 07:33 ID:???
      __    ┬┴┬
   /  |二二|   ‐┴─┴‐  |  _|_\\  _/_     ‐┴‐ フ''    ____ \\
  / / ──┬    |三三|   |    |       /    \  ├┴ |二|       /
  / |  ──┼     ヽ    |    |      / ___|     | 二  |二|       (
   |   \ |   / \_ヽ  レ   ノ        \ノ\   ノ / ノ ヽ,       \

|  ヽヽ          /  __
|     ー――‐ヽ   |         /   ヽ  _|_|_   |  ヽ   |    /   ヽ   
|          |   |          |    )   |  | )    ̄ヽ   |     |    )  
ヽ_ノ   __ノ   レ  ヽ__   ヽ/      |       _ノ    ヽ_/  ヽ/   

  | |○  ヽ    __   /
 /  \  _ノ    ノ     |   ̄ ̄


  ̄| ̄ ̄    ̄|  |   ―┼―  |
   | ̄ ̄|  | ̄  |   ―┼―  |     ̄ ̄/   |      .‐┼‐        ┼─‐   ├─
  .|   |   ̄|  |   |  ゝ   |     /    |      ‐┼‐   ̄ヽ   / ─   __.|
  /   」   .」   |   \_   ヽ__ノ  ヽ_   ヽ__ノ  (_)\   __ノ  ノ ヽ__  (_ノ\

564 :メロン名無しさん:04/02/19 07:33 ID:???
      .,,--'"`               ,,,―'''''''>          |    
     ,,i´                 ,/゛ ._,,-‐'゙‐'''''''i、        |    
    .,i´              ,,-‐''''''┴          ッ-、  、  .|    
   / .,iir‐───!t‐'"                  ,レ,,,,_.l゙    
   .l゙ │ `''ー―''''"゙゙゙゙゛                  リ   │  ゙ヽ    
   | l゙, (−=≡・≡        (−=≡・≡=−)  .|   l゙    )   
   | レ                           |  .│    ゙l   
   ゙l、||          ___             |  l゙     │  
   ゙l/゙|       ,,,r,, ̄,,iiiii,, `,ヽ、. 、、            ゙l、l゙     ,,ノ   
     |||||||||||   .,l゙"●●!!!!!゙ ,レ` .\,、        ""'i、 .,,/    
     ||||||||||  .|\,,゙゙゙゙゛._,,,,r='「    `゙''-、,、       'ト''"`     
     |||||||||  .|iiii `゚'"゚゚゙'" _,,,,-―'''''''"'''''-、`'',!      |       
     |iiiiiiiiiiiiiiiiiil゙iii  .,,-‐''"`_,,,,,,,,,--r‐‐yr'゙~'i,ノ      |        
      ゙liiiiiiiiiiiiiiil゙iii ,/彡‐jリ゙゙゙`ノ{,,,,-r|,-ri|r!  .゙l      /        
      ゙iiiiiiiiiiiiiii/iiii.,/゙lレ'|||||||||||||||||||||||| ,フ  .|     .,/        
       `ヽiiiiiiiiii.|  レ''''i、/'ー,./^゙'i,}_,,,< ノ   .i、_/         
        .iiiiiiiiii゙l、 `゙'''┴ー'┴'''''~`   ,,/   ,|―-、,,,_       
            ヽiiiiiii`ヽ_______,/′   ノ.゙l、   .゙l      
          `',iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii'iiiiiiiiiiiiii   ,/ ._,/`
              ゚)iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii,,-'" _,/  
            `iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiフ"'''''''"` .,/`  

565 :メロン名無しさん:04/02/19 09:46 ID:???
さっき、通勤中の満員電車にかよたんが乗ってたんで、
問答無用で車内の隅に体を押しつけて痴漢しまくってやったよ。
なんでオマエが電車なんか乗ってんだよ?って聞いたら、
「最近、手首ばっかり切ってるから精神のお医者さんに診てもらいに…」
もう俺はそんな事情知ったこっちゃないから触りまくってやったよ。
シャツの下に手を突っ込んであの平らなオッパイを撫でさすって、
肋骨を指でなぞって、そのくせ飛び出してる乳首をつまんで、
すっかり固くなってたからコリコリコリコリいじくりまわしてやったよ。
もちろんパンツの中にも手をいれて、かよこが女の子であることを確認。
強引に舌をからめ合うキスをさせた後、解放したやったぜキヒヒ。

566 :メロン名無しさん:04/02/19 21:17 ID:???
>「最近、手首ばっかり切ってるから精神のお医者さんに診てもらいに…」

あー。そりゃあーーー本当に知ったこっちゃないよな
プチ不幸をひけらかして、寂しいんだね
かよたん

で、
結局チムポを使わなかった>>565は紳士

567 :メロン名無しさん:04/02/19 21:46 ID:???
私は長門夫人から、娘のかよこちゃんの監視を依頼されました。
社会に適応できない自分への絶望、他人への不信と怒りから、
すっかり自殺癖が身についてしまったとのこと。
すぐに首をつろうとしたり、マンションの屋上から身投げしようとしたり…。
たかがヒッキー小娘の見張り番とタカをくくっていただけに、
想像以上の激務にこれは給料以外にも報酬をもらわねば釣り合わぬと、
かよちゃんのお母さんにかけあって、お母さんの体を自由にさせることと、
かよちゃんが自殺行為に及んだ時はどんな折檻をしてもいいと許可を得ました。
今日も彼女に生命の尊さを教えようと金魚を買ってきて飼育させようとしたら、
金魚鉢に頭をつっこんで溺死しようとするじゃありませんか。
私も堪忍袋の尾が切れまして、かよちゃんを脱がして犯してやりました。
たっぷり膣内に射精しながら「ホラかよちゃん、今ボクの精子が、
君の子宮に流しこまれているんだ。君は妊娠するかもしれないね。
お腹の中に命を宿せば、君だった命の大切さを実感できるはずだよ」
耳元でそう囁きながらドクッ…ドクッ…ビュクッ…と。
かよちゃんは無言で首をふりながら泣いているだけでしたけどね。


568 :メロン名無しさん:04/02/20 00:01 ID:???
結局
かよたんのアナルに手をつけていない>>567は紳士
もしくはヘタレ

569 :メロン名無しさん:04/02/20 03:39 ID:???
手を突いて這って・・・。頭は下げて・・・・・」 全裸の僕をあの人が見下ろす。
「えっ・・・」      そんなことをしたら・・・僕は俯いて硬直する。
「もう一度だけ言う・・・。 手を突いて這いなさい」
あの人の低く重い命令口調に体が勝手に、言うことをきく。
「もっと足を開きなさい」 僕は湧き上がる羞恥心と戦いながら、おずおずと足を開く。
初めて他人に見せる僕の・・・恥部。
「いい恰好だ・・・」 あの人の言葉は、さらに僕の羞恥心を煽る。
「やっ・・・」
僕は、あまりの恥ずかしさに耐えられなくなって、思わず足を閉じる。
まつげが震えているのが自分でもわかる。
「誰が足を閉じていいって言った? 開きなさい」
「でも・・・こんな恰好は・・・・」 僕は、いやいやと首を横に振る。
「君は、恥ずかしい恰好で恥ずかしいところを、私に思う存分、弄らせる。
これは君が本当の意味で私のものになる第一歩でもある。さあ・・・足を開きなさい」
「・・・は・・・い・・・」
僕は、足を開き・・・あの人の眼前に再び・・・最も見られたくない恥部をさらす。
「それでいい」 こんな辱しめがこの世にあるなんて・・・。僕は、涙で頬が濡れていくのを感じた。
「・・・ひっく・・・」
「泣いても許さないよ」 僕が泣くたびに、あの人が必ず言う台詞。
そして本当に許してはくれない。
クリームのような物をつけたあの人の指が、僕の小さなひだを揉み解していく。
「あっ・・・いや・・・」 引こうとする腰をしかっりと押さえ込まれる。
あの人の指がクルクルと回転しながら、入り口を突付く。 「力を抜いていなさい」
「痛っ・・・」 あの人の指に無理やりこじ開けられた、僕の孔が悲鳴を上げる。
「大丈夫だ。我慢しなさい」 「や・・・いた・・・できな・・・」
僕は必死に痛みを訴えた。だけどあの人は容赦なく指を増やしていく。

570 :メロン名無しさん:04/02/20 03:40 ID:???
「いた・・い・・・いたい・・・もう・・・無理っ・・・」
 何本の指が僕のひだを擦り上げ、かき回しているのだろう。
執拗に弄ばれて、痛みが麻痺し痺れに変わっていく。 
「そろそろ、私のものになってもろう・・・最初は痛みだけを覚えさせる。
これが私のやりかただ。いいね」
「苦っ・・・」 焼けた鉄の棒が、僕の孔の入り口にあてがわれる。
「・・・ううう・・・・ううっ・・・・」 めりめりと音を立てて鉄の棒が僕の中に侵入してくる。
抱かれたいと思っていた。だけどこんなに激痛を伴うことだったなんて・・・。
「はぁ・・・はぁ・・・」 僕は呼吸をするのがやっとだった。痛みを訴えることさえできない。
「ほら、全部、入ったよ。わかるね」 わかる。わかるけど・・・動かさないで・・・。
「・・・い・・・あ・・・」 あの人が腰を使い始め、僕は苦痛のあまり目の前が暗くなった。
助けて、痛い、苦しい、やめて・・・僕は心の中だけで繰り返す。
どれほど蹂躙されたかわからない。 ひどく長い時間、あの人のものが僕の中を往来し、
熱い飛沫を注ぎ込んだ時、僕は意識を手放していた。
まだ、中にあの人のものがあるようだ。 
立ち上がりかけて僕は愕然とする。内股を、ぬるっとしたものが伝い落ちた。あの人の・・・。
僕は実感した・・・あの人のものになったことを・・・。涙が溢れた。
この体が・・・心が・・・自分のものじゃなくなったような気がして・・・・。
本格的な調教はこれから始まる。
僕はきっと堕ちていくだろう・・・どこまでも・・・

571 :メロン名無しさん:04/02/20 19:39 ID:???
私は嫌々ながらも、かよこちゃんに命の尊さを教えるために中出しし続けました。
彼女は生理前かどうかは聞いていないのですが命の素を注ぎこまれれば、
女性なら誰しも改心せずにはいられないはずです。しかし彼女は泣くばかり。
あまつさえ私を変態だの強姦魔だのと非難する始末です。
ここまで心の歪んだ子には体罰も必要だと、かよちゃんに往復ビンタを見舞いました。
非力でやせ細ったかよちゃんが大人の私にかなうはずもありません。
もうすっかり暴力におびえてガタガタふるえています。私はムラムラきました。
机の下に逃げ込むかよちゃんを引きずりだして、机の上に寝かせると、
まだ私の精液がゴボゴボあふれるワレメに再び突き立てたのでした。
そして、かよちゃんが失神するまでイカせてあげたのです。
私はこれもかよちゃんの心を救うためと泣きながら犯したのです。
かよちゃんはまだ気絶したままです。私は今かよこの乳首を吸っています。
いつかかよちゃんが子供を産んで授乳する日がくるのでしょうか?

572 :メロン名無しさん:04/02/20 23:53 ID:???
かよたんの出すいぢめて電波はただ事でない高出力。
かよたんの家には、電波を受信した沢山の人々が、美空市の内外から
入れかわり立ちかわりやって来ます。
電波の呪縛から逃れるには、かよたんに中出しするしかありません。

573 :メロン名無しさん:04/02/20 23:57 ID:???


             ,.. - ── - .、_,.、
           ィ⌒,.- .    _ _,.-く ノ、
         ,r'゙,f、,i、__ヽ、_,.)、.,ノ'゙ヽ,ヽ,
         ,、,ri, /  ` , -´、   , - 、   ヽヽ ,、
      ri, ゙´'`!              !⌒ i、
       }‐  ィ゙                 i,  -{
      `Ti´i               l゙T'i゙
        l l, l,____    ____ ,!/./
.        ;>'ニi, ゙̄''''゙ ̄    ゙̄''''゙ ̄ f,'={:.  長門かよこは
        .:l,'´Z,l  三       三 ,!,) ,!::  陽の当たらない所から出るな!!
        :::::`:ー::ヽ、 _.  ー'ー' __,. .-':ー:'::::.
.       .::::::::::::::;r'ヽ、, -i.ヾフ.l- ,r''ヽ:::::::::::::::
  .     ::::::::::::::::i、    `ー-‐'  _ <;::::::::::::::

574 :メロン名無しさん:04/02/21 00:20 ID:???
  素 ま 左  /   ,、r'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`';,、    ,r';;r"           _ノ     ボ
  人 か 様  L_ /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\ ,';;/             )   申  ッ
  童 .り な  //;;/´      υ  `' 、;;;;;;;;,,l;;'            /ヽ  す タ
  貞 と. こ  / ,';/              ヽ;;;;,l;L_      .,,、,--ュ、 ';;;;;;;;;i  か ク
  ま お と  l |;|ι--‐フノノヾ┌---、、、  |;ヾr''‐ヽ, ム,ヽィ'r-‐''''''‐ヽ ';;;;;;く  !!  リ
  で る が i  |l ~~__´ 、   ``'__''''┘  |;;;;;l rO:、;  ´ ィ○ヽ    'i;;;;;厶,   と
  じ の   l _|. <,,O,> 〉   <,,O,,>    |;;;;;| `(''"/   `(''''('´    !;;;;;;;;ヽ
  ゃ は   ._ゝ'|.  |||||/   、|||||||| し  |; ,ノ ) ./   、 ) )     |;;;;;;;;;;;;;レ、⌒Y⌒ヽ
  ぞ    「 | |    (    )       .ソ l  ,:'   _ ヽ ( (     .|;;;;;;;//-'ノ
        ヽヽ |    _,ニ ニ,,,,,_        ', ゞ,' '"'` '" ) )    i;;;;;i, `' /
⌒レ'⌒ヽ厂 ̄  `| ,、ィ-‐''__'''‐-`,、     '' .', i、-----.、( (     `''"i`'''l
人_,、ノL_,iノ!  . ',   :i゙''''''''''`l'  ` _人__人ノ_ヽ ヾ゙゙゙゙ニニ'\ )      ,'  ト、,
      /     ヽ   L__」   「 止 笑 Lヽ ヽ〈    i|(        Vi゙、
ハ ワ  {.      ヽ.  -、、、、 '  ノ  ま い 了. ゙, ,ヽ===-'゙ ,'     ,   // ヽ
ハ ハ   ヽ.    ハ        )  : が  |  ',.' ,  ̄ , ' )  ノ  //    ヽ,
ハ  :     >  /|ヽヽ、___,,,,、 'く  :     > ヽ.  ̄´ ((/ ,、 ' /     / \
.:  :    /  ノ. | ヽ       フ     /  ノ:lゝt-,-‐υ"/ ,.ィ゙     /

575 :メロン名無しさん:04/02/21 14:37 ID:???
実は、かよたんは番組初登場の時点で1児の母です。
お父さんに犯され妊娠・出産するたびに記憶を抹消されているのです。
さらには父親の仕事の接待に駈りだされ見知らぬおじさんにも抱かれています。
こうしてかよたんは小学生時代は順調に年に一度は子供を産みつづけ、
今は本人も知らぬ間に4児をもうけています。
かよたんの子供はみんな娘で、ある施設でM女になる教育をうけています。

576 :メロン名無しさん:04/02/21 17:24 ID:???
|::::::  \      \                       /
|::::::::   \      \        ♪ Å         /
|:::::::::::::    \      \   ♪   / \   ランタ タ/
|:ダレモイナイ・・・ オドルナライマ\    ヽ(´Д`;)ノ  ランタ /
|_  -=・=-  |        \    (  へ)  ランタ/
|::::::: |::     |          \   く    タン/ ♪ Å  ランタ タンタ タン
|::::  |::::   /           \∧∧∧∧/ ♪ / \          (´
| ̄ ̄U   /            < な  イ >  ヽ(´д` )ノ⌒`へ≡≡(´⌒;;;
|⊂                  <    マ > ズザーーーーーッ     (´⌒(´⌒
─────────────< 予 ノ >─────────────
   |                 <    ウ >|
   |                 < 感 チ >|´∀`)<見たよ〜
   | \             /∨∨∨∨\ ⊂
   |Д`) ダレモイナイ・・オドル/=・=- __-=・\           Å
   |⊂           /|:::::::  |::::::: |::::   \         / \
   |           /  ヽ:::::::  |::::  |::::  ::/\      ヽ(;´Д`)ノ
             /ンタ ランタ\:::::::  ̄ U  :/  \      (   )
            /ランタ ランタ  \:::::  ;;;;/     \ -=≡ / ヽ
          /   ♪    ヽ(   へ)ノ       \  ミラレチャッタ

577 :メロン名無しさん:04/02/21 17:26 ID:???
                    _,   -──- 、_
                  , -‐''´       |    `''ー 、
            /          |       ヽ
            l     _,. -‐─☆─-、    l
            ヽ  /,  -───- 、 ヽ、 /
             ヽ/ ,.. ====== 、_  i´
              }'´ヽ、_,. -──-、_ `7
               l‐-、 _, -‐ 、_ , ‐-、`‐l
              i´`i   l ‐= }}~{{´ =-、}‐r,
              ヾ"l   ゝ、_ノ! lヽ、_ ノ l/
                ゝ!   ,.イ,,, ,,ヽ   ノ
                l  /,,,,,ィミミミ、,ヽ , l
                ヽ l ゙゙゙゙゙‐‐‐゙゙゙゙ノ//
                / \   '''   ,イ
           __/ ̄!   ヽ、   / l-、_
      _, -‐''´     \ l`ー、`~i´, -‐i l   ` ー- 、
     /ヽ          \`ー、l | l,.-‐'/        `ヽ
    /  l           `ーr‐ 'ゝ-'´           l
   /    l l           | O_________/_ ヽ

578 :メロン名無しさん:04/02/21 17:34 ID:???
平成一一年(ネ)第一一五〇号損害賠償請求控訴事件(原審・東京地方裁判所平成一〇年(ワ)第二一六六二号)
判  決
控訴人兼被控訴人(以下「一審原告」という。) 
被控訴人兼控訴人(以下「一審被告」という。)
主  文
一 1 一審被告の控訴に基づき、原判決中、一審被告敗訴部分を取り消す。
  2 右取消しに係る部分の一審原告の請求を棄却する。
二 1 一審原告の控訴を棄却する。
  2 一審原告の当審における新請求を棄却する。
三   訴訟費用は、第一、二審を通じ、一審原告の負担とする。
事実及び理由
第一 控訴の趣旨
一  一審原告の控訴の趣旨
  1 原判決の一審原告敗訴部分中、金一〇万五七二〇円及びこれに対する平成一〇年九月二五日から支払済みまで年五分の割合による金員の支払請求を棄却した部分を取り消す。  
  2 一審被告は、一審原告に対し、右1項記載の金員を支払え。
  3 当審における新請求)一審被告は、一審原告に対し、金一二万四二八〇円及びこれに対する平成一〇年九月二五日から支払済みまで年五分の割合による金員を支払え。
  4 訴訟費用は第一、二審とも一審被告の負担とする。
  5 第2、第3項につき、仮執行宣言
二 一審被告の控訴の趣旨
  1 原判決中、一審被告敗訴部分を取り消す。
  2 右取消しに係る部分の一審原告の請求を棄却する。
  3 訴訟費用は第一、二審とも一審原告の負担とする。

579 :メロン名無しさん:04/02/21 17:36 ID:???
第二 事案の要点及び訴訟の経緯等
一   本件訴訟は、一審原告が、自ら執筆した書籍(原告書籍)に掲載した古文単語と現代訳語と
を結合して一連の意味のある語句や文章にした語呂合わせ(原判決別紙対照表1ないし42の
原告語呂合わせ)が一つ一つ創作性を有する著作物であり、一審被告が執筆した書籍(被告書籍)
に掲載された語呂合わせ(原判決別紙対照表1ないし42の被告語呂合わせ)は、それぞれ右原告
語呂合わせと実質的に同一又は類似であり、原告語呂合わせに依拠して作成されたものであるから
、一審原告の有する著作権(複製権、翻案権)及び著作者人格権)を侵害するとして、一審被告に対し、
財産権損害及び慰藉料を請求したものである。
 これに対し、一審被告は、被告語呂合わせはいずれも独自に作成したものであり、原告書籍を
 参考にしていないし、依拠したこともないと争っている。
二  原判決は、原告語呂合わせのうち、1、13、27につき著作物性を認め、被告語呂合わせ
1、13、27が右原告語呂合わせと実質的に同一であり、これらに依拠して作成されたものと
推認し、一審原告の有する複製権及び氏名表示権を侵害しているものと認定した上、一審被告に対し、
財産的損害五万円、慰謝料五万円の支払を命じ、その余の一審原告の請求を棄却した。
三  当事者双方が控訴し、当審において、一審被告は、原判決後調査したところ、古語の語呂合わせ
に関する書籍として、一審原告の執筆に係る最初に発行された原告書籍一より一年以上前の平成元年
一月発行の「ネコタン365」(五十嵐一郎著・株式会社学習研究社発行。乙第一〇号証)が存在し、
同書籍には、原判決が著作物性を認めた原告語呂合わせ13及び27に類似した語呂合わせが既に
掲載されていたことが判明したが、「ネコタン365」に掲載されている語呂合わせと類似したものは、
その後に発行された原告書籍、被告書籍及び他の同種書籍に掲載されている語呂合わせ中にもそれぞれ


580 :メロン名無しさん:04/02/21 17:38 ID:???
1 古語「あさまし」(原告書籍一は「めざまし」とも関連付けている。)
・ネコタン365 「あさましい・・・手を食う猫に驚きあきれる。」
・原告書籍一   「朝めざましに驚くばかり。」
・被告書籍一   「朝目覚ましに驚き呆れる。」
13 古語「あやし」
・ネコタン365  「あ、やしの木だ!でもちょっとみすぼらしい。」
・原告書籍二   「アッ、ヤシの実だ。いや、シイタケだ。」
・被告書籍一   「あっやしの実だ、いや、しいたけだ、そーまつぼっくりだ、不思議だな。」
27 古語「ひがひがし」
・ネコタン365 「ひが、ひがしからのぼるのは、ひねくれているわけじゃない。」
・原告書籍一   「『日が東に沈む』というひねくれた奴」
・被告書籍一    「日が東に沈むとはひねくれている。」
五  当審において、当事者双方は、「ネコタン365」の存在を知らなかったし、参考にしたことはない
旨主張し、それぞれの語呂合わせにつき独自に作成した経緯等を具体的に主張した。そして、一審原告は、
原告語呂合わせのうち、前記13、27のほか、3、11、14、17、18、22、24、26、28、
30、31、33ないし41(合計二二個)に関する著作権及び著作者人格権の主張を撤回した上、
損害賠償請求額を減縮し、著作権等の侵害を主張する原告語呂合わせを1、2、4ないし10、12、
15、16、19ないし21、23、25、29、32及び42(合計二〇個)に限定した。
第三 事実関係
次のとおり、付加、訂正、削除するほか、原判決の「第二 事案の概要」のうち、三頁二行ないし
一三頁八行に記載のとおりである。
一  著作権等侵害を主張する原告語呂合わせの減縮による削除等
一審原告は、当審において、著作権等の侵害を主張する原告語呂合わせを原判決別紙対照表
1、2、4ないし10、12、15、16、19ないし21、23、25、29、32及び42に
減縮したため、次のとおり、付加、削除を行う。
1 原判決三頁五行「別紙対照表」の次に、「番号1、2、4ないし10、12、15、16、19
ないし21、23、25、29、32及び42」を加える。

581 :メロン名無しさん:04/02/21 17:40 ID:???
2 同三頁八行の「及び28」を削る。
二 誤記等の訂正
1 原判決三頁九行「国語1・2」を「国語T・U」に改める。
2 同別紙対照表二頁一六行原告語呂合わせ20原告書籍一の「あつし」を「アツシ」に改める。
三 一審原告の主張の追加
1 著作物性の有無
原判決六頁九行の次に、改行して、次を加える。
「 原判決は、多くの原告語呂合わせについて、「ごく平凡で、ありふれたもの」と判断し、
創作性を否定している。
しかしながら、原告語呂合わせは、いずれも、@サンプルの作成、A教室等での他人による確認、
最終案の決定という過程を経て作成されたものであり、時間と人手という手間ひまを投入した
結果誕生したものである。さらに、自分だけで創作することには限界があり、一審原告は、一審原
告が著作した受験参考書に語呂合わせの募集広告を掲載し、寄せられた作品の中から適当な作品を
選び、改訂時に語呂合わせと作者を掲載している。したがって、原判決ができあがった作品だけを
見て「ごく平凡で、ありふれたもの」と判断したのは、あまりにも酷である。
また、原告語呂合わせは、「表現形式に制約があり、他の表現が想定できない場合」にも該当しない。
原判決は、創作性を否定する基準として、「ごく短いもの」を挙げるが、語呂合わせは、記憶に残る
ことを目的とするため、短い方がよい。そして、短くするために右のような過程で時間と人手をかける
のである。したがって、できあがった作品がどれほど「すなおで、簡潔なもの」であったとしても、
それは「ごく平凡で、ありふれたもの」ではなく、「ごく短いもの」であるがゆえに創作性を否定さ
れるものではない。
語呂合わせの作成においても、素材たる古語を変形することによって別の意味ある語句を創作する。
表記を変える場合としては、例えば、原告語呂合わせ29において、「あながち」という古語について
表記を変えて「穴が血」という別の意味のある語句を創作し、現代語訳「無理に」と結合して「無理に
すると穴が血に染まる」という語呂合わせを作った。この表現は、「穴が血」という語句がそれだけで
鮮血がほとばしる印象的な場面を想起させるものであり、このような効果を持つ語句の開発は、発音こ
そ同じであっても創作といえる。


582 :メロン名無しさん:04/02/21 17:43 ID:???
表記を変えない場合においても、その意味が古語と変わっていれば、現代語訳等の他の語句と一体と
なって語呂合わせを形成する限り、語呂合わせ全体で著作物性を有すると解すべきである。例えば、
一審原告は、「あつし」という古語について表記を変えず意味を人名に変え、現代語訳「危篤だ」と
結合して「アツシが危篤だ」(原告語呂合わせ20)を作った。この語呂合わせは、「アツシ」とい
う同級生にもいそうな人物が若い命を終わらせようとしている印象的な場面を想起させ、短いが効果
的なものであり、創作といえる。  特許事件についての裁判例も参酌すれば、古語と現代語訳という
公知語句を組み合わせ、ないし公知語句に変形を加えた短い語句であり、通常は創作性を否定されるよ
うなものであっても、公知語句から予測される範囲を超えた作用効果をもたらす限り、創作性を認めら
れると解すべきである。
原告語呂合わせ25は、古語「ここら」と古語「そこら」の二語について、その共通する現代語訳「た
くさん」を一体的に連想させて、容易に記憶ができるようにする目的で作成されたものなので、原判決
の基準によっても、創作性が認められるべきである。
一審被告は、「ネコタン365」に基づく主張をするが、「ネコタン365」の「あやし」についての
語呂合わせと原告語呂合わせ13との間には、類似性がない。すなわち、「ネコタン365」の「あや
し」についての語呂合わせは、ヤシの木のみすぼらしさを表現するのに対し、原告語呂合わせ13は、
読者に食べ物をイメージさせ、しかも完全な見間違いの場面を想定して印象を深めようとしているもの
である。仮に、「ネコタン
365」に記載された語呂合わせと原告語呂合わせ13、27とが類似するとしても、その類似は偶然
の一致にすぎない(なお、右13、27に基づく請求は取り下げる。)。」
2 複製権及び翻案権侵害の有無
原判決八頁六行の次に、改行して、次を加える。
「 原告語呂合わせ1につき、説明を付加す、通常の学術的辞書では、「あさまし」は、「1
意味、2悪い意味」、「めざまし」は、「1よい意味、よお2悪い意味」という解説方法を採っている。


583 :メロン名無しさん:04/02/21 17:45 ID:???
原告語呂合わせ1は、右の一般的ではない一審原告の「めざまし」の理解に基づいて作成されたもの
であり、創作性を有する著作物である。さらに、これと実質的に同一の被告語呂合わせ1がこれに依
拠して作成されたことは明らかである。  また、一審被告は、本件訴訟の提起前である平成一〇年八
月末ころ、一審原告と電話で話した際、「先生の本がゲンテンでした。」と述べ、原告書籍に依拠して
被告語呂合わせを作ったことを自認していた。
著作権等侵害を主張する原告語呂合わせの減縮後のもの二〇個と原告語呂合わせ13の合計二一個に
ついて、原告書籍、被告書籍一(甲第四号証)、他の同種書籍(五十嵐一郎著「ネコタン365」
(乙第一〇号証)、西沢正史著「古文語 連想−速記憶術」(乙第一二号証)、村上龍一著「村上龍
一の入試にでる古文単語を一週間で覚えてしまう本」(乙第五号証)、和角仁・北山雅珠著「和角・
北山の感動の古文単語148」(乙第七号証)、TKOプロジェクト編著「DrKのゴロで覚える古
文V単語312」(乙第八号証))との間で、単語の語呂合わせの一致度数を検討したが(別紙二)、
この結果によれば、その一致度数は、次のとおりである。
以上の書籍全体からの考察によれば、原告書籍と他の同種書籍との間においては、一致頻度はさほど高
くないのに対し、原告書籍と被告書籍一との一致頻度は明らかに高いものであり、原告語呂合わせが創
作性を有すること、さらに、一審被告が原告書籍を参照し、それに依拠して被告語呂合わせを作ってい
ることは明らかである。」
一審原告は、熊野晶子から、原告語呂合わせ21についての著作権を譲り受けた。
原告語呂合わせ21は、一審原告が著作した出版物に掲載した「ごろあわせ募集広告」(甲第二号証等)
に応じて寄せられた作品(甲第八号証の一ないし八等)の中から適当な作品を選び、改訂時に語呂合わせ
と作者名を掲載しているものである。広告の文面及び一審原告の著作がいずれも受験参考書であることを
考慮すれば、応募者は受験の記念として掲載を望むのみであり、著作権等については一審原告に無償で
譲渡する
意思であると解するのが、当事者の意思の合理的解釈であると考えられる。」

584 :メロン名無しさん:04/02/21 17:49 ID:???
4 損害
(一) 原判決一〇頁八行、九行の「合計三〇万〇七二〇円」を削除する。
(二) 原判決一一頁五行ないし七行を、次のとおり改める。 「 被告書籍一の出版部数は五万部である
(三) よって、一審原告は、当審において、一審被告に対し、原審で認容された被告書籍一についての
財産的損害五万円及び慰謝料五万円に加え、被告書籍一についての財産的損害二三万円(ただし、内一二
万四二八〇円は、当審における新請求である。)支払済みまで年五分の割合による求める。」
四 一審被告の主張の追加
「その一例として、原告書籍より先に出版された「ネコタン365」(五十嵐一郎著、株式会社学習研究社 
平成元年一月初版発行、平成三年二月第三刷発行。乙第一〇号証)には、「あやし」につき、「あ、やしの
木だ! でも、ちょっとみすぼらしい。」との語呂合わせが、「ひがひがし」につき、「ひが、ひがしから
のぼるのは、ひねくれているわけじゃない。」と減縮前の原告語呂合わせ13、27(いずれも原判決が著
作物性を認めたもの)に類似した語呂合わせが掲載されている。」
3 複製権及び翻案権侵害の有無
原判決九頁八行の次に、改行して、次を加える
「 一審被告は、「あさまし」の語呂合わせに関して、被告語呂合わせ1「朝目覚ましに驚き呆れる」
のほか、「あさましい奴に驚き呆れる」、「朝マシーンに驚き呆れる」の三つの独自に作成した語呂合
わせを併用して授業で使用していた。被告書籍一において被告語呂合わせ1を使用したのは、被告書籍
一作成時のイラストレーターの選択に従い、イラスト化しやすい語呂合わせを用いたからにすぎない。
また、一審原告が取り下げた原告語呂合わせ13に対応する被告語呂合わせ13の「あっやしの実だ、
いや、しいたけだ、そーまつぼっくりだ、不思議だな。」は、平成二年一〇月ころ、一審被告の授
業中に、当時の船橋市習志野台の中学二年生三名が共同で作成したもので、古語の「あやし」につき
「いやしい」、「粗末だ」、「不思議だ」の訳語を含めたところに意味があり、「あ、椰子」のモチ
ーフから「いやしいたけだ」を導き、椰子の実とまつぼっくりとをからめて作成されたものであり、
「 ネコタン365」や原告書籍とは全く無関係に作られたものである。

585 :メロン名無しさん:04/02/21 17:50 ID:???
一審原告は、電話で話しあった際に、被告語呂合わせは原告書籍に依拠して作成したことを一審被告が
認した旨主張するが、そのような事実はない。一審被告は、一審原告から電子メールで訴状案が送付さ
れたので電話をして話し合ったことがあり、当時「ネコタン365」の存在を知らなかったので、他の
同種書籍を調査してみたところ原告書籍一の発行が一番古いものであることが分かった旨を話したこと
はあるが、被告書籍が原告書籍に依拠している旨を話したことはない。
一審原告は、原告書籍と被告書籍一との一致頻度が他の同種書籍より高い旨主張するが、他の同種書籍
にも類似と見得る語呂合わせがあるのに、それらを除外して恣意的に一致頻度を算出しているもので
あって、意味をなさない。
なお、「ネコタン365」と原告書籍とを比較してみると、原告書籍一の収録語呂合わせ二六〇のうち
「ネコタン365」に類似するものは三三(一二・七%)存在する。また、被告書籍一の収録語呂合わ
せ五一三のうち「ネコタン365」に類似するものは四五(八・八%)であり、他の同種書籍でも「ネ
コタン365」に類似する語呂合わせの比率は一〇%以上である。古文の講師が一般的に実施している
古文単語の語呂合わせによる学習は、古語を現代語に当てて、若干の創作性を付加して意味をつなげる
という手法であり、手段と目的とを同一にしているため類似性を生じやすいのである。被告語呂合わせ
のごく一部が原告語呂合わせに類似しているとしても、それは偶然の一致ともいうべきもので、原告語
呂合わせに依拠したものではない。
第四 当裁判所の判断
当裁判所は、原告語呂合わせ1については著作物性を認め得るが、これと実質的に同一と認められる被
告語呂合わせ1が原告語呂合わせ1に依拠して作成されたものと認めることができず、原告語呂合わせ
4及び32は、原判決の認定、判断と同様に、著作物性を肯定し得るものの、これらに対応する被告語
呂合わせ4及び32は実質的に同一のものとはいえず、また、その余の原告語呂合わせは、原判決の認
定と同じく、いずれも著作物とは認められない(なお、原告語呂合わせ21については著作権の承継取得が認め
られない。)


586 :メロン名無しさん:04/02/21 17:50 ID:???
いずれも著作物とは認められない(なお、原告語呂合わせ21については著作権の承継取得が認め
られない。)ものと判断した。したがって、結論として、被告語呂合わせ1、2、4ないし10、12、
15、16、19ないし21、23、25、29、32及び42が原告語呂合わせ1、2、4ないし10、
12、15、16、19ないし21、23、25、29、32及び42の複製権及び翻案権並びに氏名
表示権及び同一性保持権をそれぞれ侵害する旨の一審原告の主張(減縮後のもの)は、いずれも理由が
ないと判断するものであるが、その理由は、次のとおり、付加、訂正、削除するほか、原判決の「第三
争点に対する判断」のうち、原判決一三頁一〇行ないし四八頁六行に記載のとおりである。
一 原告語呂合わせの減縮等による削除
一審原告は、電話で話しあった際に、被告語呂合わせは原告書籍に依拠して作成したことを一審被告が
認した旨主張するが、そのような事実はない。一審被告は、一審原告から電子メールで訴状案が送付さ
れたので電話をして話し合ったことがあり、当時「ネコタン365」の存在を知らなかったので、他の
同種書籍を調査してみたところ原告書籍一の発行が一番古いものであることが分かった旨を話したこと
はあるが、被告書籍が原告書籍に依拠している旨を話したことはない。
一審原告は、原告書籍と被告書籍一との一致頻度が他の同種書籍より高い旨主張するが、他の同種書籍
にも類似と見得る語呂合わせがあるのに、それらを除外して恣意的に一致頻度を算出しているもので
あって、意味をなさない。
なお、「ネコタン365」と原告書籍とを比較してみると、原告書籍一の収録語呂合わせ二六〇のうち
「ネコタン365」に類似するものは三三(一二・七%)存在する。また、被告書籍一の収録語呂合わ
せ五一三のうち「ネコタン365」に類似するものは四五(八・八%)であり、他の同種書籍でも「ネ
コタン365」に類似する語呂合わせの比率は一〇%以上である。古文の講師が一般的に実施している
古文単語の語呂合わせによる学習は、古語を現代語に当てて、若干の創作性を付加して意味をつなげる


587 :メロン名無しさん:04/02/21 17:53 ID:???
第四 当裁判所の判断
当裁判所は、原告語呂合わせ1については著作物性を認め得るが、これと実質的に同一と認められる被
告語呂合わせ1が原告語呂合わせ1に依拠して作成されたものと認めることができず、原告語呂合わせ
4及び32は、原判決の認定、判断と同様に、著作物性を肯定し得るものの、これらに対応する被告語
呂合わせ4及び32は実質的に同一のものとはいえず、また、その余の原告語呂合わせは、原判決の認
定と同じく、いずれも著作物とは認められない(なお、原告語呂合わせ21については著作権の承継取得が認め
られない。)ものと判断した。したがって、結論として、被告語呂合わせ1、2、4ないし10、12、
15、16、19ないし21、23、25、29、32及び42が原告語呂合わせ1、2、4ないし10、
12、15、16、19ないし21、23、25、29、32及び42の複製権及び翻案権並びに氏名
表示権及び同一性保持権をそれぞれ侵害する旨の一審原告の主張(減縮後のもの)は、いずれも理由が
ないと判断するものであるが、その理由は、次のとおり、付加、訂正、削除するほか、原判決の「第三
争点に対する判断」のうち、原判決一三頁一〇行ないし四八頁六行に記載のとおりである。
一 原告語呂合わせの減縮等による削除
一審原告の著作権等侵害を主張する原告語呂合わせの減縮等により、原判決一六頁二行「したがって、」
ないし五行(原告語呂合わせ1についての判断の一部)、一七頁一行ないし六行(原告語呂合わせ3に
ついての判断)、二二頁二行ないし七行(同11についての判断)、二三頁三行ないし二五頁二行(
同13、14についての判断)、二六頁四行ないし二七頁八行(同17、18についての判断)、
二九頁二行ないし三〇頁二行(同22についての判断)、三一頁二行ないし七行(同24についての判断)、
三二頁三行ないし三四頁四行(同26ないし28についての判断)、三五頁七行ないし三六頁七行
(同30、31についての判断)、三七頁一〇行ないし四六頁五行(同33ないし41についての
判断)を削る。


588 :メロン名無しさん:04/02/21 17:54 ID:???
二 語呂合わせの創作性に関する主張について
原判決一四頁一〇行の次に、改行して、次を加える。 「 なお、一審原告は、特許事件についての
裁判例も参酌すれば、古語と現代語訳を組み合わせたようなものであっても、それらの公知語句から
予測される範囲を超えた作用効果をもたらす限り、創作性を認められるべきである旨主張するが、
独自の見解であり、一般論としてそのまま採用することはできない。」
三 原告語呂合わせ21(熊野晶子からの承継取得)について 原判決二八頁一〇行ないし二九頁一行を
次のとおり改める。 「(二一) 原告語呂合わせ21につき、原告は、熊野晶子から著作権を譲り受けた
旨主張し、その根拠として、原告語呂合わせ21は、一審
原告が著作した受験参考書に掲載した「ごろあわせ募集広告」に応じて寄せられた作品の中から適当
なものを選び、改訂時に語呂合わせと作者名を掲載しているものであるが、広告の文面及び一審原告の
出版物がいずれも受験参考書であることを考慮すれば、応募者は受験の記念として掲載を望むのみであり、
著作権等については一審原告に無償で譲渡する意思であると解するのが、当事者の意思の合理的解釈
である旨主張する。
甲第二号証及び弁論の全趣旨によれば、一審原告は、自己の著作した古文の受験参考書に、「∧あな
たもゴロあわせを作ってこの本にのせよう∨ 自分で工夫した単語の覚え方を下記までお送りください。
採用作品はあなたの作品であることを明記しこの本にのせます。なお、採用された方にはあなたの作品
がのったこの本を郵送します。」との広告を掲載し(なお、甲第二号証の原告書籍二は、一九九三年四
月二〇日発行の第一〇刷であるが、それ以前から、一審原告主張の古文の受験参考書には一審原告主張
の募集広告が掲載されていたものと認められる。)、熊野晶子もこの広告に応じて自己の創作した原告
語呂合わせ21を一審原告に送付したことが認められるが、右広告には、応募作品の著作権は一審原告
に帰属する旨を明記した記載はなく、また、右募集広告の文言のみから、原告書籍三に掲載された投稿
作品の著作権を一審原告に帰属させる旨の合意が成立したものと認めることはできない。


589 :メロン名無しさん:04/02/21 17:56 ID:???
四 依拠について原判決四七頁六行ないし四八頁一行を、次のとおり改める。
「3 次に、被告語呂合わせ1を作成するに当たり、原告語呂合わせ1への依拠があったか否かに
ついて判断する。確かに、原告書籍一と被告書籍一は、いずれも大学受験用に古文単語を語呂で記憶
するための本であり、執筆目的が共通であること、原告書籍一は、被告書籍一の発行よりも八年程度
以前から発行され、現在まで相当部数が販売されていることが認められる(甲六、弁論の全趣旨)。
他方、原告語呂合わせと実質的に同一と認められた被告語呂合わせは、被告語呂合わせ1だけである
こと、一審原告が著作権等侵害を主張する原告語呂合わせの減縮後のもの二〇個と原告語呂合わせ
13の合計二一個について、他の同種書籍に比し、原告書籍と被告書籍一との一致度数のみが非常に
高いとの点(前記第三、三1)についても、前記のとおり、一審原告が選んだ右原告語呂合わせの
ほとんどは著作物とは認められないものであり、しかも、一審原告がどの古文単語を選ぶかによって
一致度数はいくらでも変化し得るものにすぎないこと、一審被告は、被告語呂合わせ1を、原告
語呂合わせ1とは異なり、「あさまし」の説明のために使用しているが、「めざまし」と関連付け
ては説明していないこと(甲四)、「あさまし」の前半部分から「朝」を連想することは、さほど
不自然ではないと考えられること(一審被告は、「あさまし」に対応する動詞「あさむ」についても、
「朝ムッツリすけべに驚く」との語呂合わせを紹介しているものである。甲四)のほか、一般的に
古語に関する語呂合わせは、古語と現代語訳とを結び付けて、記憶しやすい一連の語句や文章とし
て簡潔に表そうとするものであるところ、それぞれの古語や現代語訳自体は客観的に広く知られてい
るものであるから、各作成者が独自に工夫しても、ある程度相互に似通った発想や表現が生じ得る必
然性と可能性を有しているものであること、現に、原告書籍、被告書籍及び他の同種書籍に掲載され
た語呂合わせの中には、これらより前に発行された「ネコタン365」に掲載されている語呂合わせ



590 :メロン名無しさん:04/02/21 19:21 ID:???
平日のまっ昼間からいくらでも荒らせるのに・・・・

自分は、毎日が日曜日のヒッキーではないと見せかける
悲しい擬態だね、かよたん
土日だからってここぞとばかり荒さなくてもいいんだよ?

591 :メロン名無しさん:04/02/21 21:18 ID:???
>>590
荒らすのやめて欲しい?

592 :メロン名無しさん:04/02/21 21:28 ID:???
このままじゃ本当に駄目になるよ、かよたん。何かしなくちゃ。
そうだ! まず体を動かすんだ!
スポーツで汗を流せばきっと心も晴れるさ!

そういって、かよたんを連れて堤防沿いをランニング。
初めは人の目を気にして明るいうちは外に出られなかったかよたんも、
やがて、走って体を動かす喜びに目覚め始めた様子。徐々に、明るいうちから
外を走れるようになってきました。
最近はタイムも上がって、心なしか筋肉も付いてきた様子。
走る事が楽しいのか、少しずつ明るい表情も見せるようになってきたかよたん。

「わたし、学校の陸上部でもやっていけるかなぁ?」

等と言い出したので、そろそろ頃合かと思い、
鍛えられて最高に締りの良くなったマソコを頂きました。

593 :メロン名無しさん:04/02/21 21:44 ID:???
 日曜日の朝は公園の大きな池のまわりをぐるりと散歩する。ゆっくり思索にふけりながら
歩いていると、時折亀がポチャンと池に飛び込む音が聞こえる。その音を聞くだびに、微かな
緊張を覚える。公園の幽霊もこの音を聞いて心揺れる事があるのだろうか?。
例えばあのベンチに腰掛けている男、目線は池に向いているが、瞳はこの世の光をまったく
とらえていない。私は、この男の隣に腰掛け池のほうを向いたまま話しかけた。
 「どうですか、気持ちの整理はつきましたか?」
「・・・・・いや、まだまだ時間がかかりそうです」
「この世に完璧な人間なんていやしませんよ」
「しかし、妻は私にそうであることを望みました。そして私は妻の期待に副うべく努力しました。
だけど妻は・・・・」
「あなたの奥さんは底なしなんですよ、きりがないんです」
「ええ、おっしゃるとおりです。本当にきりがなかった。妻が給料袋の薄さをなじるから残業
してみれば、その帰りの遅さをなじる。それで、労働時間の密度を濃くして頑張ったのですが
そうすると今度は疲れ切ってヨロヨロになった私の姿を非難しました。そしてある日の朝、4時半
ごろ、いつものように隣で眠っている妻を起こさないように、そおっとベッドから抜け出したんで
すが、床に足を着いた時、ミシッと、思いがけない大きな音がしまして、そして目を覚ました妻が
私に『うるせえっ』と怒鳴ったんです。この時私の心は一気に砕けてしまったんです」
「私の診断では、この時のあなたは極度の心身症を患っていました。既に限界だったんです。
奥さんは、あなたをそこまで追い詰めてしまった。日ごろの労をねぎらう事は一切せず、逃げ道を
奪って、完膚なきまであなたを打ちのめしてしまった」


594 :メロン名無しさん:04/02/21 21:44 ID:???
「なぜなんでしょうか? 妻は私の葬儀の時にまで私への不満を親戚達にもらしていました」
「ですから、あなたの奥さんの欲は『底なし』なんです。奥さんの欲望を充足させられる人間は
誰もいません。なぜなら、奥さんは『不満の種』を見付ける名人であるばかりか、自らがソレを
生産し続けているからなんです。しかし、それらはすべて幸せになりたい気持ちの裏返しであって
、その根本の欲求事態は否定することは出来ません」
「私は彼女を幸せにすることができなかった、その事が悔やまれるのです」
「いや、そうではないはずですよ。あなたは奥さんの幸せなど考えていなかった。真に人の幸せ
を望んでいる人は、もっとはつらつとしていて、アイディアも豊富で、楽しい雰囲気が滲み出して
いるものです。おなたの目は一度も奥さんの笑顔を映したことがない。それはあなたが望んで
いないからなんですよ」
「ああ・・・・・先生・・・・そうかも知れません。もしかしたら私は妻以上に自分が幸せに
なりたかったのかも知れません。妻に尊敬されたくて、妻に褒められたくて、人間として認めて
欲しくて必死になっていただけなのかも知れない。もっと妻に愛されたかった・・・・・」

 この夫婦の場合、この世的には一方的に夫のほうが損な役回りのように見えるが、愛情に飢え
ている点では共通している。ただ性格が強いか弱いか、それだけの違いである。性格の弱い夫の方は
どうしても自己卑下の方向に心が向いてしまうのである。一方妻の方は、夫の死から5年たった今
もなお、阿修羅霊の憑依をうけ、怒りと欲望の炎に包まれて生きている。

595 :メロン名無しさん:04/02/21 22:03 ID:???
今ほとんど機能していない民主党や社民党を支持する奴がいることに驚
きを隠せない。自民党が嫌いだから自民党への批判の意味で民主党や社
民党を支持するというのは如何なものか?自民党の中には「抵抗勢力」
という民主党や社民党よりもしっかりした野党が存在しているではな
いか?もっとも自民党の中では小泉が野党かも知れないが。・・・
結局、今の野党には存在意義がないのだから、こんな下らない野党共
に票を入れるくらいなら自民党を支持してみるのも一案だと思う。自
民党が巨大になりすぎれば自民党も一枚岩ではないので分裂も早まる
のではないかと思うのだが・・今の野党よりもっとちゃんとした野党
がつくられるかもしれない。一度、民主党と社民党をとことん潰して
みよう。皆さんどう思いますか?

596 :メロン名無しさん:04/02/21 22:13 ID:???
                                   ノ__
  _|_ \  _|_/_   | \   | __|_  ─ |__| ─  |  
   _|_    ┌-┐ |   |      |    |    ─ |__| ─  |     |   \
 / |  ヽ   |二| | |     ̄\   |  __|      ‐─┼─‐   |     │    | 
 \ノ   ノ   | | __|    _ノ   レ \ノ\     _/|\_    ヽ_ノ   レ 


\   ./   |   _|__ 〃_|__   /      -――っ
  \/   ̄| ̄   | __   |     /
  /     ̄| ̄    |       └‐-、  / /|
 (___  \ノ  .| (__    _ノ //  \_ノ (___

597 :メロン名無しさん:04/02/22 07:48 ID:???
          ____
       /:::::::::::::::::::::::\
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     /::::/ ヽ:::::::::::::::::::::::::::::|
      |:::ノ   ヽヽヽヽヽ ヽ |
     (6  -=・=-  -=・=- |
     │     | |     |   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      |       (・・)     |  < おまえら萌えヲタ!
       \    ∈∋   /   \______
         \____/
   __________/     (⌒) ビッシッ!
  //::::::::::::::| -、 ,-ノ ~.レ-r┐
/ /:::::::::::::::::|  /ノ__ | .| ト、
| /:::::::::::::::::::::|〈 ̄   `-Lλ_レ′
レ::::::::::::::::::::::::   ̄`ー‐---‐′

598 :メロン名無しさん:04/02/22 12:24 ID:???
まったく、かよたんが十年一日のごとくはき続けているグンゼのパンツ、
もう何百枚と男どもに盗まれ、オカズにされ、標本にされてきた。
パンツはかよたんに地位向上の訴訟を起こすべきです。

599 :メロン名無しさん:04/02/22 18:27 ID:???
今日、近所の電器店でアレに使う大容量HDDなどを物色しておりましたら、
「萌えー!萌えー!」と叫びながらフロアをうろつくおっさんを発見いたしました。
ああ、冬だな。
ああいうおっさんの存在を根本から抹消したらさぞかし楽しいだろうなとバッファローの
200GBHDDを凝視しながらレジへと並びました。
ふとおっさんに目をやると、いつのまにやら幼女がおっさんに寄り添っているではありませんか。
これはいけませんと、買い物かごにあった唯一武器になりそうなUSBケーブルを握り締めていると、
おっさんと幼女の会話が聞こえてまいりました。
「もえ。お父さんから離れたらダメじゃないか」
「ごめんなさい」
ああ、アレだ。親子だ。もえって名前のお子さんですか。利発そうなお嬢さんですね。
抹消されるべきは私ですね。

600 :メロン名無しさん:04/02/22 19:32 ID:???
>>591
なにか言って欲しかったんだろうな・・・・


はっ?そうか!
>荒らすのやめて欲しい?
とは、
かよたんが何気なく漏らした心のSOSだったんだ!!

なんで気づいてあげられなかったんだ漏れってやつは!
今ごろ>>591=かよこは・・・・

* ドアノブに紐をかけている
* 睡眠薬をひと瓶分、目の前に盛っている
* 虚ろな目で美空駅のホームの端っこに立っている
* 樹海へ


待ってろよ、かよたん!!今行くよ!!
と言いたいとこなんだけどこれから録ってたプリキュア見なきゃいけないから
その後でね

601 :メロン名無しさん:04/02/22 19:36 ID:???
一日のほとんどの時間、前か後ろどっちかにおちんちんのささっている
かよたんには、パンツなんて必要ないよね。

602 :メロン名無しさん:04/02/22 19:42 ID:???
でも、かよたんから最後の一枚である下着を脱がすのも快感なわけで。
本体だけでなく着衣も味わいたい男もいるわけで。

603 :メロン名無しさん:04/02/22 19:45 ID:???
。 o 彡川出川三三三ミ〜 プゥ〜ン
   川出川/゜∴゜\ b〜 プゥ〜ン
 。‖出‖ ゜◎---◎|〜  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  出川‖.゜U∴゜3゜U ヽ〜< くっ……。
。 川出∴゜U∴)〆(∴) 〜 | くたたんの糞は美味すぎて泣けてくる…。
 。出川.∵∴゜∵o〜人% 〜 \_____________
o 川出‖∴゜〜ノ⌒ 丿ムシャムシャ
 川出川川∴/   ::( 〜 プゥ〜ン
 U 〆∵/ ̄    :::::::\〜。プゥ〜ン
。 /:::\(     :::::::;;;;;;;)_ 。 o ゜
 /::::∴/:\_―― ̄ ̄::::::::::\ 〜 。
(:::::::: (:ノ ̄   PS2:::::::::::::::::::::)〜 。
o\::::: (     ::::::::::::::;;;;;;;;;;;;人 ゜ o。
 /::/ ̄――――― ̄ ̄::::::::\o。゜。
./::(        :::::::::::::::::::::::::::::::::)〜
o 。\__::::::::::∩∩∩∩;;;;;;;;;;;ノ゜ o。
         \∴゜o/

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)