5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

細田守 その7

889 :るろ剣細田インタビュ:03/01/19 06:39 ID:???
一部抜粋。一応インタビュメンバーは
遡玉=遡玉洩穂(細田) 工堂=工堂紘軌(角銅?) 清水=清水明(遡玉回演出担当)


―――第二十九幕は、見る側を意図的に誘い込むような映像が多かったのですが、
演出的な意図はあったのでしょうか。

遡玉 この幕は、斎藤が始めに藤田五郎と名乗る剣客警官として登場するところで、
斎藤の様な危険人物をそうとは知らずに、薫が道場の中に招き入れてしまった危機感を
出す為、色々な効果を用いましたね。その中で、敷居をまたぐという重要なカットがあって、
そこを特に象徴的に扱いましたね。つまり、斎藤は道場の門の外で薫と話をしているんだけど、
薫が招き入れたことで初めて、道場の敷地内に入るんです。そこで、「もう戻れない」
みたいな雰囲気を出そうと…。

工堂 ドラキュラの話がありますよね。ドラキュラは窓から家の中に入るんだけど、
住人に「入っていいですよ」と招かれない限り、家の中には入れないんです。

遡玉 そうそう、ドラキュラは一旦家の中に入ったら、その家の住人の血を吸ってしまうんだけど、
割と紳士で勝手に家の中には入らないんですよ。その感じが、斎藤とダブったので…。
つまり自分のような危険な人間を、家の中に招いたのはそっちですよって事で、
相手側である薫達、剣心達にあがなう余地が全くない状況を作り上げてく斎藤の恐さを出す…。
第二十九幕は、そこが重要でしたね。それと古橋監督の御考えの中に、“動”と“静”の使い分けというのがあって、
激しい動きよりも寧ろそういった静かな恐さとか雰囲気でしか伝えられない感覚を
より多く盛り込んで欲しいというのがありましたね。


890 :るろ剣細田インタビュ:03/01/19 06:40 ID:???
―――第四十幕は、剣心と張との闘いと青空達の会話がリンクして、見やすい演出になってたと思うのですが。

遡玉 そうですね。ここは原作もシナリオも、剣心と張の闘いが行われていて、一方で、
その闘いを青空達が見ているという様子が、ブロックで分けられているので…。
その間、剣心と張の闘いの展開が、原作だとそんなに気にならないのですが、
映像を通して見た場合に緊張感が途切れてしまうのではないかと思って。
剣心と張の闘いは、極僅かな時間の中に凝縮された闘いだと思ったので、リンクさせる
方法を取りました。やはり闘いの緊張感を失いたくなかったですから。

―――剣心と張の闘いは、斜めアングルを多用されていましたが演出的な狙いがあったのでしょうか。

遡玉 この幕だけ何故か、斜めの構図ばかりなんですよね(笑)。
第二十九幕の斎藤の場面では、魚眼レンズとか空間の暗闇を使うことで、
斎藤の狂気の様なものを表現したんですけど、この幕は真っ昼間のお話なんです。
すごく気持ちのいい晴れた陽光の中での不条理感、不安定感。青空の息子が張の人質に取られている…。
そういった部分と、張が語っている話の不合理性を巧く出す為に、斜め構図にしましたね。
薄刃の太刀の長さとかダイナミックさ、意表を突くところからの攻撃を見せようとすると
斜め構図の方がやりやすかったりもしますね。後は…斜めアングルからだと張のほうき頭が
画面の中に納まりやすいってのもありました(笑)



891 :るろ剣細田インタビュ:03/01/19 06:41 ID:???
―――クライマックスの逆刃刀・真打を手にした剣心の雄叫びは迫力がありましたね。

遡玉 あれは、張が言ったことに対してキレたという訳ではなくて、剣心には「不殺の誓い」
があるじゃないですか。これは第四十三幕にも関わってくる話なんですけど、
剣心の魅力の一つに“二面性”というのがあると思うんです。抜刀斎という殺人鬼的な人格と、
不殺を誓い、逆刃刀を帯刀する剣心との間を行き来するというのが、「京都編」での剣心の魅力だと思うんですよ。
青空から刀を受け取って、子供を助ける為に張を殺さなければいけないとなると、
絶対葛藤が生まれるはずなんですよ。特に剣心のような人物ともなれば僕らが想像も
つかないような葛藤が渦巻く訳で、それこそカットをたくさん重ねていく上で、
剣心の心の中で何が起こっているのかを常に意識していましたね。剣心にとって
「不殺の誓い」というものが、どれだけ大事なものなのかということを表現したかったのです。


892 :るろ剣細田インタビュ:03/01/19 06:44 ID:???
―――第四十三幕の前半は、比較的ギャグシーンが多かったようですが、奥義伝授のシーンが
シリアスになるためだったからなのでしょうか。

遡玉 この幕全体を通してのメリハリもあるんですけど、剣心と比古の関係を見せたかったんです。
比古は「バカ弟子」と呼んでいるし、剣心は喧嘩して飛び出したっていう、一筋縄の
師弟関係ではない面を表わす必要があったんです。
まぁギャグというより、二人の当たり前じゃない師弟関係が、原作を読んだ際に
単純に面白いと思えて、笑わそうというのではなく、二人はこんなにもいがみ合っている
んだけれど繋がっているものがあるんだぞ、という感じを出すようにしました。

893 :るろ剣細田インタビュ:03/01/19 06:44 ID:???
―――剣心の少年時代の回想シーンが出てきますが、霞達が登場した理由とは。

遡玉 剣心の過去は、「京都編」に入るまではあまり知られてなかったじゃないですか。
その剣心の大本がどこから来ているのかが垣間見えるのが、この幕だったんです。
過去に実際何があったのかを見せないと、第四十三幕は説得力がないなと思ったので…。

清水 古橋監督もその辺を描きたかったはずだと思うんです。過去に何かがあったんだという。
宗次郎もそうですけど、剣心の過去をしっかり描いておかなければいけないですからね。
でも、かなり原作より踏みこんでいたので「大丈夫かな」という気がしましたけど。

遡玉 それこそ原作には、石の墓しか描かれてないんですよね。第四十三幕は、
抜刀斎モードになって厭世間的になっているけれど、奥義を会得するためには死んじゃいけないという鉄則がある。
では死なない理由とは、一体なんだというと、原作の範囲内ではまだ描かれてなくて…。
それでもそこを描かないと、第四十三幕には、説得力が生まれないと思ったので、
霞達の出来事を入れるしかないと考えたんです。原作では、過去の回想は比古との出会い
が描かれてましたよね。霞達との出会いはその中の一つという扱いで。
剣心が奥義を会得する時に、仲間たちの顔を思い浮かべて、その中で「死ねない」と
気付くのだけれど、もっと深い部分で何かあるんじゃないかなと。
含みとして隠れている部分をもっと考えて、きっとそれは霞達だろうと思ったんです。
比古によって奥義伝授がなされようとしている。比古との出会いを思い出すにあたり、
それ以前の出来事も思い出すのではないか。思い出せたことによって、剣心が
自分の生きる意味に気付き、奥義会得が可能となるのではないか、という論拠で…。

894 :るろ剣細田インタビュ:03/01/19 06:46 ID:???
清水 霞達だけでなく、盗賊の墓も作ってやる訳ですよね。それによって比古も
自分の弟子にしようと思った訳で、年端もいかないのにそれだけの死生感を持っていた。
剣心は、少年だったにも関わらず、比古を感動させるものを持っていたんです。

遡玉 そこで原作の流れでいくと、もともと天性のものを持っていたんですよね。
でもそれだけでは物足りなくて、霞達のエピソードを見せることによって、剣心が
後に奥義を会得できる人物になるという事に説得力が生まれるのではないかと…。
構成的にも冒頭は、茜や霞が殺されたところから始まる訳です。次は倒れる寸前を描く。
その後、お墓を作るシーンがあって、最後に霞が殺される寸前で剣心に何を言っていたかが
わかるようになっています。回想を四つに分けることで、剣心が抜刀斎から立ち戻る
きっかけが、ようやく最後で思い出されるような構成にしたんです。

―――剣心と比古が対峙する場面が雨だったのは。

遡玉 あの雨には意図があるんですけど、次の日、水たまりができるようにしたかったんですよ。
剣心が立っていて、水たまりに映っているもう一人の剣心がいる訳です。
これもやはり二面性という意図を画面上で表していて、それは剣心と抜刀斎との対比
なんですね。そのシチュエーションを用意する為の雨だったんです。

清水 比古が水たまりに倒れるシーンはすごく印象的ですよ。そこに導く為に、
雨を降らせたというのもありますよね。そういった意味で色んな意図が、あの雨には
込められているんですよ。

895 :るろ剣細田インタビュ:03/01/19 06:55 ID:???
―――そして奥義伝授。剣心が天翔龍閃を打つ前に「抜刀斎」になっているのですが。

遡玉 奥義の意味を何も理解してないという意味合いで抜刀斎にしました。
意識的に抜刀斎にしたり、水たまりに写り込む剣心と実際の剣心を分けたのも、
そんな揺れ動きを表現したかったからです。剣心のそういった二面性が奥義会得のシーン
を面白くしている訳で、寸前で踏み留まらせたのが霞だったのではないかと…。

―――その後、剣心が泣いていますよね。

遡玉 夜露というか木に付いた水が、比古の剣気で舞い上がって、九頭龍閃で近づく
比古よりも先に水滴が剣心に向かっているんですよ。剣心は決して泣かないキャラだと
思うんです。現実的にも泣いてはいませんけど、水滴が目に当たって涙のように見える。
それは、剣心が心の奥深い部分で思い出した“涙”というものがどこかにあったのでは
ないかなと…。それは、霞達の涙とも重なっているんです。

896 :るろ剣細田インタビュ:03/01/19 06:56 ID:???
禿しく長文でスマソ・・・キャプ機があればどっかに原本うpできたんだけど・・・
手打ちなんで誤爆は見逃してくれ。
この後にコンテが少量載ってるんだがやっぱPANとかSE・MEの指定が細かい。
絵もそれなりにウマ‐だし見やすい。原画?て思うくらい繊密に描かれてるコマも。
40話の剣心の雄叫びシーンに「イメージはスーパーサイヤ人」て書いてあったのにはワラタ。

212 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)